形あるもの、いつかは壊れる。スキーブーツを処分。

片付け

去年までは使えたスキーブーツが、、とうとう壊れました。ガンダムみたいなスキーブーツ も永遠ではないようです。

スポンサーリンク

10年以上使用したスキーブーツ

毎年のようにいくスキーですが、義理親と同居してからは日帰り弾丸スキーが主です。

夫婦でいくスキーは減りましたが、その分夫シンジさんは職場の仲間とスキーに出かけることが多くなりました。

私的にはお互い離れる時間ができるので、それはそれで嬉しいです。(本音)

コロナで色々だけど、行けるのなら春スキーに行きたいなー、どう?

と誘われたので、試しに道具を点検した所、、

ブーツケースから出して触った途端、かかとがポロポロと砕けて落ちました。。

スキーブーツ かかと破損

しめしめ、これで堂々と断れる♪(え、そこ?!)

スポンサーリンク

スキーブーツ リペアは効かないのか

修理は出来ないか調べてみたのですが

パッドの交換が可能(¥2,000~¥3,000-/pr)なモデルもございます。
交換パーツに関しては、ご購入販売店様や、お近くのサロモン商品取扱販売店様にてお尋ねいただきますようお願いいたします。
しかし、5年以上前のモデルに対応できる共通パーツはございませんのと、ブーツ本体が経年劣化により破損する可能性がございますので、修理をお断りする可能性もございます。

salomon HPよくある質問より抜粋

自分では5~6年くらいしか使っていないかな?と思っていたスキーブーツですが夫シンジさん曰く、”10年以上使ってるよ!”とのことでした。

毎日穿いている訳ではないのでそんな気がしな〜い。

検索するとDIYをしている人もいました。

DIYをやれそうっちゃやれそうなんですが、慎重派の夫シンジさんからストップがかかり、潔く処分することにしました。。

今まで楽しませてくれてありがとう、、さらば。。ガンダムスキーブーツ。

スポンサーリンク

モノにも寿命ってモノがあることを知る、、

モノは長く使えるものもありますが、耐用年数を超えると使えなくなるものもあります。

理屈ではわかっていたものの、シーズンだけの出番のものってまだまだいける!と思いがちです。

しかし、着実にそういったモノ達も劣化していくのだということが実物を見てわかりました。

不燃物のゴミ回収が近いのでここでおさらばです。

これで春スキーはコロナとスキーブーツの破損で行くことが不可能になりました。(内心ほっとしている、、汗)

次の冬はどうなる?まぁ、又冬が来た時に考えましょう。(笑)

でも、スキーブーツ もうちょっと長持ちしてくれてもよかったな。。。

春スキーの話はここでも。↓

なんでも永遠ってないもんだな、と改めて実感したグリコール・グリコでした。。。ここでも『循環』ですね。

コメント