古い情報を捨てる。固定電話のアドレス帳を整理 暮らしの見直し第4期-17

片付け

庭の杏子も咲き出しました。春めいて義理母つうさんもヘアカットに行きたいと床屋さんの電話番号を探していました。

スポンサーリンク

固定電話のアドレス帳、案外古いモノが残っていた

普段用事がある所の電話番号は固定電話のアドレス帳に登録されています。

今回義理母つうさんが床屋さん(お顔剃りをしてもらうので床屋さんです)に予約の電話を入れようと、固定電話のアドレス帳をポチポチ押していたのですが、なかなか床屋さんの名前までたどり着かなくて困っていました。

モノは空間を圧迫するのでわかりやすいですが、『データの情報』は目視してわかりにくいので溜まりがちです。

引っ越してからずっと固定電話のアドレス帳登録は中身が増えるばかりで見直しを忘れていました。

そこで今回、固定電話のアドレス帳を整理することにしました。

スポンサーリンク

固定電話のアドレス帳、福祉関係で使わなくなった情報が多かった

固定電話内のアドレス帳は一回登録しておけば、ナンバーディスプレイでどこからかかってきたか確認できることもあり、あっという間に福祉関係の電話番号が増えました。

介護度が変わるたびに関係する人・場所も変化するので情報が溜まる一方でした。

でも実際は固定電話内を整理する所までは頭が回っていませんでした。

ま、いっか。

私が使う分にはそう不便を感じない量なのですが、義理母つうさんにはアドレス帳を一つひとつ押して探していくのはちょっと不便。

利用者によって使い勝手が変わることがわかったので、ここで見直しです。

介護度も上がって包括から離れたこともあり、要支援の時の包括センターの電話番号、包括のケアマネさんの電話番号、今は通所していないディサービスの電話番号がなど一つひとつ削除です。

こういうものって結構溜まりがちですね。

必要度が低い電話番号も削除

ナンバーディスプレイだから入れておけばいいものもあったのですが、相手からも固定電話にかけてこない&自分からも絶対に電話はしないだろうという電話番号は削除しました。

具体的に言えば義理父が亡くなったことで疎遠になった婚家の親戚、利用することがなくなったお店の電話番号などです。

スポンサーリンク

スマホの中もちょこっと整理、アプリが増えた

良い機会なので自分のスマホの中も整理し、閉店したお店(泣)や通わなくなった病院のアドレスを削除しました。

アプリがちょっと増えたので、アプリの位置など使いやすいように動かしたりしました。

古い情報の見直しは必要

生きていると自分に必要な情報は日々変わっていきます。

電話番号も名刺も以前は必要だったものも、もう必要が無くなる時期がきます。

今回は床屋さんの電話番号を検索しにくかった事が情報の見直しの良い機会になりました。

こうしたちょっとしたきっかけで、小さな事柄が整理ができるといいんだなぁ〜と感じましたグリコール・グリコです。

小さな片付けはここでもコツコツ↓。

書類の見直しもポツポツと。↓

コメント