衝動買いが減ったのは自己中の思いの宛先を断捨離したから。

こころ

衝動買いが減りました。
”でも、なんで衝動買いが少なくなったのかな〜”とつらつら考えていたら、
思い出した事が有りました。

最近はでかけてもほぼモノを買わなくなったグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

自分の中に眠っていた血脈に気付く私。

振り返ってみると実母は自分のファミリーが一番の人でその家族に対する思いは”ゴッドファーザー”並み。
情が熱いのはいいのだけど、その熱さ松岡修造。

思春期に入り実母の思いが懐疑的に

父との関係が上手くいっていない分私への気持ちの比重は大きかった。
本人は”愛情”と信じて疑わなかったけれど、、、。

”ありがたいけど、これってひょっとして愛情じゃなくて執着じゃね?
当時TVドラマのワンシーンで
(”かあさんの愛は愛情なんかじゃない!只の執着だ!”と叫ぶ三浦友和?の台詞が痛く心に響いていた。)
”いや、ひょっとしてじゃなくて確信犯的に執着じゃねーの!?”
”その気持ち、ありがたいけど、重たい、、”
”。。。でも家族の事は私がなんとかしないと、、”(私が!という長女気質)

母親に対して家族に対して複雑な気持ちが交錯しはじめた思春期、母の爆弾的な『それ』が私の手元にやってきた。

マジ、ありえないんだけど?

『それ』をたまたま友達と見て”これないよねーありえない〜どんな人が買うのかねー(笑)”と嘲笑しながら帰宅した。

『それ』

数日後まさか『それ』と遭遇するとは、、、、

”ぐりちゃん♪服買っておいたよ♪”
”え〜どんな?”
”これ!”
と、実母が自信満々に出して来たアウター、、
それはまさしく過日私と友達が”これはさすがにないやろ〜!”とジャッジを下した
件の『それ』だった。。。。


いまでも鮮明に覚えているがすごい奇抜なトレーナーっぽい地の半袖シャツ。
胴の部分〜後ろにかけてドドーンとプリント。
カメレオンならまだ分る、そうじゃなくて目が大きいなんとメガネザルのプリント

目の部分にライトストーンがついてる、ディープインパクトなアウター。。。。

コレが本当の”ありがた迷惑”
”あ、ありがとう。。。(滝汗)”というのが精一杯。
(これはさすがに着れないやろ〜滝汗ドドド、、お母さんのセンス、時に疑うよ、てか、どうすれば????)
でもプレゼントした母はご満悦。
だって思いの宛先は私だし、私に喜んで(うけて?)貰いたかったからに違いないから。。。
いらないなんて口が裂けても言えなかったぜ。。。
いらないって言ったらどういうことになるかすっごく分っていたから。。。
(不機嫌になる、怒る、しばらく口をきかなくなる、、等々)

思いの宛先は家族、、

動機は相手の喜ぶ顔が見たい、その一心。
凄く分る、私にも母から引き継いだその血が脈々と引き継がれているから。

そんな母にはなるまいと思っていたけれどやっぱり思いの宛先は家族にあって買い物に出かけては、あ、これチョコに合いそう、あ、これシンジさんにどうかな?
本人の意向を汲まず、自分軸でモノを選んで衝動買いをしていた事が多かった。

更に、ちょっとでも気に入った様子が見受けられないと勝手に不機嫌になっていた私。(全く同じパターンをしていた)

気付きはある日突然に。娘の断捨離した服を見て実母と同じ自分を発見

この数年でチョコが断捨離で出した服。

それは私がチョコに良かれと押し付けたモノたちだ。

あ、私あの時の母と同じ事をしていたんだ!
うひょ〜イタイ、まさかの踏襲。

それからやっと
”私の思いの宛先アドレス帳”から娘チョコと夫シンジさんを消した。

モノを買って、喜んでもらう事を止めた瞬間である。
モノをあげて喜ぶ姿を見る、それは一番近道で安易な達成感が得られる。
けれど貰う方としては複雑なんだ。

それを一番知っているのは自分のはずなのに。

(自分の経験からもプレゼントしたい人のストライクゾーンに的中する事はあまりないから。。。)

そんな自分のエゴがわかって無駄な衝動買いがなくなる

そんなこともあり、最近は買い物に出かけても、人のものは買わなくなりました。

コレは喜びそう、、という思いが一瞬よぎるものの、いやいや、選ぶのは本人、私の好みを押し付けるのは良く無いと手に取るものをそっと置く事多し。

で、衝動買いも無くなったのです。

まとめのつぶやき

モノを減らして、『買い物をする視線はどこからきていたのかな』と考えたら
私も実母と同じ行動をしていたことが判明。(滝汗)

いつの間にか同じことを、、

それに気付いたので、”本当ににそこから卒業する、家族を眞に尊重出来る自分にやっとなりました。”
という気付きの話でやんしたー。

コメント

  1. kaorun より:

    このお話、前に聞いたことある気がする。

    イラストに起こしていただくと「ひえ~~~」感が伝わります。
    お友達には見つかりませんでしたか?

    私は高校生の時私服をどうやっていたのか覚えていないほど服を持っていませんでした。
    全部制服で事足りたので。

    娘達も全部バイトして自分で買ってました。
    それはそれで冷たい親たちですよね。。。

    確かに受け継がれている……。

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      こんにちは、kaorun様。
      今やっとショートステイの荷物チェックが済みました。。。あ〜疲れた。。
      そう、以前アップした話の焼き直しなんですが、いかにすごいTシャツであったか伝えたくて、、
      私史上最強、、(滝汗)。もちろん外に着て歩ける訳もなく。。。。
      いや、kaorun様は冷たい親ではなく子供や夫との距離感やバランスがとれる賢い人なんだと思います。
      そしてスマートかつ真の愛情を注ぐ子育てをされていたのだと。
      私は色々歪んでるから矯正するのが大変で、、、

  2. もず より:

    グリコさん

    こんばんは。明日から藪入りなのですね!気候もいいし楽しんで下さいね。

    私もこれかー、とイラスト見て思いました。洗濯、大変そう(笑)。

    うちも父との関係がうまくいってなかったので、私に色々買ってくれて大変でした。

    私は確かにスヌーピーが好きです。しかし二十歳過ぎた大人にスヌーピーのトレーナーは無いだろうと思ったものです。子供の趣味が変化することに気が付かないんだろうなと今気が付きました。

    あと親が年を取っていたので、感覚が違う部分もあったのかなと今思います。

    自身の物欲は無くなったのですが、買い物って楽しい部分もあるので気を付けてます。

    親戚に双子が生まれ、いつも行くオリーブオイルのお店でオーガニックコットンのニギニギ?を見つけてしまいました。ラッピングされたものを見て気が付いたのですが、赤ちゃんの物って同じものが二つになると可愛さが2倍ではなく2乗でした。

    双方のばあば(と言ってもひとりは私より若い(笑))が「服は全部お揃いにしちゃったー。」と嬉しそうに言う気持ちがわかりました。ベビー用品売り場には行きませんが、思わぬところに子供向けってあるので、迷惑にならないように衝動買いに気を付けようとグリコさんのブログを見ながら思いました。
    特にベビー関係は私にとっては未知の物なので使い勝手とかわからないから、衝動買いになりがちだと気が付きました。ありがとうございます!

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      おはようございます。もず様。
      わぁ〜なんかすごく置かれていた環境が似てますね。親が歳を取っているって色々年代差がありますよね、、
      私、幼稚園の時”『青』を塗りましょう”と言われて一人”みどり”塗ってましたもん。
      親世代(大正)はあお=みどりでもあるんですよね〜とほほ。
      お祝いの気持ちは『お金』でどうでしょう?お祝いをあげたい気持ち、私にもありますので捨ててもイイ消費してポイできる物にしています。
      センスがないのでそれを探すのがまた大変なんですが、、、(汗)