シニアになるのは人間だけじゃない 大きなキャットタワーを片付けて小さなものへ

にゃんことの暮らし

自分もシニアの領域に入ってきましたがうちニャンコも気がつけば今年で8歳くらい。先代からのキャットタワーをずっと使っていましたが今のニャンコはあまり使わないので思い切って片付けました。

スポンサーリンク

キャットタワー 天井の高さまである突っ張り棒式を使っていた

先代のニャンコはよくカーテンにへばり付いていたり、カーテンレールの上に乗ったりしていたので、天井でがっちり止まる突っ張り棒式のキャットタワーを使っていました。

今の4代目を迎えてからも地震のことも考えて突っ張り棒式のキャットタワーを使っていました。

使用年数は多分12年以上使っていると思います。

にゃんこ

この子はあまり垂直移動は得意じゃなくて水平移動でコソコソ動く方が多いです。(笑)

猫にも個性があって今のニャンコは乗っても二段目まで。

キャットタワー

あたりまえのことだけれど人間だけではなくニャンコもシニアになりますね。

あるのが当たり前だったキャットタワーですがすっかりお茶を引いてました。

かなり使い倒した感もあるのでここで見直しです。

シニアに向けてのダウンサイジング、ニャンコにもやってもらいましょう。

スポンサーリンク

突っ張り棒式のキャットタワーを解体する

旧実家でわたしが組み立てた突っ張り棒式のキャットタワー。

ゆっくり時間をかけて解体しました。

解体時間は1時間位かかったでしょうか。

解体したら思いのほか板が重たくて、、もっとわたしが歳を重ねていたら解体そのものが億劫になって出来なくなっていたと思います。

無くなると広々しました。

この場所、無自覚&無感覚になっていてスルーしてました。

今気付いて行動できて良かったです。

スポンサーリンク

キャットタワーのダウンサイジング

爪研ぎはするのでもっとサイズの小さいものにダウンサイジングです。

頼んだものはこれ。


キャットタワー 据え置き 肉球ステップ CTLR-50WT (高さ:70cm) キャットタワー シニア 子猫 据え置き 省スペース コンパクト 小型 猫 爪とぎ ストレス解消 おしゃれ かわいい キャットタワー キャットハウス 【D】

”段差が低くて登りやすいので子猫やシニア猫でも楽々登れます、、”と言うキャッチコピーが付いていたのでこちらにしました(あはは)。

段差が辛くなるのは人間も動物もみんな同じっすね。

これなら組み立ても楽そう、不要になっても解体も手間じゃなさそうです。

届いたら地震対策に下に耐震シートを置こうと思っています。

スポンサーリンク

シニア生活に向けて少しずつ暮らしをダウンサイズ

今回は人間のものではなくニャンコ様の物をダウンサイズしましたが、シニア生活に向けて少しずつ持ち物を小さく&減らすことを実践中です。

もともと婚礼家具っぽいものはなかったので助かっていますがそれでも螺鈿のチェストなど手放すのに時間がかかったものがありました。

また、家族の合意形成が得られず断念したものもあります。

シニア生活はあと数十年夫シンジさんと共に作り続ける予定なのでうまく話し合いをしながら双方の合意の上で進められたらベストだな〜と深ーく感じています。

(あ、今回ニャンコに捨てて良いか聞かなかったー!、汗)

居住する市では四月からいよいよゴミの有料化も始まり、大型ゴミの回収料金も値上がりします。

そんな人間の算段もあり本日はニャンコから先にダウンサイジングを実践してもらった次第です。

本日はゆっくりですが着実にシニア生活に足を踏み入れている人間とニャンコの話、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ニャンコに怒られそうなグリコール・グリコでした〜(汗)

追記 小さくなったキャットタワーはこんな感じ

大きなキャットタワーを撤去したら

夫シンジさん”圧迫感がなくなった!”

娘チョコ”部屋が広くなったね〜!”

ニャンコ”$%$…”でしたよ。

ニャンコは夜に遊んでました〜V

コメント