50代、衣類の話。

身に付けるもの

今季冬のアップデートは靴下とスヌードになったグリコール・グリコです。

からだも『移行期』なのでこれでOKという着地点が見出しにくいのも50代の特徴なのかもしれません。。

今日は悩む50代衣類のお話ですぅ〜。

スポンサーリンク

普段は家事服とレイヤーで乗り切る

現在はほぼ家にいるので自称『家事服』ジャンパースカートで暮らしています。

『筒状のモノ』でからだを覆い、下にレイヤーしまくっています。

上:ジャンパースカート→ユニクロウルトラライトダウンのベスト→セーター→アンダー2枚。
下:暖かレギンス→ステテコ→レッグウォーマー→靴下

腕はかぐらやさんのかぐらやロールをアームカバー代わりに。

日中は日が当たっていれば、このフル装備で暖房は使わずなんとか乗り切れます。

衣類一つ買うにもサイズが問題

厳冬なので義理母が一枚違うタイプのジャンパースカートを通販で買ってくれました。

上からかぶるから大きくても大丈夫〜と思ったのですがやっぱり大きい。。。

このジャンパースカート、サイズがMとLしかなかったんですわ。Sが無い。

身長ほぼ154㎝体重42㎏台の私の場合、大抵の衣類は『お直し=リフォーム』が必要です。。

めんどくさいよ。

スポンサーリンク

衣類を買うにもお店のトルソー(マネキン)と自分のギャップがあり過ぎていつも撃沈する

現在日本人女性の平均身長は158,9㎝(2016年統計)ほどです。ここで既に約5センチ差が開いています。

ショップのトルソー(マネキン)の設定は身長165㎝程でつま先が上がっているものが多いので、実際の高さは170㎝くらいです。

合うわけないって。(泣)

それでもユニクロさんなど大手は色々な身長パターンのイメージがつきやすいように工夫してくれています。

うん、分かりやすい。自分が基準値じゃ無いって事が丸わかり。

昨年流行ったハンパ丈、私が履くとジャスト丈になる哀しさよ。。

50代、自分のサイズはマメに測る。そして必ず試着。面倒だけど。

足のサイズも小さくなったので、靴下一つ探すのも一苦労です。

22,5㎝の足に合うのは普通規格の23~24㎝ではちょっと大きかったりします。

流石に靴下の試着はできませんが自分が想像するイメージと実際の自分との差が結構あるので、試着は絶対です。

そうやって衣類を探すと、本当に自分に合うものが希少種。。

ああ、これが移行期の闇かぁ。。

でも、コレに気づくと自然と衝動買いも無くなります!

50代、そろそろ顔もぼやけていくお年頃

顔がぼやけてくるので、顔周りに暗めの色やぼんやりする色を置くと、余計老け込む気がします。

お出かけしてふと鏡に映った姿を見て”誰っすか?”と愕然とする事があります。

そういうこともあって段々紺・黒・グレーから気持ちがフェイドアウトしていく自分が居ます。多分使い方がベタなんでしょうね。。(汗)

50代以降は重たい色の使い方を気をつけたいです。

(MUJIさんが似合うのは若い証拠ですきっと。)

黒は好きなんですが、、現在は白やオフホワイトに移行しつつあります。

50代、街ゆくシニアを観察する、、ヤバイ柄祭りだ

柄モノ、昔は好きでした。でも今は卒業。

何故なら街ゆくシニアは思った以上に柄で包まれている事がわかったからです。柄物で街に擬態。。

オサレと思われなくてもいい、でもお煮しめおばさんとは思われたく無い。。

ささやかな抵抗。

憧れのマダムは、”私は口元一点にあえて赤いルージュを塗るの”とおっしゃっていました。なるほど〜。

差し色やアクセントカラーで華やぎを入れればいいんっすね。

逆にアクセント使いを覚えました。それは思ってもみなかった『赤』。

実行してみたらおばさんでもイケた!

50代、たくさんは要らないけれど、品質にはちょっとこだわりたい

自分が納得したモノを少しだけ。ストールや手袋といった小物をちょっとグレードアップしてみる。

この数年、『made in Japan』に目覚めたので地味にこだわっていきたいと思っています。

50代、流行に乗らなくても”自分の好き”をみつけていこう

アパレルさんが推してくる流行りの格好は、身長が足りない私にはどうも着こなせない事が多くなってきました。

服の流行に飛びつくのではなく、『エッセンスを少しだけ取り入れる』方がヤケドしないってことも歳を重ねて徐々にわかってきました。

これからは『今の自分をよくフォーカスして』『自分の好き』を見つけていきたいな、と思っています。

それには等身大の自分を知ることっすね。(汗)
「今にフォーカス」、循環にも気をつけています。

コメント

  1. 真由美 より:

    グリコールグリコさん、こんにちは。
    いちいちうなづくこと多いです!やっぱり30代で物を減らすとかミニマリストとか言われても
    いまいちです、同じ世代の方の方が分かり方が早いです。
    私も最近はほとんど引きこもりインナーが大事かと思います。
    かぐらやロール!よさそう私に合っているかも今度試してみます。
    私はグリコールさんと身長はともかく体重が全然違います(笑)裏ましいです
    ダイエットもしなくてはいけないので、、
    明るい色や試着を面倒がらないというのは私も実行しています。
    周りを見ているとちゃんと考えている人とそうでない人はなんか違う気がします。
    グリコールさんはどうやってそのスリムな体重を維持されているのでしょうか?
    それが一番気になります。

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      こんにちは、真由美様。
      いつも有難う御座います。かぐらやロール、セーターの袖口防汚にも役に立ちますよ〜後、差し色効果もあるので、同じセーターでも袖口を違う色にするだけで、違うセーターに見えます!ふふふ。
      体重、、ですがどこかで栄養が漏れているのかも、、(お腹も下す方だし)両親とも晩年痩せ体質だったので遺伝かな?
      食べ方は野菜から初めて、たんぱく質、お米と進んでいきます。
      年寄りと暮らしていることもあって、和食中心に傾きます。味噌汁は具沢山、朝はたっぷり目に食べる、昼は朝のボリュームがあるのでカットの時もありで、、夕食は六時台、(ほか2名は帰りが遅いので義理母と二人で待たずに食べてます)その後は食べない。あ、夕食後の甘味は間髪入れず食べます!こんな感じです。
      上半身はペラペラですが下半身は太もも張り子です。
      内臀筋を鍛えなければと思いつつ、、以下略で御座います。

  2. まや より:

    おはようございます。

    身長体重がほぼ同じで、またまた共感の嵐です・・・
    大抵、服が大きいんですよね。
    昔は身長154㎝基準に作られた服が多かったのに、
    いつからか157㎝基準になり、ますますサイズに落差が生じました。

    そして鏡をみて「誰っすか?」わかります。陰影で自分がオバケにみえることがあります。自分の顔が怖い!!

    お煮しめおばさん(笑)
    マスク装着していてせっかくの口紅も外からみえないので、
    いっそ赤い帽子でもかぶろうかしら・・・!

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      こんにちは、まや様。身長体重ほぼ同じなんですね、それはそれは、、同じ悩みですねぇ。
      特に最近困るのが、既製品の袖が長いこと。パンツの裾が長いのはしょうがないと諦めて、袖が長いのが、、困ります。

      『誰っすか?』というのはショップの試着室に入ってトップライトが当たった自分を鏡で見たときと、何気に建物のガラスに自分が写った時。
      嫌な脇汗かきます、、、誰だよ?ん?自分かーー!みたいな。(笑)

      日中出歩くとシニアばかりで、中途半端な地方都市でもあるので私を含めて垢抜けません。シニアの服はどうして変な柄が多いんだろう???
      と、いつも思います、、、杖も変な柄が付いているのが多いし(福祉用具のカタログを見てもシンプルな物が少ないです、変な柄付きのものばかりです)
      アパレル業界ももうちょっと考えて欲しいっす。