MUJIのフランネルシャツを買う。アラ還オバハンはもちろん白。

身に付けるもの

この数年、『白』の良さに気付いたグリコール・グリコです。冬の白はほっこりするオフホワイトが良いですよね。MUJIさんの無印良品週間に滑り込んでフランネルシャツを買いましたぜ。

スポンサーリンク

アラ還オバハン、色の選択が難しい。

向かったMUJIさんにも私より上かな?というマダムが群がっていました。

なんせ最近の色展開はアースカラーやくすんだ感じの色味が流行っているので、逆にマダム世代には安心カラーなんすよ。

地味=年齢相応=安心

昔の名称で言わせて頂ければ、海老茶色やあずき色・こげ茶・黄土色。(笑)

でも、この地味目な色味、若い人が着ると『ウンウン、可愛い』となるのですがオバハンがそのままダイレクトに取り入れると『うわっ、お煮しめ、、』となるのでさじ加減が難しいです。

スポンサーリンク

レフ板効果でスッキリさせたい。だから白。

服を着ている中身はたかが知れているし、身の程もわきまえております。。

そして

『おしゃれな人』ではなく『オサレが好きな人』であることも。(イタイ)

そんなアラ還オバハンが目指す小目標は『スッキリ見える装い』です。

白Tシャツの良さが分かってからは柄でごまかす事が少なくなりました。

『おしゃれな人』になれなくても、柄がなくなるそれだけでシュッとスッキリした感じになるのは嬉しい発見でした。

この白Tシャツで味をしめて以来、白に対する私の意識は変わっていったと思います。

スポンサーリンク

今が一番見苦しいアラ還。だからこそ是非『白』を選んでほしい

現実的にグレイヘア移行期で中途半端な白髪が年々増加しています。けれどグレイヘアまで行かない、ごま塩状態です。

多分今が一番見苦しい時期なのではないかな、、(泣)と思っています。

地味めな色を顔近くに持ってくると実年齢以上に老け込んで見えてしまうこともあり、レフ板効果も狙って『白』。

私のようにオバハンを自他共に公認していると、ついフラフラっと暗めの色を手にしてしまいがちですが、だからこそ迷ったら是非『白』を選んで欲しいっす!

白のフランネルシャツが良いと思ったわけは?

今年はフランネルの『白』シャツがいいなぁ、と思ったのは夫シンジさんが思いの外フランネルの白シャツが似合ったからです。

ネルの白シャツを着るだけでダサさがぶっ飛びました。

ネルのシャツだと普通チェック柄を選びがちですが、チェック柄も実はオバハンには着こなすのに難しい柄です。。

山ガールならぬシニア登山家に変身しがち。(とほほ)

MUJIさんの公式サイトにも若いモデルさんが地味な色合いを着ていますが、オバハンは避けたほうがいいです。

スポンサーリンク

実際に着てみたMUJIさんのフランネルシャツ

手にした瞬間、ほっこりが伝わってきて柔らかくてゴワツキもなかったです。

『白』といっても『オフホワイト』で冬の白にふさわしいほっこり系です。

私はユニクロさんのレーヨンスタンドカラーが首回りがスッキリして着やすかったので、今回もスタンドカラーを選びました。

こちらはフランネルブラウスの方です。小さな布バックはあえての外しアイテム。

パンツはレプシム。お安く仕上がっています。

昨年の赤スカート。

スタンドカラーの下にはスタンドネックの白を入れて羽織もの風にしてみました。

3年前くらいのグローバルワークのワイドパンツと。

このスタンドカラーブラウス、Sサイズですが実際着ると肩が4センチ程下がります。全体的にスクエアの形の仕上がりです。

襟付きのフランネルシャツと悩みましたが、下にインナーを入れる&巻物もすると首回りがもたつくので、あえてのスタンドカラー。私には丁度良かったです。

スポンサーリンク

今年はオフホワイトのパンツにも挑戦してみたい

まだまだ『おしゃれな人』ではなく『オサレが好きな人』の私ですが、今年はオフホワイトのパンツにも挑戦してみたいです。

中途半端な地方都市に住んでいる私。

相変わらず垢抜けないのですが、(泣)せめて『スッキリ』くらいは出したいな、と思っています。

等身大のアラ還のオサレ、これくらいなら出来ると思っていただければ嬉しいです。

コメント

error:Content is protected !!