MENU
記録の遡りはこちらから

iNSPiCを使ってみた スマホから簡単印刷シール

iNSPiCってご存知ですか?Canonが出しているお気楽極小モバイルプリンターです。スマホから写真を送信して簡単にシールを作るシール版チェキみたいなものってイメージしてみて下さい。

(スポンサーリンク)

目次

iNSPiC  Bluetoothで繋げて写真シールをお手軽に作るモバイルプリンター

iNSPiC(インスピック)、わたしは全く知らなかったのですが小さな写真を印刷するモバイルプリンターです。

世の中進化してる!

重さは約160グラムほど。軽いです。

大きさはB6より小さくスマホっぽいです。

印刷する紙の大きさは7×5センチと小ぶり。

印刷に使う写真用紙はもともと紙にインクが染み込んでいるZINK方式というものだそうです。

ZINK方式とは(Zero Ink)という専用の感熱紙を用いた技術のこと。紙面の層内には結晶したCMY(シアン・マゼンタ・イエロー)のインクが配合されている。それをマイクロパルスで加熱すると結晶が融解し、発色するという仕組み。

ASCII.JP PoGo、ポラロイド発の超小型フォトプリンター実力検証記事より引用抜粋

プリンターって家庭用プリンター(重箱タイプ)を想像しがちなシニアなので”え?これで印刷出来るの?”って素直に驚きました。

iNSPiC どうやって使うの?

あらかじめインスピックの本体に専用の写真用紙を入れておきます。

インスピックの脇のスイッチを入れてBluetoothで接続です。

スマホの写真アルバムから好きな写真を選んでコラージュもできます。

インスピック使い方1

画像を選んで送信します。

スマホからダイレクトに写真を飛ばせ、印刷出来るのがインスピックの魅力です。

インスピック使い方2
インスピック使い方3
インスピック使い方4

チェキのシール版と考えていいでしょう。

本体も小さめなのでその場で撮ってその場で印刷OK牧場。

スマホと一緒に持ち歩ける軽さなので仲間内で集まってワイワイ(コロナで難しいけど)使えるのが良いですね。

(スポンサーリンク)

iNSPiC(インスピック)マメに手帳を書く人やちょっと記録を録りたい人、デコりたい人にオススメ

たとえば

手帳にその時の写真を添付して傍に文を書いて残したい。

料理の記録を速攻で貼って残したい。

コレクションを写真を撮ってみやすく整理をしたい。

孫の写真を貼って楽しみたい。

或いはもともと手帳自体をデコりたい欲求がある人におすすめです。

写真を貼りたいけれど、プリンターで出すのは面倒、でもデコりたい、そんなアナログ派の人におすすめなのがインスピックです。

娘チョコも私もセンスがなくて(滝汗)手帳をデコったりするのは超苦手です。

そんな娘ですが今回インスピックを買ったのは鉱物コレクションを一つのノートに分かりやすくまとめたかったから、、だそうです。(笑)

丁度我が家のニャンコの様子を保護主さんに報告する事を怠っていたので、デモンストレーションも兼ねてインスピックを使って小さなアルバムを作成しました。

女子力を120%捻り出してもこの程度なんですけど、、(滝汗)

と言いながらもなんとかミニアルバムを作ってくれました。

シールになっているのですぐ貼れるところがポイント高いです!

アナログで写真を貼ると、写真用の糊を買ったりその糊があちこちついたりで不器用な人間にははマジ勘弁な案件ですがシールならお気楽です。

今はデジタルで写真集も作れちゃう時代でもありますが、ちょっとしたスナップをちょこっと貼りたいと言う時にはこのインスピックは便利。

わたしはお茶の道具をカード形式にまとめて憧れの茶箱組みに活かせないかな?と思っています。

持っているお茶の道具の写真をインスピックで出してカード形式にしておけば、今回はこのテーマで古帛紗はこれで、お棗はこっちで、とカードを見ながら妄想が広がりそう♡(まぁ言うほどお道具は持っていないのですが)

(スポンサーリンク)

iNSPiC(インスピック)メリット

・軽くて薄いので持ち運びができる

・Bluetoothでスマホと簡単接続

面倒な設定がほぼないのでシニアでも使える(コレ重要)

・縁なし写真がすぐに印刷出来る

・シール状なので貼ることに特化している(靴箱に貼って靴の整理に使ってるというレビューあり、なるほど!)

・写真に書き込みやスタンプも出来る

iNSPiC(インスピック)デメリット

今の高画質に目が慣れているとやや画像が荒いかな?と感じるかもしれません。

あえてちょっとレトロ感を狙うのでしたら良いと思います。

あと感熱タイプなので熱に弱いとのこと。耐水性はそこそこあります。

7×5とサイズはコンパクトなのででかいサイズが欲しい方は不満かも。

インクが不要な分、紙にお値段がかかっています。

50枚入りで通常価格で一枚あたり約43円ほどになります。

プリンターは運べる時代へ、、ってどんだけ進化するの?シニアおののく、、

なんか重箱プリンターに支配されていたのでモバイルプリンターがあることにビックラぽんのシニアです。

デジタルは加速度を上げて進むので、板一枚(スマホ)でなんでも出来るって逆に怖い世の中になってきました。

シニア慄きまくりです。(笑)

でもデジタルとアナログの中間点的なモノも出て家電も多様性の時代だな〜って思いました。

本日はモバイルプリンターiNSPiCを使ってみたお話を改訂して紹介してみました。

お茶のお道具管理に使いたい!

シニアでも使えるモバイルプリンターがあるんだ〜と知ったグリコール・グリコでした♪

さ、参加してたりします。。

PVアクセスランキング にほんブログ村 50からのコンパクトな暮らし - にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次