終活相談で頂いたエンディングノートに考えさせられた件

打ち切り世帯の終活

以前葬儀屋さんの終活相談の時に『エンディングノート』を頂きました。義理父のお手製のエンディングノートは見ましたが、出来合いのモノをじっくり見るのは、実は初めてだったグリコール・グリコです。改めて色々気付きを得ることが出来ました。

薄い冊子ですが表紙を開けると何故エンディングノートが必要になってきたかが書いてありました。

私はエンディングノートとは、

自分が亡くなってから残された人間が困らないようにアレコレ記録しておくモノ、と雑駁に捉えていました。

実際義理父のエンディングノートには自分が死後のことについて(保険のこと、預金口座のこと、連絡先、お墓のこと等の記載)が主だったからです。

スポンサーリンク

そもそもなぜエンディングノートなるものが必要になってきたか

成熟社会は、『誰かに言われて、何か(習俗や習慣、しきたりなど)に従って』ということは少なくなり、自分で決めていくことこそが全ての前提であり、もっとも重視される社会なのです。

愛する家族のためのエンディングノート 田代尚嗣著より抜粋

主な社会変化の具体的な例としては

・現代社会におけるコミュニティ(地縁・血縁・職縁)の消滅または縮小

・自由で自立した社会システムへの変化

が挙げられます。

一昔前は大家族制の中で誰かに従って、慣習や風習の中で誰かが自分の人生を終わらせる役目を果たしてくれました。

今は『自己決定』の時代。『後はよろしく』では済まなくなってきました。

だからこそエンディングノートに自分の意思を示す必要があるのだ、とわかりました。

末期医療や延命治療も自ら意思決定していく時代だからこそ必要なエンディングノート

生きている間にその生をどうするか、介護、医療もある意味『自己決定し、サービスを購入する』時代になってきたのです。

現在では地方自治体もこのようなサービスに積極的に関わり出しました。

現在のエンディングノートは自分の生をどうしたいのか、そして死をどう迎えたいかを考えるツールなのです。

今のエンディングノートは認知症になった時、その人を知る手がかりになる項目も用意されている

頂いたエンディングノートには、「私のこと」「私の過ぎ去りし日々」なんて項目がありました。読み進めていくと、始めは「名前、学歴、職歴、保険証や免許証、パスポートなどを記入する欄」があり、学歴や職歴なんて書く必要あるんかいな?と思いました。(ここら辺は多分書かない)

私の過ぎ去りし日々は個人的には全く関心がないのですが(だってさ、名前の由来、愛称に始まって、小中高の思い出など根掘り葉掘り尋ねられて書く欄がある)万が一認知症が進んだ場合、介護側はその人を知るヒントがないので、こういう所から人となりを推測して接していくしかないわけです。

薄い冊子ながらそこらへんのフォローがなされていてびっくりいたしました。

だから書くのかぁ。。。単なる回顧趣味ではないわけね。

脅し文句のように続く、いざという時のためにの項目

人は誰でも認知症やその他の病気、ケガによって、判断能力がなくなったり、コミュニケーション能力が低下する時もあります。ですからその前に自分の考えや希望を記入しておきましょう。

愛する家族のためのエンディングノートP6より抜粋

駄目押しの殺し文句がコレ。

老後のことは『自己決定』がすべて基本です。

生をどうするかに案外ページを割いているエンディングノート

とにかくジワジワ攻めます。

”もしもあなたが重病になるとあなたに病名や余命宣告をするのは家族が判断するんだよ〜、延命処置もね、家族に任せるのは大きな負担になるんだから自分の考えを書いておこうね”的なガイドがあって『死についての考え』の項目に進んでいくわけです。

読み物みたいにご丁寧に献体や臓器提供の問い合わせ先まで載っていましたぜ。

この冊子をモデルに自分のエンディングノートをカスタマイズする予定

参考になったので、自分なりに自分のエンディングノートをカスタマイズする予定です。冊子やノートにしてしまうと、時に変化が激しい電子媒体の情報(アドレス・ID・パスワード等々)は訂正や修正が何回も入ると想像されるので、固定ページと更新ページに分けようかな、、と思っています。

書き上げて安心ではなく、何回もアップデートが必要なのがエンディングノートです!!

生きていく自分が明確になるエンディングノート

今までエンディングノートは義理父の事案でちょっと引き気味でしたが、今回頂いたエンディングノートには生きている『生』をいかにしていくかを考えるページが結構あったので、それを考えるきっかけになりました。

そろそろ自分のコレからを見据えるにはいいツールだと思えてきましたぜ。

コメント

  1. kaorun より:

    そうなんですよ、グリコさん!

    自分を見つめ直すいいきっかけです。

    とはいえ面白伝記は途中で頓挫しておりますが…。

    新しくカードを作った時、もし紛失した場合の連絡先を書き足したり、保険の見直しをしたり、最近では健康診断の時に毎回書かされる病歴を書いておくことは便利だなぁと感じました。

    エンディングノートではありますが、何かと生きているうちに役立ちますぜ。

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      お久しぶりです、kaorun様。
      エンディングノートが生きている間にも活躍するものとは、、頂いたノートで改めて再認識しました。
      面白伝記は作らないけど、(名も無い市井の民ですから)病歴の記載は必要かもですね。かもじゃなくて必要だ。。
      じいじも保険の連絡先とか記載していました。
      でも終盤の見直しがされていなかったので後からアレコレ出てきて大変でした、、、(泣)
      まぁ、お互い何回でも見直して更新を心がけやしょう♪そのうち「エンディングノートの見直しの日」とか日にちを決めよう!ワハハ。

error:Content is protected !!