天気の激変についていけない50からのからだ6 気象病って何さ?

からだ

雨と思えば翌日は晴天。コロコロ変わる天気の激変にからだが、、からだがついていけないグリコール・グリコです。皆さんはどうですか?

スポンサーリンク

天候の変化にからだが追いつかない

良く、天候の変わり目になると古傷が痛む、関節が痛くなるなどそんな症状の方がいると思います。

娘チョコも天気の変わり目は”帯状疱疹の跡がフォークがぶっ刺さったように痛む”と言っています。

私の場合は天気が悪くなる時より、良くなる方が苦手。特に急に変わるのが苦手です。

どの天気もそのまま続いてくれればからだも慣れるのです。

しかし最近南関東の天気は雨が降ったかと思えば翌日グングンピーカンの晴れになったりと激変多し。

ただでさえ駄目なからだが変化に耐えられずダウンしてました。

気圧の変化に耐えられない

こういう時は、寝逃げ。

スポンサーリンク

気象病って何?

ロキソニンを飲んで、良くなってから『天気の変化・不調』のワードで調べたら

気象病いう見慣れない言葉が飛び込んできました。

気象病は、気候や天気の変化が原因でおこるカラダの不調の総称で、頭痛やめまい、疲労感、関節痛、気持ちの落ち込み(うつ)、吐き気、喘息などさまざまな症状が出るのが特徴です。

kuracie カンポフルライフ気象病より抜粋

『病』がついているのがやな感じです。せめて気象変化症候群とかにして欲しい。

気象病の原因は自律神経の乱れだって、、、汗

カンポフルライフによると気圧・湿度・気温の大きな変化が自律神経を乱す、、とありました。

気圧が下がる方が影響を受けやすいそうですが、私は陰キャラなのか気圧が上がる方がダメージが大きいです。

それと関係するもう一つの要因が「内耳」だそうです。

コロナでただでさえ、インナーダメージを受けているのにお天気からもダメージを受ける私って一体。。

スポンサーリンク

気象病の対処法は?

サワイ健康推進課によると

1、朝食をしっかり食べる

食べてる!

ビタミンB1が良いそうです。食事だったら豚肉とかウナギ。

サプリに頼ろうかな。。。(真剣)

2、ゆっくり長くできる運動をする

これは、、バッドガイの足パカやプランクを続けているのですが、、時間がまだ足りないのかもしれません。

3、「内関」のツボを押す(手首の内側指3本分の下、響く当たりだそうです)

押したけど、どこも響かない!何故???

スポンサーリンク

天候に左右されないからだにしたいものの、、

天候に左右されないからだにしたいものの、年々天候が変になってきていて変化に追いつかないのも実情です。

お風呂にゆっくり入れないのもストレスの一因を作ってますね。きっと。

というわけで、天気に惑わされっぱなしのオバハン、ちょっとブログの更新もグタグタになるかもしれませんが、生暖かく見守ってくださると嬉しいです。

50の恵ならぬ50からのからだについての話はここでも↓

なんだか満身創痍のオバハンのからだ。そんなつもりじゃ無かったのに。。。

コメント