こんな形見分けは嫌だ、と思えるガラクタを捨てる

打ち切り世帯の終活

一段落したと思えた終活片付けも見直してみるとクダラナイモノがまだ有ります。今日は”もし形見分けをするとしたら”と思って辺りを見渡したらまだガラクタがあったお話です。ヤダ黒歴史〜(笑)

スポンサーリンク

形見分け、実母の時はそれなりのものを縁の皆さんへ渡せた

思い起こせば十数年前、実母の年祭(うちは神道系だった)に縁の人達に来ていただき、実母の形見の品をもらっていただきました。

骨董やカシミヤコートなどです。

わたしはみんなが喜んで持っていってくれれば良いと思っていたので骨董の器もガンガン出しました。

なのでうちに残っているモノは残りカスのようなものばかりです。(笑)

それでも後になって更に貰っていただいたものなどありました。

それなりに素敵なモノはちゃんと行き先を自分で決めている、そんな思い出があります。

わたしが死んだら何が形見になるんだろ?とつらつら考える

色々終活絡みの片付けをしていて、ふと”わたしが死んだら何が形見になるんだろう???”と思いました。

そして娘が形見分けをするとしたら何を選ぶんだろう?

ってか、形見分けするようなものある??

と、自分に問いかけてみたところ、、、

ヤバイ!むしろガラクタばかりが残っている!

ことに気が付きましたぜ。

スポンサーリンク

こんな形見分けは要らない ガチャポンの残骸

お恥ずかしい話ですが、わたしガチャポンが好きなんです。

何が出てくるかわからないワクワク感とか、小さくても再現性が高いものとかついついやってしまいます。。。

ガチャポンが並んでいるところに遭遇すると今でも一通り眺めたりしちゃうんですよね。(汗)

一時かなりガチャに課金してました!

そしてわたし、、漫画の『ワンピース』がかなり好きで以前色々集めていた(カードやフィギア)ことがありました。

このブログを書く前に一回集めていたブツを全部処分したことがあったのです。

ただ初期のメンバーは好きだったのでそのメンバーのガチャポンだけは取っておきました。

その整理の時から早10年。。

形見分けの視点から見たら誰も要らない〜!ってモノでした。(滝汗)

いや、その視点がなくてもガラクタでした。

ガチャポンのフィギア

ワンピースのフィギアは精巧な作りのものも出ているのでガチャポンのフィギアなぞ貰ってくれる人もなく、娘も要らないでしょう。

背中に冷や汗がたらり。

そしてもう一つの残骸がコレ。

ニャンコのガチャポンで出たもの。

なんとなく夫エリアに置いときましたが改めて写真を撮ってみると分かるなるほど感。

猫のガチャポン

いままでありがとう!さらば!

と、これらガチャポンの残骸をひとまとめに袋に入れて処分しました。

スポンサーリンク

かなりガラクタ率高し!自分の所有物

服や靴・バッグは処分するのに負担がない量でキープ。

着物・帯も悩むほどの量は無し。

本も段々娘の本へと量と場所がチェンジしつつあります。

CDも処分して手元にあるのは数枚です。

食器もマジたいしたものがないので形見分けするほどのモノが、、、無い。

どちらかというと自分の所有物は人目線で押し図るとガラクタ率多いです!!

大きな片付けは終わっただけにこれからこのようなガラクタをターゲットにして益々終活に精進しようと思いましたぜ。

今日はちょっとやらかしのガラクタ処分のお話でした。

私の持っているものってホントガラクタ率高いなぁ〜、、ということがよーく分かりました。

まだ詰めが甘いのでガラクタ探しします!

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

ガラクタ成敗!黒歴史成敗!

グリコール・グリコでした〜。

コメント