ウチ、断捨離しました!”特別版選ぶ力スペシャル”を観て2。写真はクリエイティブな気持ちの変換で選び抜く

ブログで暮らしダイエット

BS朝日8/7(水)放送のウチ、断捨離しました!”特別版選ぶ力スペシャル”の続きです。『写真』。いつの間にか溜まっていくのが写真。我が家も昨年度から家族写真を整理し始めましたが、これがなかなか、、、(滝汗)

スポンサーリンク

写真。家族の成長の記録でもあり自分の子育ての証でもある

写真はどうしたって増えます。まして今はデジカメやスマホで簡単に撮れるだけに昔より記録の量としては膨大になっているのではないかと思います。

今回は3人の子供も独立し、自分のからだにも異変が起こった相談者さんの写真の整理です。

子育てがひと段落してこれから、と言う時に命に関わる病気をした相談者さん。

ちょっと終活もよぎっている感じでした。

それでも自分のアルバムなどは整理をし、出来ればリビングの棚に未整理の息子たちの写真をアルバムにして置いておきたいと言います。

問題は大きな箱いっぱいの未整理のスナップ写真でした。

いつかやろうとは思っていたんですが、、、

あ〜わかるぅ〜(汗)

スポンサーリンク

まずはやましたひでこさんの言葉に救われた

まずはやましたひでこさんの共感する言葉に救われました。

私たちって『写真』に取り組むまでのこころのゆとりがないよね。
日々の片付けが精一杯で。

そうそう!そうなんです!『写真』って最後の砦というか一番後に残って、そして一番厄介なものなんですよーーー!!!(激しく同意)

私事を挟むと、自分のアルバムは記録の方法を変えてデジタル化完了です。

形はダウンサイジングしたけれど、相変わらず見ないです。自分アルバム。。。

スポンサーリンク

やましたひでこさんはどうに写真にメスを入れる?

やましたひでこさん、まずは”この写真を持っていたいか?”と問いました。

相談者さんは、

リビングの棚に収まるくらいは取って置きたい。孫にパパの小さい時はこんなだったよ、と見せたいし。。

するとやましたひでこさん更に確認します。

一人一冊、成長のストーリーが辿れるものを作りあげたいと言う気持ち?捨てるとかではなく。

相談者さんも邪魔だからいらないとかそう言うものではなく、一人一冊くらいにまとめられたらいいな、、と思いを語りました。

スポンサーリンク

やましたひでこさんは言う。自分は写真集のプロデューサーだと思って選ぼう!

整理ってクリエイティブなものに結びつきにくい、本を出版するような気持ち、ストーリーを作るなど気持ちを切り替えるとすごくクリエイティブな作業になる。
自分はこれから作る写真集のプロデューサーだと思って選ぶと良い。

やましたひでこさん、本当にプラスのスイッチを見つけるのがお上手です。

変換の魔術師や〜。

スポンサーリンク

写真整理、30年分の写真が2時間で終了

相談者さん、”子供達の写真集のプロデューサー”と言われて目的がはっきりしました。

着地点が決まれば日頃のお片づけの成果もあってか決断が早く、集中力もありました。

物語ができるとそれに当てはまらない写真はカットカット。

気がつけばあっという間に2時間が経過。

畳1畳ずつに3人分の写真が振り分けられていました。すご!

やましたひでこさんのワンポイントアドバイスとしては

写真整理は思い出話をしながら気持ちを整理すると捗る
あの当時の気落ちに浸ることが大切。こころゆくまで味わったからこそ卒業できる。

そうか、写真の整理の時に思いっきりタイムスリップをする事も大切なんだな〜。

現在我が家も夫婦でアルバム写真を整理中。

ほとんどがポケット式のアルバムに入っているので、写真の横に”いる、要らないの○×”をつけてセレクト中です。

しかし分業(お互いの空いている時間)でやっているので、写真を見てあの頃は、、と浸る時間はあまり無し。

過去を振り返りながら自分の気持ちの整理も必要なのかもね、、、

写真整理。一人一冊のフォトブックに変身!

相談者さん、初めてのフォトブック作りにも挑戦できてモヤモヤしていたのがスッキリ出来たと言っていました。

デジタルデータでのフォトブックは私も作ったことがあるのですが、相談者さんは紙からのフォトブック、自炊して作られたんですね〜。頑張ったなぁ。。

自分が主体となってクリエイティブに作り上げる楽しさ、いいですね!

我が家はキャノンの複合機を使っているのですが、スマートなスキャナー専用機もあると写真だけではなく、書類データもサクサクデジタル化出来そうです。

時代は進むなぁ。。

とにかく早く我が家も第一次写真選抜をクリアしなければ!!

やましたひでこさんは言う”選ぶ力が人生を豊かにする”

やましたひでこさん、番組の終わりに『選ぶ力』についてこう明言します。

モノの取り入れ口でも選ぶ、モノの出口でも残すものそうでないものを選ぶ。選ぶ選ぶ選ぶ。その連続で自分の主体的な人生が展開する。選ぶのは自分自身。

主体的な自分の行動から自分の人生を拓いていく。いつだって人生の主役は自分自身。

そういっているようにも聞こえました。

『選ぶ力』、これからより意識してみたいと思います。

前回の話はこちら↓

次回放送は8/14(水)”断捨離しすぎた母の決意”だそうです。

モノとの関係性を見直すお片づけドキュメンタリー。色々な事例を見せてくれますね。

コメント

error:Content is protected !!