夏を見切ってワイルドなブーツを迎える

身に付けるもの

暑いし、コロナだし、夏の衣料のアップデートはちらりとだけ、どちらかというと処分のほうが多かった今期です。夏は7月の段階で早々に見切りをつけ、再び靴のアップデートを致しました。

スポンサーリンク

還暦がちらつくお年頃だからもっと自分を自由にしたい

6月にも新しい靴をお迎えしています。

私は元々コンサバ系フェミニンオバハンではなく、心はパンクなずっこけオバハンです。

還暦が目の前にちらつき残り時間も考えるようになりました。

自分が”あ〜これ好きだな〜身につけてみたいな〜”と思うモノを身につけられるのも最長であと20年くらいかな?と思っています。

だからよけい『今』を楽しみたい。

もっと自分を楽しみたい。

特に靴は年長になると福祉靴に移行せざるおえないので”今履かなくてどうするの?”って感じです。

で、今還暦に向けて『絶賛身に付けるもの入れ替え中』なので、ちょっと強面なショートブーツを探すことにしました。

スポンサーリンク

ワークブーツ系のレースアップ(黒)を探す

ワークブーツ、ワイルド系だとドクターマーチンが筆頭に浮かびます。

カッコイイはカッコイイのですが重い。

片足1キロ近いものもあるのでオバハンには無理。

そしてサイドファスナーが無い編み上げが多いので早々に除外。

そこでそうだそうだとおもいだしたのがALLSAINTS

イギリスのブランドです。

ここににサイドファスナーブーツがありました。

オールセインツブーツ

レースアップはハトメがあるのが私の絶対条件なのでこちらを選びました。

紐を後ろにまわして締めるミリタリー風な感じです。

ヒールは3.8㎝、片足重量532g。やや重いですが今ならギリギリ履ける重量かな。

ソールも厚めなのでガシガシ歩けそうです。

スポンサーリンク

完成されたマダムではなくちょっと外したマダムになりたい。実態はオバハンだけど

樹木希林さんふうにいえば『けれん味』のあるオサレがしたい。

『今』の私はそんな気分。

白髪はそのまま生かしキメキメにならないよう、うまく外しながらコーディネイトが出来たらいいなぁ、、という妄想を持って全身の下からアップデートを始めています。

靴箱内も整い、開けてワクワクするする靴だけが並んでいるのを見るだけで楽しい。

(↑実はこの時すでにこの靴並んでいます。)

ま、身長も低いし、膝から下が短いので頑張っても限界があるのは重々承知です。

でもね、オサレを考えられるのも今のうちだから。

暑くてぐったりですが秋冬の事を考えて気分を上げているグリコール・グリコでした。

コメント