打ち切り世帯の終活とは?

打ち切り世帯の終活

こんにちは、ガチで『打ち切り世帯』のグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

打ち切り世帯とは?

ドラマが本当は何クールも続くはずなのに視聴率が低迷して「打ち切り」で強引に話が終わることがありますよね。まさに人生もその通りです。

『打ち切り世帯』とは、お一人様でその世帯が終わってしまう、又は夫婦だけで跡継ぎがいない、子供がいても娘だけで後を継がない世帯のことを表します。
まさに『打ち切り』。かくゆう私の実家も私で途切れることになり、現在の世帯も一人娘のため、私たち夫婦も後継が無いため、これでおしまいです。

気になる孤独死やその後の問題

昔、通勤するバスでいつも通る場所がありました。”汚屋敷”です。

通りに面した古い平屋は鬱蒼と木が茂り、ゴミがうず高く溜まって居ました。バスから眺めるだけでも陰気なオーラが半端なかったです。

しかしある日取り壊しが決行されたのをバスから目撃しました。1Wはかかったでしょうか。
そして更地になったその土地に置かれて居たのは仏壇でした。

孤独死だったのか、強制撤去だったのか。どんな事情でそうなったのかは分かりません。

しかし全てがゴミとなり、仏壇さえも大切にされず、蛇口だけ更地に突き刺さってその横に仏壇、、その光景は忘れることができません。

自分の行く末をはっきり決めておかないとヤバイ、、とその時おもいました。

お墓の問題

昔はそれでもお墓など作って”誰かが見てくれるだろう”と思っていました。先祖代々の墓があれば誰かが次ぐ可能性が高かったからです。

しかし今は違います。核家族化で『打ち切り世帯』が増え、後を任される人が少なくなってきたことや、お墓もシビアになり、永代供養と謳いながらもお墓の管理料が途切れるとお墓が撤去される時代となりました。

また永代供養と謳っていても30〜50年すると合祀されるお墓も多くなってきました。それでは『打切り世帯』はどうすればいいのでしょうか?

地方自治体も動き出した、終活の事例

地方自治体によっては、エンディングノートを配布するところも出てきました。

私の住んでいる市もエンディングノートをPDFファイルでダウンロードすることができます。でもその内容は自分史を作る、または認知機能が衰えた時のその人を知るためのツールの一つにしかなっていません。

終活のほんのさわり程度の内容です。
しかし高齢化に伴い独居孤独死なども増え、その対策は待ったなしです。そこで終活対策にいち早く乗り出した市がありました。横須賀市と大和市です。

スポンサーリンク

終活情報登録、横須賀市の取り組み

終活情報登録制度”私の終活登録”
・横須賀市在住の本人であれば誰でも登録できる

登録内容は

(1)本人の氏名、本籍、住所、生年月日

(2)緊急連絡先

(3)支援事業所等

(4)かかりつけ医師やアレルギー等

(5)リビングウィルの保管場所・預け先

(6)エンディングノートの保管場所・預け先

(7)臓器提供意思

(8)葬儀や遺品整理の生前契約先

(9)遺言書の保管場所と、その場所を開示する対象者の指定

(10)墓の所在地

(11)本人の自由登録事項

※(上記内容引用は横須賀市終活情報登録伝達事業より抜粋)

といったことが生前市役所に登録することができます。もし自分の何かあった時でもこれが登録されていれば最低でも行旅死亡人にならずに済みそうです。

しかし金銭に関してまで市は踏み込んでおらず、孤独死すると発生する費用などは明確になっていません。

詳しくはこちら横須賀市終活登録伝達事業

スポンサーリンク

大和市の取り組み ”おひとり様などの終活支援事業 ”

・市内在住で、自身の死後に不安を抱える一人暮らしの人、夫婦や兄弟姉妹のみで暮らす世帯など(経済的な状況や別居の親族の有無は問わず)

※大和市で暮らす親を心配した遠方の親族による相談も可

大和市は更に踏み込んでいます。市が中継ぎとなって納骨・葬儀を行う業者の情報を提供、業者と生前契約をした市民が市に「生前登録」をすると市が情報を管理し、定期的に安否確認まで行ってくれるそうです。

まさに市が終活の貸金庫、情報バンクです。て、手厚い。。。

そして登録内容通り行えるよう最後までサポートしてくれます。もちろん自分の意思で業者を選んでとそれなりの契約を結ぶ必要があります。

更に登録が済んだ市民には、その情報に乗っ取って、市が登録者の知人や親族などへ死亡事実やお墓の場所などの情報を連絡(事前に連絡の希望があった場合のみ) までしてくれるそうです。

ここまでしてくれるなら先々の心配や孤独死の不安もかなり解消されるでしょう。こんなサービスがあるなら私も大和市に住みたいです。

キャッチがすごい!”不安を抱える市民の皆様の最初の相談先「わたしの終活コンシェルジュ」として、関わっていきます。”(※上記内容引用は大和市/おひとり様などの終活支援事業より抜粋)だって。

詳しくはこちら大和市/おひとり様などの終活支援事業

スポンサーリンク

自分の始末はできるだけ自分でつけたい

実際たとえ枕元にお金を残しておいても、孤独死の場合、市が勝手にそのお金を使っての葬儀は出来ないそうです。

親族など居なければ、お金を残しても孤独死ならば市の持ち出し(税金)になるそうです。

けれど大和市のような終活情報バンクの支援があると、打切り世帯も行き場のない行旅死亡人にはならなくて済みそうです。

しかしこのような手厚い支援があっても実際「墓」をどうしよう、、と悩みます。

後に残されたものにお任せ、、ではなく、『打切り世帯』は最後の最期まで段取りをしておかなければなりません。では、私はどうしたか、実際にやっちまった両親の自然葬の話はこちらで。

 

コメント

error:Content is protected !!