ステンレスピッチャーで夏のお茶を作り置き 暮らしの道具9

暮らしの道具

そろそろ冷たいお茶の出番になってきましたね。我が家は皆マイボトル派なので暑くなるとたくさんの麦茶とルイボスティーを作るグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

ステンレスピッチャーは18-8ステンレスなので直火置きが可能

このピッチャー実はフリマで買ったものです。染色用のステンレスバットを探していたらこの子が居て、ついうっかり連れて帰ってきた、、というもの。

ステンレス製はサビにも強いので重宝する

業務用がシンプルで好き。18-8ステンレスなので直火にかけられます。

ステンレスピッチャーを直火で?と思う方も多いと思いますが、全然いけますぜ。お茶を沸かすためだけなので、底も焦げません。

MARUTA メイドインジャパンだよ

このピッチャーでは主にルイボス+レモングラスを入れてお茶を沸かします。

茶葉を紙のパックに入れて沸かし、そのまま冷めるまで放置してあとは冷蔵庫(太さがあるので我が家では野菜室に入れている)で冷やします。

移し替える必要がないので、

ガチ便利!

MA 18-8 ウォーターポット 1800cc

パーコレーターもそうですが、お茶を入れるためにアレコレ揃えるより、そのもの単体で一つの作業が終わる方が効率が良くて今の暮らしには合っています。

スポンサーリンク

ヤカン(ポット)替わりのピッチャー

火にかけてお湯を沸かすための道具、ヤカン(ポット)は我が家にはありません。

ただし義理母がいるので冬場は電気ポットになります。(ここが悩ましいところなんですが)ソロソロ電気ポットは仕舞わなければ。

夏場になると、このステンレスピッチャーでルイボスティーを作り、鍋で麦茶を作ります。人数が減ればこのピッチャーのみでなんとかなるのですが水分補給の需要が高いので今のところ2通りの方法で夏場のお茶を作っていますぜ。

コメント

error:Content is protected !!