やらかす60代。くいしばりで被せ物にヒビが入っていた

からだ

歯科通院、今は治療ではなく、メンテナンス&予防歯科でPMTCに通っています。そこで被せ物にヒビが入っていることがわかりました。原因は食いしばりです。

スポンサーリンク

からだのメンテナンス 一番先にやったのは歯科治療

からだの見直し、一番最初にやり直しをしたのが『歯』でした。

40代に入ってです。

いくつか治療したい歯があったものの、アプローチが出来にくかったのは顎関節症になっていたからです。

当時は口を大きく開く事も出来なくなっていました。

しかし会社の歯科の健康診断で偶然勉強熱心なDr.に出会い、顎の関節のアプローチ込みで治療が始まりました。

時間はかかりましたがおかげで今は無理なく大きな口を開けることができるようにまでなりました。

そして顎の調子を見ながら古い治療済みの歯も全部見直しをし、少しずつ今の時代にあった、これからの後半生を共にする良い歯に作り替えていったのです。

なんだかんだで追加の治療が終了したのが十年前くらいでしょうか。

それからPMTCをうけに3ヶ月にいっぺん通院しています。

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、日常の歯磨きでは取り切れない歯石や外来着色物(ステイン)、バイオフィルムを除去する。主に歯周病の予防・メンテナンスとして行われ、齲蝕予防法である高濃度フッ素塗布や3DS(Dental Drug Delivery System)などの前処置として使用される。

wikipedia PMTCより引用抜粋

そこで今回奥歯の被せ物にヒビが入っているのが見つかりました。

原因は『くいしばり』です。。

スポンサーリンク

長年のくいしばりは相変わらず、、

これは長年の癖で、日中はなるべく顎をぶら〜んとさせるようにし、舌の先を前歯の裏につけるようにして奥歯をガチッと噛み締めないように意識しているのですが、、。

朝起きると頬の内側に歯形がついていることが多く、くいしばりはなかなか直りません。

『癖』に近いです。

『くいしばり』は人によっては何トンと言う力も入るとかで、人生後半生の歯にとっては全然良いことではありません。

そこでくいしばりから歯が割れないようにマウスピースを作ったのですが実は最近使っていなかったのです。

マウスピースは入れ歯用の容れ物が嫌なのでMUJIさんのスクリュー式の容れ物に入れています。

ストレッチボードにも乗っていないし、ちょっとサボるとすぐ体にツケが回るわたし。。

スポンサーリンク

食いしばりで歯の被せ物にひび、作り直すことに

なんかデンタルフロスがその部分で引っかかるな〜とは思っていたんです。

今回定期メンテナンスで発覚してよかったです。

前回はなかったのでこの3ヶ月の間にストレス過多になっていたのはなんとなくわかるっちゅーか、あ〜そうだったんだな〜って振り返る、あんな事こんな事。。

もしメンテナンスに通っていなかったら歯が割れてたのかな、、と思うとちょっと怖くもあります。

セラミックに作り直す費用もこわい費用なんですけど。。(滝汗)

色々不具合が出る60代予防でなんとか乗り切りたい

ボディの不具合だと石灰沈着性腱板炎と言われたものの、その後のブスの美エクササイズでコキコキはいうものの腕は上がるようになったし、まだ回復力はあるようです。

ぎっくり腰や腰痛も腹筋にアプローチしたら改善の兆しありです。

ですから歯のことももう一度真面目に夜マウスピースで歯を守ってこれ以上悪くならないようにしたいと思います。

何もしないで悪くなるのを諦めるより、改善する手立てがあるなら積極的に取り入れてフレイルなボディにならないように自助努力も必要だとヒシヒシ感じます。

ま、今回は被せ物にヒビが入ったことでもう一度マウスピースで歯を守り、もうちょっと自分の歯を大切にするよう天からのアドバイスと思って素直に実行しようと思います。

自分のからだは自分で責任を持ってケアする大切さをまた学びました。

良いタイミングでわかって良かったなとおもった今回の定期メンテナンスでした。

ピンコロをめざして自分ができること、努力するべきところをさぼらず実践しようと思います。

数日更新が空きましたが懲りずに読みにきてくれる方々ありがとうございます。

イキイキkyabikyabi60代は無理かもしれませんが日常生活で困らないくらいのからだは維持していこうと思ったグリコール・グリコでした〜V

コメント