『超孤独死社会』の本を読了。この本のある一節を夫に読んで聞かせたら一発で洗面台を汚さなくなった話。

掃除

洗面台をいつも使いっぱなしでヒゲとはね水をそのままにしっぱなしの夫シンジさん。いくらいっても絶対直そうとしなかったのですが、この本に書いてある一節を読んで聞かせたら翌日から洗面台がピシッと綺麗になりました。何がこころに届くかは分からないものですね。(笑)びっくりしているグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

『超孤独死社会』という本

孤独死と”特殊清掃”のルポ本である。日本がこれから突き進む闇を5章に渡ってまとめたものだ。

家督制度も崩壊し、個を尊重する社会になったものの、人との関わりが希薄になり、社会から静かにフェイドアウトしていくことをセルフネグレクト(自己放任)ととも言う。

別名”緩やかな自殺”。

孤独死する人は共通して”生きづらさ”を抱えていると前提した上で、私たちはいずれおひとり様になるわけれども、1000万人の孤立する日本人がこれを読んで特殊清掃の世界を知ることで、あなたの未来を知ることにもなるし、知ることによって収束していくこれからを考えることだってできるよ、という内容が前書きの最後に収められている。

まぁ、読んでいて『ご機嫌♪』になる本ではないし、結構”うわぁぁぁ、、”と言う描写がなくもないが、自分のこれからを考えると無いでもない事だな、とも思う。

環境と自分はフラクタルな関係ということを再確認

一章を開けてすぐにこんな文章があった。

部屋ってその人のすべてが現れるの。心疾患系に罹った人は、まずリビングから汚れてくることがほとんどだね。リビングっていわば心臓部分ですべての部屋につながるでしょ。逆に精神が病みだすと、キッチンとか水回りが汚くなってくるんだ

超孤独死社会 菅野久美子著 P29~30より抜粋

義理母を見ていると納得するのだけれど、心臓が悪くなると何をするにも億劫になる。しんどさが先に来て片付けるとかそこまで気が回らない。最小限のことしか出来なくなる。

だからこの”リビングから汚れる”というのはそうだなーと思う。多分義理母が一人暮らしならリビングの椅子にモノが置きっぱなしでベットの周りに服や身の回りのものが置きっぱなしになっていくであろうことは容易に想像がつく。

精神が病み出すと、のくだりは想像するに『掃除とかそんなことはどうでもいいこと』になって汚れをスルーする気分になるのかな。。無関心になっていくのかもしれない。汚れが停滞すればこころも停滞していくのも理にかなう気がする。

とにかく自分というものは服だったり、空間といった環境に投影されていくというのは本当にそうだと思う。これは確信できる。

今でこそ『色抜き作戦』で目から入る情報を意識的に抑えていくことで以前よりかなりマシな住空間を手に入れてそこそこ心安らかに暮らしているけれど、カレンダー屋敷だった頃はインテリアと称して無駄ツモ無いものが無系統に置かれてあって、カオスだった。

無意識のイライラも環境から来ていたと思う。。。

実はこの春の異動で同期がメンタルで早期退職したことを知り衝撃が走っていた夫シンジ

”どちらかというと強引なところがあって俺様的な強気な人柄だったんだ、彼は。。そんな彼がメンタルで早期退職とは、、”と春の人事異動の発表で衝撃を受けて帰ってきた夫シンジさん。

あんな奴でもなっちゃうんだ、、俺もいつかなってしまうかも。。。と自身の行く末に思い切り不安を滲ませていた。

まぁ、この数年仕事がハードすぎて理不尽なことも多く、弱メンタル気味なところはちらついていたので不安になるのは致し方ない。

夫シンジはこのフレーズを逆に解釈した

上記引用の”精神を病むと水回りが汚くなってくる”んだって、と言ったら

じゃぁ、水回りを綺麗にしておけばメンタルにならないって事?!

と逆発想してきたぜ。

グリコール・グリコ
グリコール・グリコ

うん、そういうことだ

もちろん、そんな単純なことじゃないってことは分かっていたけれど、前向きに捉えてくれた方がこっちも都合がいいわけで、そう答えた。

そうしたら、、

翌朝から洗面台がしっかりリセットされて綺麗になっとる〜〜〜〜〜〜(笑)

今まであれだけ言っても改善されなかった洗面台の後始末。飛び散った水滴もなければ、剃ったヒゲも散っていない。

人間どんな言葉がこころの琴線に触れるか全く予想がつかないけれど、単純なところもある夫シンジさんにはヒットしたようだ。うひひ。

ちょっと本の趣旨と外れるけれども、綺麗を実践するには”究極の汚ってどんな?”を知るというのも手かも知れない。

絶対買ってまで読まない本だと思うけれど、気が向いたら図書館ででも借りて読んでください。


超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる

人って溶けるんです、、、、


特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録

以前の洗面台の掃除の話はこちら↓

コメント

error:Content is protected !!