エンディングノート、やってはいけない3つのダメ出しと今後の課題

打ち切り世帯の終活

こんにちは、『終活』を常に意識しているグリコール・グリコです。

エンディングノート、流行っていますね。
私の両親のように何にも用意しないのも困りますが、あっても有用性にいささか疑問を投じたのが義理父のエンディングノートでした。

スポンサーリンク

PCに「エンディングノートを残しておいたから」

そう言われた時、”わぁ、さすが義理父さん〜後のことも良く考えてくれてるんだ”と安心していました。

内容は
覚え書き
・略歴
・連絡先 親類関係&職場に関するもの
・斎場受付にかんして
・喪中はがきの発送先
・取引銀行について
・建物について
・年金 社会保険事務所の住所、電話番号
・保険関係
家系図
墓について

一見用意周到、完璧に思えるでしょ?が、いざ、となると困った事が多くあったのです。

『エンディングノート』の目的は?自分や一族の記録を残すのか、残されたものの為に情報を残すのか

問題点1 作ることに満足してしまう

エンディングノートを作る過程で略歴や家系図、墓の事は本人の愉しみであったことに間違いはない。

過去を振り返り、整理するのは本人のたのしみである。

しかし「情報」として見る場合はその情報は『ヘェ〜』で済んでしまうものだった。(本当に申し訳ないんだけど、、)

 

問題点2 更新をしていなかったので情報が古い

最後の更新は2008/7である。なくなったのが2012/2月。

4年くらいそんなに情報は古くなっていないのでは?と、お思いになるかと思うが、

・実際指定された連絡先や喪中はがきの送付先は、それらの情報が入ったソフト自体古くて開けられなかった、とか、

・保険もエンディングノートに示されたもののいくつかは実は満期で終了していた、あるいはやめていた、とか、

・斎場の受付、退職してウン10年も経つと会社関係の受付は特に必要なかったとか。

問題点3 肝心なことが書かれていない 相続のこと

一番困ったのが「相続」である。
(「相続」とかくと、金持ちのようだが「ただただ真面目なサラリーマン」であった。持ち家もローンを組んだし。たぶん、標準的な額と思う。)

財産分与について何の記述も無く、残された者は「遺産分割協議書」なるものを改めて作製しなければならなかった。


肝心な事は丸投げである。

相続するために除籍票を取り寄せ、戸籍謄本のさかのぼり。

相続人の印鑑証明、住民票などをお取り寄せ。

又、更に忘れた頃にエンディングノートに記載されていない小額の銀行口座のお知らせが届いて、せっかく取り寄せた書類の有効期限が切れてしまい、もう一回全部揃え直し。。

なんてこともあった。

これからエンディングノートを作る人へ

大前提としてエンディングノートがあることを近親者に教えておく。これは重要である。

義理父もPC内に作ってあるから目を通してほしい、と生前言っていた。

ただし状況は常に変動する。

エンディングノートを作ったら、こまめに更新をしよう

掃除と同じで月一の定例チェックをするのもいいと思う。

作ったら我に返って見直しすることも大切だ。

自分の記録を残したいのか、必要な情報を残したいのか内容の棲み分けも大切である。

形に囚われず、書いて終わりではなく気が向いたときに修正を入れよう。

必ず更新日を記入することも忘れずに。

エンディングノートに入っているといい情報

体に関すること
延命治療の有無や臓器提供の希望の有無
死亡を知らせる人の住所や電話番号
これはPCに入れていてもプリントアウトしたものがあったほうが絶対良い。
・葬儀の希望
葬式をどうしたいか、どこの葬儀社を頼みたいか、どのような埋葬方式にしたいのか今からうっすらでも考えておく方がいい。

・相続に関すること
できればプロの行政書士・司法書士に公正遺言証書を作ってもらう

これからの課題 PCやスマホ関係の情報

インターネットやスマホが当たり前になってきているこの時代、これらに関する情報もエンディングノートに入れておきたい項目だ。

インターネットのプロバイダー契約先、アカウント、サイトの名称、ID、パスワード等、データ破棄の有無など。

人によって量は違うと思うが必要な情報なので一覧を作っておいた方がいいと思う。
(今スマホも生体認証になってきているのでこれからどうなるのだろう??)

ちなみに私は小さい切り取り式のメモ帳に備忘録代わりに1ページに1情報限定でサイト名、ID、パスワを書き入れている。(裏は使わない)

切り取り式なので必要なくなった情報は即切り取って消去するようにはしている。

パスワも途中で変更するので登録日、変更日も必ず記入しておく。

これがエンディングノートと紐付けられるようにしておきたいと思う。

 

エンディングノートは完璧なものはない 定期的に更新して見直しするつもりでつけよう

まぁ、用意周到にしておいても、思うままにならないのが世の常ではある。

整理して思ったのだが、『エンディングノート』とは個人の情報をコンパクトにまとめたものだという事。
形式に囚われず、自分のとってどの情報が必要なのか、残すべきなのか、定期的に更新してカスタマイズし直すことも必要だ。
改良を重ねていくと、既製品のエンディングノートではカバーできない箇所も出てくると思う。
何回でも見直してエンディングノートを育てていくつもりで書いていったらいいと思う。

コメント

  1. もず より:

    グリコさん

    ジイジ、面白すぎー。チャーミングなお義父様が目に浮かびます。
    ある程度の年齢になられたら、知らせる人は後日でいいんじゃないかと最近思います。職場関係の人とか友達とかも、ご本人は来られない状況が多いですよね。
    でも、それはしっかり書かれたんですね(爆)。会社関係の受付が必要ないっていうのは幸せなことなんです。とお年寄りには申し上げたい。

    昨日、水谷千重子(友近)のコンサートに行ってきました。ゲストに出られたスタレビの根本さんが脳梗塞で入院された時に話をされました。いわゆる、気楽に病院に行ったら「ご家族を呼んで下さい。」だったそうです。幸い早期発見だったのでステージに立たれてましたが、コンサート中、帰ったら入院のカバンというのを作らないと・・・。と思いました。そしてグリコさんのブログを読んで簡単なエンディングノートを作ろうと思いました。過去の私はどうでもいいから、残ったものをどうするかだけ書いたものが必要ですね。ありがとうございます。

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      コンバンワ、もず様。コンサートはどういう形だったのかな?水谷さんって存じ上げないので、、スタレビ、、はスターダストレビューですよね???

      じいじは全然真面目で真面目100%です。(笑)
      70代くらいからポツポツ人生のまとめをして居ました。じいじらしいな、と思います。けれどパソコンデータはソフトの更新などの問題があって連絡などできなかった所もあり、
      本人の希望に一部そえなかった事が申し訳なく思って居ます。
      過去の自分があっての今の自分ですが、どこまで残すかが残された人がほっこりするか、うんざりするかの分かれ目ですね、、きっと。
      ほっこりする程度の何かがうっすら残ればいいのかな〜と思います。記憶の中に。。。
      いえいえ、いつも読んでいただいてありがとうございます。嬉しいです。ありがとう、もず様。

  2. もず より:

    グリコさん
    すみません。茶化してはないのですが(汗)
    もちろん、ジイジさま、まじめな方なんだと思います。でないとエンディングノートとかその年代はされないのかなと・・。会社時代のようにコツコツ取り組まれたのだろうなと。でも、まじめなジイジ様とノートを読んだ時の「あらー。」という感じがすごく上質なコメディのようで素敵です。
    ちなみにうちは色々複雑なので司法書士の公正証書にしました。しかし、これに至るまでどれだけの時間ともめごとがあったことか(汗)。

    水谷千重子ご存じなかったですか?友近の友達で芸能生活50年の演歌歌手です。検索されると出てくると思います(笑)。

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      おはようございます、もず様。
      水谷さん、あとでググってみます。最近人の名前がトンと出なくなってきました、、ってか人の名前を覚える機能をどこかに落としてきた私です。。。
      義理母も新しい公正遺言書作り直しました。姪御さんが持っていると思います。我が家も継母に当たるのでその辺微妙なんすよ。

  3. もず より:

    ギャー、今気が付きました。
    私は、公正証書がどこにあるか知りません。何か言っていたけど本気で聞いてなかった。
    夕方、父の所へ行って聞いておきます。
    グリコさん、ありがとうございます!

    お義母様が遺言書を作り直されたことで、見直しの必要性ってやっとわかりました。
    うちは母が亡くなって、相続人が変わるから作り直しました。家が動くとか、そういうことがないと、確かに見直しをしないかも。
    グリコさんさすがです!

    故人の好物とか、日常の中でのさりげないことが折に触れて思い出せたらいいのだなーと母がいなくなって2年経って思うようになりました。

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      こんにちは、もず様。
      公正遺言書どこにある?って聞きづらいですが、のちの為に確認はしたいですね。行ってらっしゃ〜い♪

      義理母は飛行機に乗って中国旅行をするときに、第一回目の公正遺言証書を作成したそうです。
      もし事故で自分たちが死んだら夫が住むところがなくなってしまう、、と慌てて作ったそうです。(笑)
      義理母は引越しを機に又遺言書を作り直しました。(家を処分した為)
      姪御さんが持っているらしいので夫も義理母と血も繋がってないし、私は全くの他人だしそこはノータッチで行きたいと思います。
      (関わるのが正直めんどい、、)
      自分の番の時はほぼ残せるものがないので必要ないかな〜と今の所は思って居ます。えへへ。
      とにかく残務処理が簡単に済むように要らない持ち物を減らすのが最重要課題です。
      コレは変わらないですね〜。
      うん、日常の中で故人をさりげなく思い出す、それでいいっすよね。

  4. kaorun より:

    うふふ。
    色々なご苦労がお有りで……
    文章の一節一節にグリコさんの困り顔が見えてくるようです。。。

    私も最初は市販のエンディングノートに消せるペンで書いていたのですが、たった数ヶ月で変更事項が山ほど出てきてしまい、あ~っ!もう!!とルーズリーフに変更しました。
    好きに書いて好きに変更して変更事項が多くなりすぎたらもう一度書き直すスタイルでいこうと思います。追加も簡単にできますし。
    残された家族が困らないようにと書いているつもりですが……。

    少額の貯金とか、一つだけ思い当たります。
    20年以上前に駐車場代を払っていた口座、もう通帳もないし、口座番号も分かりません。
    そういうの来るのね。。。
    とはいえ今のところ我が家の相続人は3人ですから、大丈夫だとは思うんだけどなぁ。

    私は機械を信じていないので、紙媒体です。
    PCのパスワードを残すつもりもありません。
    毎年必要なデータはUSBメモリにコピー。
    みたけりゃ勝手にそれを見てね~~、と。笑

    自分史は付録で、家族で読んで「ばかで~~」と思ってもらえたらいいな、と。
    自分がいなくなったとき、笑って欲しいな、と。
    ま、これも自己満足かも知れませんが……。笑笑

    一番の問題はエンディングノートの存在をまだ誰にも言ってないこと!!
    これは問題ですね。近々解消するよう努力いたします。。。
    deleに頼もうかな。笑

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      このコメント欄、小タイトルの欄がないことに気付きました、、、
      あえてつければ
      ”ルーズリーフいいね!”と”エンターテイメントノート”ですね。(笑)
      この記事を書いていて丁度kaorun様のやっている作業を否定するような記事になってはいないか、ちょっと気になっていました。
      もし、ちょっとドン引きな気持ちになったらごめんなさい。

      ルーズリーフはとってもいいと思います。
      出来れば1ページ1項目限定で裏も書かない方がページ丸ごと差し替えられるので負担が少ないかと感じました。

      20年前の口座はお知らせは来ないかと、、、私も実親の休眠している普通口座はもうそのままほっぽって闇に葬ったのが有ります。
      後からお知らせが来たのはセブン銀行だったかな?
      義理親の家の近くにはコンビニくらいしかお店が残っていなかったので、コピーを取りに行ったり、アイスを買いに行くのに作った口座のようでした。
      (七里ガ浜はほんと、買い物難民になる場所)

      エンディングノートに関しては、自分のものはもしかしたら作らないかも。
      ”申し送りメモ”は残すかな?
      私の場合は残す財産がないというのが圧倒的な理由なのですが、
      とにかく娘は配偶者がこのまま居ないなら全部一人でやらなくてはならない。
      繋がる親戚もその頃にはほぼ居ない。ぼっち葬儀をしなければならないのです。
      コレは圧倒的に大変な作業です。
      だからその負担軽減のためにとにかく色々始末して居ます。片付けの方が重大案件かな?
      kaorun様のところは娘さんは姉妹&配偶者がいらっしゃるのでそう心配はないかと思います。

      kaorun様のご家庭は本当にまっとうな暖かい家庭を築いておられるんだな〜と常々感じて居ます。(mogyo様のところもね)
      そしてkaorun様の元々の”エンターテイメントの業”に血が騒ぐ感じが伝わります。
      エンディングノートでも視聴率をとるぜーみたいな。(笑)

      でも、その様子がなんか目に浮かぶんですよ、
      ”やだお母さん、こんなこと書いてるー”
      ”マジウケル”
      ”えーYのことこんな風に思って居たの?”
      なんてワイワイみんなで集う、その姿を妄想する、いやあの世からほくそ笑んで見ているだろうkaorun様の姿が。

      それも又、kaorun家だからこそ出来ることではないでしょうか。
      dele私も録画して見て居ます。構成が緩みなく作られていて飽きないですね。
      山田孝之と菅田将司の対比がいい。いや、山田孝之がさすがなんだなー。

      と、脱線しました。
      追記*私のPCのパスワは夫が作ったので全く意味をなしません。とほほ。

  5. kaorun より:

    いやいやひくなんてとんでもない。
    「なるほど~。私の試行錯誤はあまり間違った方向へは行っていないんだ」
    と思い安心しました。
    そしてグリコさんにも安心していただきたいな、と。笑

    そしてエンターティナーの血が騒いでいたのか……と再確認しました。
    言われてみればそんな感じだわ~~。
    笑える。

    それにしても。
    お父様の文章を読んで、グリコさんのボキャブラリーの豊富さはここから、と思いましたよ。
    難しい言葉が多くて、私なんぞには本当に理解できているのやら~。
    読んで、「本当にそんなことあるのかなぁ」と思いました。
    人ってなかなか変われないものだと思っているので。
    先入観ですが。。。
    (そして晩年が強烈だったというグリコさんの言葉も気になる。笑)

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      サブタイトル”私のボキャは3つくらい。”

      返信ありがとうございます、kaorun様。
      今の私のボキャは
      ”マジっすか” ”クソだな” ”クズだ、、”の3つで構成されています。(大笑)
      エンターテイメントの帝王kaorunn姫に比べたらちっとも笑いを取れません。

      人の持ち前性分はなかなか変われないものだし、他人がどうこうして変わるものではないですが、自分で気付きを得たものは軌道修正はできると思います。

      今振り返ると、実父の最晩年はちょっと前頭葉が萎縮してきていたのかな、と思える言動があるある、、で。(ええ?と思うベクトルからの感情の爆発など)
      それは脳の機能からくるものであって本人のキャラとは違うんだよね、きっと。。と今はそう振り返られるようになって来ました。
      (そうやって人の記憶は個人の修正がかかって変化していくものなのさ〜、汗)