MENU
記録の遡りはこちらから

お家でxmasを過ごせない子供に届けるサンタプロジェクトに参加

タウン誌に『サンタプロジェクト』なるものが載っていたので滑り込みで参加してきたグリコール・グリコです。

(スポンサーリンク)

目次

サンタプロジェクトとはなんぞ?

元々はアメリカのブックチャリティーからヒントを得て始まったもので日本では新潟が発祥ということです。

コンセプトは”自宅でクリスマスを過ごせない子供たちに匿名で本を贈る”という地域ぐるみの活動・取り組みです。

自宅で過ごせない、とは病気で入院中だったり、諸事情で児童養護施設に居る、という事になります。

今回のサンタプロジェクトはどこにギフトするのか?

私の住んでいる街には3つの児童養護施設があります。

元々は虚弱児童のための療育施設だったものが現在はニーズの広さから児童養護施設となっています。

親が養育できない事情は様々で施設にいる子のケースも様々です。

児童養護施設、一昔前はタイガーマスクが居た孤児院系のイメージ(例えが古い?)に被りがちですが、近年は親の養育が困難なケースの中には発達障害系の子もいれば、軽度知的障害の子もいるし、もちろん定型発達の子もいます。

今回はその児童養護施設の一つに地元の本屋さんと協力して地域でサンタプロジェクトをしましょうじゃないですか、という取り組みなんだそう。

(昨年のチラシ画像があったので参考までに置いときます。)

サンタプロジェクト、実際はどんな流れ?

期間中、協力書店に行って、プレゼントを受け取る子供へのクリスマスカードを受け取ります。

私は滑り込みだったので行った協力書店にはラスト1枚カードが残っていました。

プレゼント(本)を受け取る子供の情報は性別と年齢のだけ。む、むずい。

正直『4歳男の子』、本よりゲームやおもちゃがいいよねぇ、、と心の中でつぶやくも、忙しい中本屋さんも『4歳男の子』に喜んでもらえそうな本を一緒に探してくれてなんとか本の選定が終わりました。

ギフト用に本屋さんが包装してくれてる間に、渡されたカードにメッセージを書き、”じゃぁ、お願いしまーす”と本の代金とカードを手渡し、当日には本屋さんが本とカードを施設に届けてくれるという流れでした。

(スポンサーリンク)

ブログに書くってどうよ?、、こんなプロジェクトがあることを知って欲しかった

ちょっと偽善者みたいで逡巡したのだけれど、地域でこんなプロジェクトも始まってるんだよ、ということを知って欲しなって思いました。

何と言っても居住地域(街)が連携して盛り上げるのがいいな、と思ったのです。

なんと言ってもこのプロジェクトの良いところは”関わったみんながちょっとhappyになれるところ”かな。

地域の本屋さんにも利ザヤがうす〜く入るし、クリスマスを楽しみにしている子供達も笑顔になる。

そして参加した匿名さん側もニンマリ、全員がhappyになるところが良いと感じました。

地域で行うことで改めて児童養護施設があるんだということを知るきっかけにもなるし。

自分の居住地域のことは、なんでも知らないより知っていた方がいい。

一番怖いのは無関心でいることだと思います。

そろそろゴールを目指して往くオバハン、地域に暮らす名も知らぬ子どもの笑顔を妄想するも又楽し。

こうやって薄〜く地域と関わっていくのも社会参加の一つと思っていいます。

さ、参加してたりします。。

PVアクセスランキング にほんブログ村 50からのコンパクトな暮らし - にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • うんうん。
    私もこんなプロジェクトがあるなら参加したいと思いましたよ。
    そういう意味で書いて下さったのはありがたいこと。

    横浜市で検索したけど、そういうのは出てこなかったなぁ。

    手軽で地域密着で、すごくいい企画ですね。
    こっちでもやってくれないかしら。。。。

    • こんにちは、リコメが遅くなりました、kaorun様。
      気軽に参加できて、チョットサプライズ感のあるプロジェクトなんです。
      これからも広がってくれると良いなって思います。
      児童養護施設があるってこともこういうことで改めて知って欲しいな〜とも思います。

  • グリコさん

    こんにちは!4歳男の子・・・。乗り物か動物の出てくる絵本ってところでしょうか?
    絵本も奥が深くて、古典と呼ばれるものから、最近の作家さんの力作まで色々ですよね。

    すてきな取り組みですね。福岡は確か大手書店がやってたような・・。

    調べてみますー。

    そう、ずっと押し出される間際の人たちのことを考えて生きてきましたが、最近は筒に入ったばかりの人たちの未来を考えるようになりました。年でしょうか?

    4歳の男の子、きっと少しハッピーになってると思います!

    • こんにちは、もず様。
      絵本、、というか苦肉の策で『こども図鑑』にしました。(汗)
      歳末助け合い運動的な、、
      今年も悪行三昧の私でしたので、、、(滝汗)。
      そうですねー未来が長い人たちのことも考えなくてはいけませんね。
      その通りですね。

コメントする

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次