街に出て”ニューノーマル”を実感した

コロナと暮らし

週一回のスーパーくらいしか外に出なかったグリコール・グリコです。。街に出て”ニューノーマル”の暮らしを実感しました。。

スポンサーリンク

ニューノーマル、新しい生活様式

実際にどういうところがどんな感じで取り入れているのでしょう?

いつも月一回『お顔剃り』に行っているのですが、この『コロナ禍』で数ヶ月ぶりです。

オバハン、口元にうっすらヒゲが、、、(汗)

で、予約していつもの理容室に恐る恐る行って来ました。

(ヘアカットよりヒゲ剃りが優先のオバハンっていったい。。)

スポンサーリンク

理容室のニューノーマルはこんな感じ!

スーパーの入り口にアルコール(またはそれに準じた除菌グッツ)が置かれているのはもはや常識。

理容室ももちろん入り口は開きっぱなし、まずはお店に入るとアルコールで手を消毒です。

分かっていたつもりだけど驚いたのが検温。

非接触型の体温計で検温されました。(入手に時間が掛かったそうです)

コロナ対策表示

検温結果をノートにメモメモ。

もしなんかあった時にすぐ後が追える様にしていました。

お話を伺ったら、こんな時なんで『ご新規さんは受け付けない様にしているんです』との事。

徹底しています。

そしてなんと!スタッフの今日の体温まで公開していました。

スタッフの体温公開

安心・安全の可視化、大切ですね。

もちろん、施術をする時はフェイスシールドもされていましたよ。

また、新しく店内の壁にアルコール噴霧器も取り付けていました。

もう、思いつく限りのコロナ対策はしまくっている、、最強な理容室でした。

ああ、コロナよ、対面業務はここまでしないといけないのか。。。(泣)

スポンサーリンク

パン屋さんはむき出しから個包装へ

足を伸ばした小売りのパン屋さんは当たり前ですがもちろん全てのパンが個包装になっていました。

なんせ行っていなかったから分からなーい。

まるで浦島太郎感覚です。

キャッシュレス導入が進む

お金を触らなくて良い様に、以前にも増してキャッシュレス決済が進んでいました。

〇〇PAYだと、お互いに安心ですね。

スポンサーリンク

ニューノーマルはどこに行ってもシールドだらけ

どこでも透明なシートで仕切られていてよく短時間で揃えたなぁ、、と思います。

間に合わせの厚手のシートがつる下がっている場面が多かったですが、コレが常態化すれば本格的に衝立に変化するのかな、と思います。

更にそのうち治安悪化に備え、『防弾系』の叩いても殴っても割れないシールドに変化するんでしょうか。

ニューノーマルが浸透化する社会

変化した社会を覗いたのは今日が初日。今後も”えーこうなってるのか!”と驚きの連続になると思います。

学校も6月から始まるので、学校現場も学童も引き続き大変そうです。

コロナを撲滅ではなくコロナと共存。

バイキンをスタンプで可視化して消えるまで石鹸で手洗い。なるほどねぇ。。

こういう時こそ楽しく衛生について学べると良いですね。

なんか短時間で社会が変わってしまいましたが、どんな時にも知恵で乗り切る人間のたくましさも感じました。

びっくりだよ!

新しい生活様式についてはここでも。↓

コメント

  1. まるたけ より:

    私にとっても色々とびっくりすることだらけです。でも、なんだか安心感が
    ありますね、その理容室。フェイスシールドは特にいいわ~。
    私はまだ美容室を予約していません。カットして染めてだと2時間かかると言われ、
    なんだか面倒になるばかり。

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      こんにちは、まるたけ様。
      理容室(床屋さん)は美容室より己に対する基準がストイックみたいでした。
      私の在住の県(神奈川)は各業界でコロナ対策基準を選定し、それを満たしているお店にこれから認定証かマークを配布。
      安心安全の見える化を図りコロナとの共存生活を実践していく、、と知事が言っていました。
      迎えるお店の努力が報われる様に、お客さんとしていく側もきっちり対策をしないと申し訳ないな、と思いました。
      私もまだ髪の毛はカットしていませんよ〜。