試しに『ときめくか』衣類を出して触ってみた。『ときめかない感覚』はわかった。

身に付けるもの

今回は『片付け』カテゴリーではなく、敢えての『身に付けるもの』のカテゴリーで、こんまりさんの『ときめき』を感じられるかやってみたグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

衣類は93%スタメンだった

冬の衣類は今年も見直していたのでほぼ不要なものは無し。

(1点夫シンジさんがプレゼントしてくれたモッズコートならぬモッサリコートが気に入らないのだけど、もう1シーズン着てみようと思う。本人に悪いから、、服は今後人から貰わないようにと自警。)

でも所有しているものが『ときめくか』と聞かれると『ときめきセンサー』は???

必要だから持っている。そんな感じです。

今の状態はときめかないけれど必要なものがあるという状態

ときめかないけれど、私にとって必要な数のインナー類。

右側上部が夏の五分袖、七分袖のTシャツ、家事服の半袖Tシャツ。右側下部が秋の五分袖シャツになります。

左は冬用の長袖インナー、このケースの右側にあるのがかぐらやロールの腕カバーです。

インナーは消耗品扱いになりました。これはへたったら循環させて交換。

セーターは現在クリーニングに出しているので後日にでも、、

余談ですがセーターはいつも自分で手洗いしていました。しかし義理母のあれこれがあって今年は色々回らないので、手を抜きクリーニングに出しました。

これからの縮小していく暮らしのことを考えるとセーターの数は激減したとはいえ、今後は代替えのUNIQLOさんフリースもちょっと頭をかすめましたぜ。

ときめかないけれど、必要なボトムス類。

ときめきはしないものの、不満もなく使っている衣類。満足しているってことっすね。

猛暑が襲う夏になってから夏の家事服用のボトムスの数が増えましたぜ。汗をかくのである程度の数を所有して使い回す感じです。

ここまでくるとボトムスも消耗品扱いで、へたってきたら買い替え&入れ替え。

冬や夏は極端な季節なので定番が作りやすいですが、春は意外な寒さが、秋は長引く暑さなどが影響するため、これで通す!というスタイルが作りにくいのが今の悩みのタネです。。

スポンサーリンク

クローゼットには今の時期使うワイドパンツと白のシャツ、ワンピース、家事服が掛かっている

真夏のど定番は今年も白なのですが、さすがにまだそのメンツをクローゼットの中心に置く気持ちにはなれず、ワイドパンツとブラウスすっぽり系家事服が掛かっています。

麻の白シャツを今年着て数を減らすか思案中。ワイドパンツはこの季節は欠かせません。

(下にレギンスを仕込めるという嬉しい特典が、、)

クローゼットの中はいたって良好

現在スタメン93%という、ほぼどの衣類も活躍状態になりました。(−5%はモッサリコートの分−2%がまだ迷っている保留案件のストール類ですね、、)

クローゼットも左と右の入れ替え、引き出しの上下の交換だけなので楽チンです。

引っ越してから継続して衣類の見直しをしていますがこの数年で一番実感するのが

数と柄が減ったので何を着よう?と迷うことがなくなった

ことです。

柄が多かった時は着合わせに悩みました。

↑黒歴史が語られています。

スポンサーリンク

ときめかない感覚は分かった。

確かに触るとなんとなくもう卒業だな〜、とか、もういいか、というものが分かります。

大抵マイブームが終わったものや、捨てづらい訳があるもの、お疲れのものたちです。

でも100%スタメン衣類にしたいのでここで区切りをつけようっと。

ありがとう、さらば。

スポンサーリンク

からだ的に移行期に入っているので難しい面はあるけれど、そこは骨骼診断をうまく活用してときめくようにしていこう〜

完全に『私はこれだ!!』と100%スタイルが決まったわけではありませんが、去年より今年、そして来年と徐々に衣類もフォーカスされていっている、、と思いたい。

骨骼診断という補助も手に入れたことだし、少しずつ前進して『真にときめく』感覚を手に入れたいと思っています。

ときめきの勇者に俺は、なる!

なんてね。

コメント

error:Content is protected !!