春のTシャツ2枚ユニクロとMUJI

身に付けるもの

暖かくなって来ましたね。地味に春用のTシャツ2枚を入れたグリコール・グリコ です。

スポンサーリンク

白Tシャツが自分の基本に、ほぼ消耗品

自分のオサレが色々拗らせていたのが分かったのが服を減らしてから。

今は白Tシャツ信者です。

時に色付きのTシャツも買うことがありますが、ほぼアースカラーになっています。(ブラウン系とかベージュとか)

で、白Tシャツばかり着るのでこれらはほぼ消耗品で、ネックがよれたりくすんできたら買い換えるようにしています。

Tシャツ、ちょっと流行りに乗ってみたアラ還オバハン

今回は流行に乗って1枚はユニクロさんのコットンロングテール、一枚はMUJIさんのボートネックを取り入れてみました。

2021年Tシャツ2枚

今年の衣料は昨年に続きワイドな作りです。

私にはちょっと大きすぎるのでどちらもSを選びました。

一昨年ワイドブラウスを買った時、娘から”大き過ぎ!ちょっと似合わない”と言われて凹み、そのブラウスは”はとこ”に譲渡した経緯があります。

そういったこともあり、わざとS。

それでも結構ガバガバです。

七分丈は夏場に着るドゥクラッセさんの白Tシャツ(七分丈)を1枚出すことにしました。

白ですがユニクロさんの白は真っ白で、MUJIさんの白はほどよくオフホワイトです。

(もしかしたら私が買ったMUJIさんのは昨年度のデッドストックものかもしれないんですが、、)

ユニクロTシャツの真っ白、私はイエベなので実はちょっと似合わないと思ったのですが、以前カラー診断をしていただいた時に

顔から離せばOKです、と言われたので早速実践してみました。

春の普段着

なるほど、顔まわりをイエベカラーにすれば、逆にこのロングテールの白が映えますね。

パンツはユニクロさんのウルトラストレッチアクティブジョガーパンツです。

今の時期だとちょっと寒い時は下にアツギの無縫製レギンスを穿いてます。

上のセーターは昨年秋のグローバルワークさんの洗濯機で洗えるトップスです。

相変わらずお出かけがないのでご近所徘徊&家事服仕様です。

スポンサーリンク

ブローチでアラ還は視線を逸らす作戦

顔が年々さびしくなるのでブローチを付けるようにしています。

準シニアに片足突っ込んでいるのでブローチをこざかしくつけて、視線を顔からそらす作戦です(汗)。

ブローチはこぎん刺しのブローチです。

お高い宝石のものではなく、ハンドメイド作家のものを取り入れるようにしています。

時にほっこり、時にアバンギャルドに。

ハンドメイドのブローチは最近の密やかな愉しみにもなっています。

スポンサーリンク

Tシャツをアップデートしてちょっとだけ流行りを取り入れる

昨年度から流行のワイド系衣類。

私にはあまりにワイド過ぎて似合わないモノが多いです。

ゆったり目はこれから世代にも嬉しいのですが、差配を間違えるとマジシニアになってしまうところが難しいな〜と感じています。

なのでちょっとだけ取り入れることにしました。

Tシャツならノーアイロンで気兼ねなく使えるし、ヨレヨレになったらウエスになるし。

というわけで、ちょっとだけ春の準備をしましたよ。

コメント