洗面台の防汚は撥水スプレーで!

掃除

洗面台は水が飛び散りやすいし、汚れが目立つところです。

我が家で洗面台を使いっぱなしで水が飛び散るママにするのは大抵夫のシンジさん。

いつもその後を黙って拭いているのが私、グリコール・グリコです。とほほ。

今回はエアコン清掃の時にプロから伝授していただいた汚れ防止を紹介しながら、洗面台の清掃を公開します。

スポンサーリンク

まずは水アカはクエン酸パックで

洗面台は白っぽいのでわかりにくいですが、気がつくと水のミネラルがウロコのようについています。

触るとザラザラ引っかかる感じが水跳ねでついたミネラルです。

気になるところへクエン酸の粉をふりかけ、少量の水をかけてそのままラップでパックします。
じんわり効果なので別のことをやっている隙間産業で行うのもいいと思います。

特に汚れがきになる水栓の根元などはパック後ラップを交互に動かして汚れをかき出すようにすると汚れが落ちるのが早いです。

触って見て、水ウロコが引っかからなくなるまでラップ&クエン酸でクルクル旋回させながら磨くように落としていきます。
途中でメラミンスポンジに変えてみても良いです。水ウロコがほぼ落ちたところで水を流して乾いたウエスで拭き上げます。

スポンサーリンク

ここで新兵器、撥水スプレー

色々と掃除をして行くうちに、「汚れを取る」にはもちろんのこと、せっかく綺麗にしたのですから「汚れがつきにくくするにはどうすればいいか」、というところまで考えが行くようになりました。

そこでエアコンの掃除の時にプロに教えていただいたのが撥水スプレーの存在でした。

掃除が終わって乾いたらこれを↑ひと吹き。

撥水スプレーは流しやトイレにも使った方がキレイが長持ちをするそうです。

使ってみると、水がコロンとなります。でも撥水の力だけに頼らず使い終わったら洗面台や流しは水分を拭き取ることがポイント、と掃除のプロに教えて頂きました。

ここでも小さなリセットは必要なようです。確かに。。。
この撥水スプレーは窓にも良さそうです。
実験で外側の壁にもスプレーをしてみました。

北側の外壁は湿度が高くなるとこの数年苔がつき始めて嫌だったのですが、壁面を洗浄した後、撥水スプレーをかけたら苔が出なくなりました♪ラッキー♪

掃除をして整える、そしてその状態を継続させる知恵も必要だな〜と撥水スプレーで学びました。

コメント

error:Content is protected !!