まな板に汚れがつかないシートを買ってみる、使ってみる

暮らしの道具

そろそろ梅雨の走り、、雨が続くようになってきました。梅雨時から夏はキッチンツールの衛生面が気になるところ。まな板に汚れがつかないシートを買ってみました。

スポンサーリンク

まな板、木のものとポリエチレン素材のものを使い分け

包丁のあたりはやっぱり木の素材のまな板が好き。

けれど使っていくとだんだん包丁の跡がつくし、野菜の色も付く。

特に嫌なのがカットする時の肉とか魚の匂い移りです。

それが嫌でポリエチレン素材のまな板と使い分けをしていました。

けれどポリエチレン素材のまな板も使っていくうちに包丁跡が付いてしまうのでこれからの季節ちょっと食中毒とか心配だな、、と思っていました。

もっと簡単にストレスなくまな板使えないものか。

まな板シートなるものを発見

以前からロールのカットタイプはドラッグストアで見かけていたのです。

便利そうなんですが、ビニールなんですよね。

環境にどうなんだろうとちょっとためらってしまいました。

丁度生活クラブで『まな板に汚れがつかないシート』というものが出ていたので注文してみました。

まな板に汚れがつかないシートはろう引き紙

幅29センチ×20センチのろう引き紙でした。

まな板に汚れがつかないシート
まな板に汚れがつかないシート

ワックスペーパーってことかぁ。。

まな板に汚れがつかないシート2

50枚入っていましたよ。

ケース毎まな板と一緒に置くことにしました。

ろう引き紙なので耐熱温度は低いです。

まな板に汚れがつかないシート3

安心の日本製です。

使い捨てですが、これからの季節を考えるとこのシートを載せてまな板で食材を切る時、安心感が増します。

スポンサーリンク

クッキングシートで代用出来ない?と思うがシートが丸まっていると広げるのに手間

ろう引き紙とわかって”そうかぁ〜ろう引き紙ならいっそのことMUJIのクッキングシートで良くない?”と出してみました。

MUJIさんのクッキングシートはシリコン加工耐油紙。

素材が違うんですね。

生の食材を切るのに使うにはやや用途違いかなとも思えます。

(※耐熱温度はオーブンで220度以上・電子レンジ150度以上での使用は不可、まぁ切るだけなら加熱しないので大丈夫ですけど)

決定的な違いは形状です。

ロール状のものって意外と使いにくい。

シートが丸まるのでひっくり返して丸まらないようにしたり、それを押さえながら食材を切ったりは割とストレスです。

やはり一枚毎に真っ直ぐ広がっている方が使いやすいんだなって分かりました。

まな板に汚れがつきにくいシート4

防汚だけではなくワックスペーパーとしても使えるので用途は広がりそうです。

スポンサーリンク

まな板に汚れがつかないシートを使ってみて

早速鶏胸肉を切るのに使用してみました。

実際のところ包丁の切れ目はシートにも入ります。(わたしが包丁をギコギコするから、汗)

ただそっとはずしてそのまま捨てればいいので、シート無しと比べたらまな板洗いが断然楽になりました。

特に魚とか調理する時はまな板への匂い移りを気にしないで済むので凄く嬉しいです。

これからの季節、衛生面でもこの使い捨てシートは良いなぁと感じました。

梅雨時期に入るとキッチン周りの衛生が気になる季節

コロナも嫌ですが食中毒も嫌です。

この季節大丈夫だろうと思っていてもあっという間に雑菌が繁殖しやすい時期。

特にわたしはお腹が弱いのでこれからの季節は人一倍神経質になりがちでもあります。

こういうもので少しでも自分を安心させたいグリコール・グリコ、食中毒予防にもまな板シートいかがですか?

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

最近買い物が地味です!

コメント

  1. ブラン より:

    私は木のまな板を使っているのですが、肉系のものを切る時には牛乳パックを解いたものを使っています。
    カスピ海ヨーグルトを使っているのと毎日1回はカフェオレを飲むので結構牛乳パック貯まります。
    勿論資源ゴミとして有効利用する中から数枚ストックして使っています。

    お刺身を切る時だけは汚れ覚悟でまな板でスゥ〜っと切っています。
    これだけはまな板でないと感触が悪くて何だかダメです。

    グリコさん素敵な自分ケアの時間にあった手や指って大事ですよね。
    台所仕事してたらネイルは落ちるしで今ひとつ忘れていた感があった私も反省しました。
    寝る前にゆっくり1日のお疲れ様の労りを手指にも伝えよう!って。

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      おはようございます、ブラン様。返信がおそくなってごめんなさい。
      牛乳パックや中がアルミのパック、私も使う時があります。
      ただストック場所が違うので撮りに行くのがめんどくて、あはは。乾いたらまな板の横に置いておくのもアリだな、と読んで思いました。
      ありがとうございます。
      そそ、まな板に当たる感覚って結構大切なんですよね〜わかりみです。
      私は『手指』も道具の一つで、やっぱり直の感覚が好きなんです。守るのも大切なんだけど感覚の方が勝る感じ。
      だからもう手はボロボロ労働者の手になります。
      ネイル、憧れだけど似合わないのが辛い。そして爪を伸ばせない(伸びるとなんか気持ち悪い)タイプ。
      まぁせめて自分ケアの自己満足でお手手よしよししようと思っています。
      ブラン様のお手手は毎日のピアノレッスンやお食事作りで大活躍、ゆっくりゆったり素敵なお手手をいとうことができるといいですね。
      またこっそり聞かせて下さいピアノ♪実は楽しみだったりする〜うふふ。