2020年最後の服の見直しをする

片付け

年末思い切って服を全出しして自分が『ときめかない』服を出しました。グリコール・グリコです。

スポンサーリンク

服の見直し、妥協の産物を出す

きっかけは2W前夫シンジさんが自分の冬服を整理していた場面です。

娘チョコが数年前夫シンジさんの誕生日にプレゼントしたビジネス用のショートコート。

一回も袖を通さないのに出していました。

理由はサイズが合わないから。

同じく私と娘とで散々悩んで購入したこれまたビジネス用のベストも出していました。

これまた理由は

”これが着れるような体型にはなりそうもないから”だそうです。

手放す理由は実に明確で合理的。

奴(夫)にはあまり人の思いって関係ないんだな、、と思いました。

服の見直し、私の中で何かがはじけた

理屈では分かっていても家族がプレゼントしてくれたものはなかなか手放せない。

けれど自分が気に入らなければやはり着ない。

ここが私が超えにくいハードルだったのですが、今回夫シンジさんのあまりに容赦ない服の片付け方に逆に

あ、良いんだ、別に。

と分かりました。

誕生日にもらったものの、暖かいのですが重くて肩が凝るコートがあったのです。

あれ、1シーズンしか着てないけれど出しちゃおう。。。

そのコートを筆頭にこのくらいで良いやと妥協したものや、直したけれどどこか気に入らない箇所がある服を抜くことにしました。

手放したもの

色が薄めになっていますが実際はもうちょっと濃い目です。

コートは重い、ノーカラーライダースはセーターを入れ替えたので着られず、右のワンピは夏に冷房除けで慌てて買ったもの、下のガウチョは歩くとシャカシャカ音がしてうるさい、ブラウスは色は良いけど作りが安っぽい。

お迎えしたけれど短慮でお迎えしたものはどこかに不満があるんですよね。。。(泣)

幸い歳の離れた従姉妹とその娘に画像を送ったら”もらうもらう〜♡”と言ってくれたので早速取りに来てもらいました。

いろんな意味でありがとう、さらばです。

スポンサーリンク

服、ときめくときめかない選別も理由を考えるのも大事だった

わたしは「ときめくか否か」の直感ってどうも自分の中ではうーん、、というところがありました。

(理屈っぽいの)

しかし今回はときめかない服の『ときめかないのは何故か』の答え合わせをこころの中ですることでときめかないそれ相当の理由も発見しました。

プレゼントはサプライズより自分の意思を尊重してほしい思い、自分で買ったものはこころのどこかでわたしなんかこの辺で十分なんだと自分を下げる思い。

特に”わたしなんか”は自分を大切にしてないですね。反省。。しょぼん。。

短慮から来る買い物はもうそろそろ卒業して、『なりたい自分』を自分の中ではっきりさせることの重要性を感じました。

そしてモノを手放したと同時に自分がモノに託した思いやモノに現れるマイナス感情を手放したとも言えます。

スポンサーリンク

服、本当にこれが好きなの!と言う服に出会いたい

結構考えて服を買うようになったと自分は思っていましたが、まだまだ等身大の自分とイメージしてる自分は乖離してるんだな、、とも思いました。

本当にこれが好きなの!とビビッと来る服に出会いたいです。

そのためには自分が自分のことをよく理解していないといけませんね。

ここでは冬のアウターの見直しをしています。↓

今回選別に漏れたアウターがまだ1着あるのですが現在保留にしています。

決着がつかなかった。。。

まだ自分の詰めの甘さを分かりつつ、、今年の服の整理は一旦ここで終了にします。

ま、袖を通さなくなったものをザックリ手放したから良しとしようっと。

コメント

  1. もず より:

    グリコさん
    シンジさん、すごいですね。でもそれが真実かも。
    私も今日ファイバーリサイクルに持って行き、グリコさんが教えて下さったダウンリサイクルにもダウンジャンバーを持って行きました。

    母が買ってくれた赤いアラン模様のセーターとダックスのピンクのセーター、父が買ってくれたスプリングコートです。母が買ったのはタグが付いたままでした。父のはワンシーズン着ました。思い出が捨てられなかったのかもしれません。

    最近珍しく欲しいなと思うセーターがありました。しかし、私にはまだタグの付いたセーターがある・・。LIFEのフリートークで江口のりこさんが着ていたブルーのセーターを見た時、私が欲しかったのと似てると思いました。そして、これからずっと母の思い出を消費するために服を着なきゃいけないのかと思うと、何だかおかしいと思いました。

    クリスマスのプレゼント交換で水ようかんや冷やしぜんざいが当たったこともあり(爆)、
    物をため込むことについて改めて考えさせられました。

    シンジさんの考え方は正しいですね。なかなかそうなるまでに時間がかかりますが。
    それにしても「これが着られる体型になることはない。」ってどういうベストなのか
    興味あります(笑)。武田真治みたいなのかしら?

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      こんばんわ、もず様。
      ダックス私たちの親世代の百貨店ブランドですね(笑)、義理母つうさんも大好きです。
      >ずっと母の思い出を消費するために服を着なきゃいけないのかと思うと、何だかおかしいと思いました。
      すごい名言ですね。『思い出を消費するために使わなきゃいけない』ううむ、深い。。。
      もう最近は歳も歳だしプレゼント交換もやめました。
      思いの押し付けになっちゃいますもんね。
      プレゼント交換事件はまさかの貰い事故でしたね、、(滝汗)。
      私もプレゼントセンスが無いので気をつけようっと。(でも人に差し上げたい気持ちはあるのです)
      どう言うベストかと質問するところがスマートですね。(笑)
      腹囲がすっきりしているベストです、わはは。
      男物、身長と体重&ズボンの腰回りサイズが分かっていればOKと思ったのですが、意外に腹囲のサイズが重要でした。
      学びましたよ〜。