嗅覚から自分を癒す サンタ・マリア・ノヴェッラを纏って寝る

ボンクラな日々

コロナ禍はわかっているのですが、いつも誰かが家の中にいる閉塞感に耐えられず昨日は完全に家事を交代してもらいちょっと自分を解放しに出掛けました。自分リフレッシュです。ちょっと匂いにも神経質になっているので以前もず様から教えていただいたコロンを買いに出かけたのです。

スポンサーリンク

自宅介護、あれこれ臭う

ながびくマスク生活、口臭がキツくなってきた義理母つうさん

ワクチン接種に耐えられないからだなので、予防しかありません。

オミクロン株に置き換わってからは義理母つうさん、家の中でもずっとマスクをしています。

そうしていると一時収まった口臭もキツくなって来ます。

マスクをしていても漏れてくる口臭。。。

ケアは引き続き行っているのですが、ここに来て唾液の分泌も少ないせいか、においが気になります。

尿臭がホワンと立ちのぼる

薬のせいか尿のにおいがきつくなってきました。

暖かくしていると座っているところからほわんと尿臭が立ちのぼります。

本人は”鼻がバカになっていてにおいがわからない”と言いますが、尿取りパッドから、それを捨てるゴミ箱から、トイレからにおいが。。。

夫の加齢臭も気になる

夫シンジさんから臭う加齢臭も気になります。

これは酸化した油のにおいです。

全部が自分からも漂ってくるような幻臭?の感覚あり

ニャンコのおトイレは檜の猫砂なのでニャンコのおしっこ臭は全然気になりません。

人が来ても”猫飼ってるの?全然においがしないね???”と言われる程です。(ドヤ顔)

動物臭には寛容ですが人間から発するにおい、かなり気になります。

この頃自分の加齢臭も含め全ての匂いがすべて自分から出ているような幻臭に囚われることがありいささか”においノイローゼ”気味なのかもしれません。

スポンサーリンク

せめて寝る時くらいいい匂いに包まれて寝たいという願望がふつふつ

わたしはフリージアの香りが大好きでこの花の匂いを嗅ぐと多幸感に包まれます。

以前はレイジースーザンのアントニアーズフラワーズが大好きで気分を上げる時はコレ!って感じで使っていましたが廃盤になってしまいました。

人気商品なのに。。

そこで以前もず様からサンタ・マリア・ノヴェッラを勧められ、お高いので量り売りのところでまずはお試し買いをしました。

とっても気に入ったので今回自分を労わるためにも、五感をリフレッシュさせるためにも購入。

1200年代からの歴史のある香水です。

サンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロンは、歴史的名香「王妃の水」(サンタ・マリア・ノヴェッラ)を筆頭に世界のセレブリティたちに愛され続けてきました。そのいずれもが天然香料をベースにしたどこまでもナチュラルな香り。歴史的なレシピを今も確実に守りながら、ヨーロッパの香りそのものを今も作り続けています。ラインアップされたフレグランスは、ユニセックスでお使いいただけます。

サンタ・マリア・ノヴェッラ公式HP すべてのフレグランスより引用抜粋

天然香料をベースにしたどこまでもナチュラルな香りっていいですよね。

だから体臭を消す、、というより人を、空間を癒す香りだと思います。

どぎつくないの。

香りを纏うと書きましたがオバハンですからモンローのようにはいきません(笑)。

寝る前にパジャマの内側に軽く1プッシュして寝ることにしました。

優しい香りに癒される〜♡

スポンサーリンク

長引く介護、五感を呼び覚まして閉塞感を減らしていこう

コロナ禍でなかったら積極的に美術館や映画館に行って視覚や聴覚から自分を労わることができるのですがそこがなかなか実現出来ないのがくやしいです。

せめてもの救いがにゃんこをナデナデして触覚からの労り。

現在は五感をフル稼働させてのリセットが難しいので、お茶をたてて嗅覚や味覚を、そして入眠前のリラックスとして嗅覚で自分を癒すことにしました。

ちょっとお高いフレグランスですが、こういう時こそ自分を大切にしたいので奮発です。

今介護の山を迎えていて1日1日が綱渡りになり、相変わらずブログの更新がバラバラです。

山を越えた先にどんな景色が見えるようになるのか暗中模索の日々ですが自分の気持ちが上がる事柄をキャッチして乗り越えていかれるといいな、と思っています。

本日も最後までお読み下さりありがとうございました。

『あ、ほんのりいい香りがするオバハンだ〜』を目指すグリコール・グリコでした。

コメント

  1. rinnneko より:

    いつも共感しながら、拝見しています。
    還暦なったばかりの猫飼いおばはん(おばあさん?)です。
    香りのことで気になったので、差し出がましくコメント残します。
    猫と天然香料についてご存じですか?ほとんどの天然香料・精油は猫に有害だそうです。
    お調べください。私も香り大好きですが、寝る前に低濃度のスプレーを枕元に撒くに留めています。寝室に猫は入れません。

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      rinnneko様初めまして〜コメントありがとうございます。
      ニャンコ何匹飼われているのでしょう?知りたいです。
      香りのことニャンコに気遣ってくださってありがとうございます。
      我が家も以前はアロマとかデフューザーを使っていたりしたのですが、それも危険と知り一切やめました。
      また切花もニャンコにはダメなモノが多く、日中は玄関等に飾るのですが夜は義理母の部屋に引き上げています。
      こっそり葉っぱを齧ったりするので。。なので観葉植物もほぼ置けない暮らしです(笑)。
      うちにゃんこは若いねえちゃんのほうが好きらしくわたしは一緒に寝てもらえないんです、とほほ。
      日中はつけないし、今の所は大丈夫と思います。
      アドバイスありがとうございます。ところでわたしが夜ジョンマスのアルガンオイルを数滴掌にのばして髪の毛につけるとその手を何故か舐めます。
      アルガンオイル、大丈夫でしょうかねぇ???ご存じならお教えくださいませ。
      また何かありましたら気楽にコメントくださいませ〜。

      • rinnneko より:

        返信ありがとうございます。
        精油のことご存じだったのですね。良かったです。
        差し出がましく申し訳ありませんでした。
        私は乾燥した時など、手に馬油を塗り込むのですが、その時はさすが動物性オイル、猫はかなり反応します。構わずに猫の手に擦り付けて舐めさせてしまっています。
        これどうなんでしょうね?わかりません。アルガンオイルのこともわかりません。ごめんなさい。
        猫は最大3匹いたことがありますが、今は6歳のコ1匹です。自分の年齢を考えると、最後の猫だと思います。
        それなのに結構クールな猫で、少し悲しいです…(笑)

        • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

          rinnneko様こんばんわ。相変わらず返信が遅くなってごめんなさい。全然さしでがましくないですよ、猫飼いならもし知っていなかったら大変!ってわたしも思いますから。
          おお、馬油も反応するんですね〜。さすが肉食獣ですね。(笑)
          アルガンオイル、アルガンツリーの油なのですが山羊が木に登って食べている写真を見た事があって、動物がそそられる油なのかな?とも思いました。
          我が家は大抵はいつも1匹飼いで、今の子で4代目です。いつも拾い子か保護猫を飼わせていただいております。
          今の子は9歳くらいになるかな?わたしも自分の年齢を考えて今の子がラストにゃんこになるだろうな、、と思っています。
          rinnneko様の子はクールなんですね。我が家は初の男子ニャンコにもかかわらず超びびりです。(笑)
          猫にも色々個性がありますよね(笑)。