2021年夏服2 家事服はまるで茶系のスティーブジョブス

身に付けるもの

春から秋までロングラン上映の服ですが、真夏の服はかなり絞られてきます。特に家で着る『家事服』はほぼ3っセットのローテーションとなりました。オバハンスティーブジョブスに近づいたでしょうか???

スポンサーリンク

家事服、気温25度を境に天然素材系に変わる

トップスは白Tシャツ、ボトムスは2シーズン目のワイドパンツ になります。

これらが夏に生き残っているのは天然素材系だからです。

自宅では日中28度を超えないとエアコンをつけないこともあり、汗を吸う天然系素材に助けられています。

化繊だと汗でからだににぺったり付くので、天然素材系は今年もヘビロテです。

ユニクロさんのワークパンツ(アクティブジョガーパンツ)はとても便利ですが化繊(ポリエステル)なので25度すぎるとベタついてきて無理。。

こちらは25度以下にならないと穿けないので春・秋用ですね。

気温と服の関係は着る場所でも変わるので調整が大変です。

特に現代の夏は出かけるまでは暑いけれど移動先が冷房が効いてめちゃ寒いパターンもあり、夏なのに羽織りものが必要になるという複雑な季節になりました。

面倒くさいっすね。(汗)

まぁとにかくそんなこんなで25度以上を耐え抜くには天然素材。

今年の家事服のメンツがこちら。↓

茶系のステーブジョブスです。

2021家事服

夏だから涼しげな色を選びたいのですが自分にしっくりくるブルーが探せないので初秋にも使える秋色をです。

今年もボトムスはアップデートなし。

一時『紺』に手を出した時もありましたがなんか学生服と変わらなくて面白味がな〜い、、とやめてしまいました。

赤っぽいですが、色名で言えば『煉瓦色』『海老茶色』『茶色』です。

(余談ですが今時のお店で『海老茶色』と言ったら通じませんでした(汗)。バーガンディって言い直したら通じたという。。おいおい。)

ちなみに昨年度の家事服はこちら↓

あ、タンクは2021年も残ってますね。(描き落としました)

色Tシャツは無くなっています。

スポンサーリンク

家事服用白Tシャツのむつかしさ1 白も寒い白と暖かい白がある

以前はガラものばかりでしたがやっとガラモノから卒業しました。

絶対着れなかった白Tシャツを選べるようになり、迷走オサレからオサレが好きな人にちょっとだけステップアップ♪

白Tシャツに目覚めたものの、あの時はまだ白Tシャツの難しさはわかりませんでした。

白だったら良いだろう的な若葉マークのわたし。。

でも今はちょっとだけわかります。

それは『白の色味』。

寒い青っぽい白とナチュラルで暖かみのある白の違いが身につけて分かってきました。

わたしはイエベのこともあり”なんかしっくりこない白Tシャツは全部寒い感じの白でした。(滝汗)

ドゥクラッセのTシャツはダブルフロントになっていて首回りのリブもなくてすっきりして本当に優秀なのですが如何せん寒い白なのです。

イエベ対応のオフホワイトを作って欲しいです。

実はユニクロさんのコットンロングテールTシャツも同じでした。

寒い系白。

だから本当はこの二つの白は似合わないんです。

唯一成功したのがMUJIさんのボートネックTシャツでした。これはナチュラルな色味の白だったので合格。

家事服の白Tシャツのむつかしさ2 形

オバハンが無地の白Tシャツを着ると体操服っぽくなってしまうのは、襟ぐりの形にあります。

出来れば襟ぐりは細いか、ないほうがオサレ。

今時の流れだとユニクロさんのコットンロングテールTシャツですが、オバハンには何もかもが長い。

特に袖が長くて二折して着ています(汗)。

そうするとぜったい軍配が上がるのがやはりドゥクラッセさんです。

今年はワイド系も展開しているみたいですがラインが綺麗です。

世の中にはもっと色々良いものがあると思います。

私の少ない経験上からの話ですが、コレから世代には個人的にはドゥクラッセさん推しです。

ネックの形もボートネック・ジュエルネック・深すぎないVネック・緩やかなUネックがあるのも良いです。

そしてダブルフロント(前が二枚仕立て)なのが超ポイント高い!

下着が透けないので白Tシャツでも安心して着れますV

ドゥクラッセさんの回し者ではありませんがリピーターとして推しておきます。

スポンサーリンク

家事服、自分のパターンをつくっておくと後が楽

家事服を導入してかなり楽になりました。

何が楽って『毎日何を着ようか?と悩む』事が減ったからです。

そんなことぐらいでへこたれる脳ではないと思っていましたが、こんな些細なことでも脳が疲れるんスよ。

選ぶのが楽しいじゃん♪から選ぶのがめんどい、に転換するコレから世代。(汗)

外で仕事をしない立場なので3セットあれば事足りるのも分かってきました。

例えば晩秋から初春までがゆるスタンドネック とジャンパースカートとパンツのレイヤー、春から初秋までが白Tシャツとワイドパンツ 。

近年このパターンで過ごせています。

パーツを取り換えれば良いだけなので、パターンさえ確定できれば正直楽です。

今年も代わり映えせず昨年とほぼ同じですが徐々に必要なものだけになりつつあります。

おまけに思う事。服への投資、そろそろ使う時間の長さに目を移しても良いのでは?

今までどちらかというと服は『お出かけ服』に投資をしがちでした。

残念ながら未だこの癖は抜けていないです。

けれど今後出かける機会が少なくなるのであれば現実を受け入れ、これからは長い時間付き合う家事服に投資をした方が良いかな、とも思い始めています。

これは『どれだけ自分を知ることが出来るか』に繋がっていきそうです。

今日は夏の家事服について気温との関係や白Tシャツのむつかしさなど裾野が広がってしまいました。

ま、昨年とほぼ変わらずグリコール・グリコは過ごしているんだな〜って事が伝われば良いです。

夏の服はテンション下がるんですよ。。

来年はアッパッパかな?(笑)わかる世代だけがわかるアッパッパ。。。ふふ。

コメント

  1. kaorun より:

    スティーブ・ジョブズ系との表現に大笑い。

    わたくし、そろそろGパン、Tシャツから卒業しなければ
    (なんせもうすぐ還暦)
    と思っていますがなかなか卒業できません。涙

    どうしたもんかなぁ。。。

    スカートとかワイドパンツって、さすがに掃除とかやりづらいですよね~。

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      こんにちは、kaorun様。わたしGパンがおそろしく似合わないので(滝汗)。
      ワイドパンツは掃除全然大丈夫。物によると思いますが、、リラコとか半端丈だと足首とふくらはぎが冷えるのでフルレングスです。
      来年は一緒にアッパッパデビューしますかっ!(笑)
      にしても日本の夏が変わって非常に暑いっすよね。。。