にゃんこのこと

にゃんことの暮らし

ちょっと、ブログ更新の間が空きました。

こんにちは、グリコール・グリコです。

義理母がショートに行っているうちにやっておきたい事柄がいくつかありました。

その一つがにゃんこの通院です。

やっと通える範囲のところに「猫の専門病院」が出来たので、そちらに通院してみました。

家族の健康のことは何をおいても第一です。

それはにゃんこも同じです。

スポンサーリンク

至って元気なにゃんこ、けれど食が細ることが、、

以前から歯周病があったにゃんこです。一昨年冬のにゃんこハウスを洗った時にそこからポロリと牙が出てきた時はびっくりしました。

首輪に引っ掛かって取れてしまったのかも?と歯周病との関係をあまり深く考えていませんでした。

年一回の健康診断の時にも、歯周病に関してはもう少し様子を見て、、と経過観察が続いていました。

年に何回かご飯を食べなくなるとステロイドでの対処法でしのいでいました。

今年もその波がやってきた、ご飯を食べない、、

食の好みも変わるにゃんこです。

お口が痛いのかも、、と考えるとともに嗜好が変化したかも、、とフードをいくつか変えてみたものの、今ひとつ食べません。

食いつきは最初だけでどれもヒットしませんでした。

やはりお口が痛いのか。。

ご飯を食べないと体力低下につながります。

また、先代ニャンコのリンパ腫が見つかったのが『食欲低下』だった事もあり、すごく焦りました。

歯科治療に踏み切る

お口を見て頂くと、やはり歯科治療をした方が良い段階に進んでいることがわかりました。

食べたいのに食べられない、これは体力がなくなってしまう、体力がなくなると手術ができなくなるので、速攻全身麻酔での歯科治療に踏み切りました。

仰天。既に15本を欠歯していたにゃんこ、、更に7本を抜歯。

前の日に予約を入れ、予約時間の11時に引き渡しました。

お迎えはその日の18時30分。

先生から手術前の血液検査の結果を聞いて特に異常がないことを再確認しました。

先代と違って体は丈夫そうです。

結果から言うと、、既に15本歯が無くなっていました。

えええーー!

元々歯がない子もいるそうです。

時々カリカリを噛むときに痛そうにしていたので、徐々に粉砕して行ったのかも。。

破歯細胞性吸収病巣(虫歯のようなもの)もあり、歯が溶けかかっていたところもありました。。(泣)

そして7本抜歯。

残っている歯は上の牙が二本とあと数本になりました。とほほ。

戻ってきたにゃんこは当たり前だけどしょんぼり

抜歯、残っている歯のスケーリング、ポリッシング、抗生剤の注入、注射、全身麻酔のための点滴、気道確保のカテーテル、、なんだかありとあらゆることを眠っている間にされて、戻ってきたにゃんこはしょんぼりしていました。

まぁ、通院すると何時ものことなのですが。。

点滴のために右前足の毛がプードルのように3センチ幅で剃られていて、それが痛々しかったです。

歯がスースーになってけれど、ご飯は食べられるようになる

その日は一晩絶食で、翌日から少しずつの食事が始まりました。

様子見の食事でしたが、お腹が空いていたこともあって特に問題もなく、カリカリも食べられるようになりました。

逆に今まで食べていたウエットを全く食べなくなりました。

ウエットのご飯はお口が痛かったからしょうがなく食べていたのかもしれません。。

帰宅後は毛剃りされた右前足を盛んに舐めていたのですが、数日経つともう気にならなくなったのか、いつも通りです。

お口をかばう仕草も無くなり、何時ものにゃんこに戻りました。

一時漁港のような口臭でしたが、歯科治療をしてからは臭いません。

やっぱり腐臭はお口からだったか、、、

とにかくにゃんこが『ご飯が食べられてお通じがあるいつもの暮らし』に戻ったことが嬉しいです。

ちなみに、かかった費用は人間が保険適用外で被せ物を1本するくらいの値段でした。。(びっくり)

いざとなると治療費はかかるけれど、命を引き受けた以上は良いということはする

昔飼っていた先代のにゃんこやわんこはそれぞれご長寿であまり病気とは無縁でした。

フードも今のような総合栄養食ではなかったものの、それなりに天寿を全うできたんですよね。

しかし現在、生き物と同居をすると思った以上に色々な病気に出くわします。

3代目にゃんこがまさかのリンパ腫で抗ガン治療も虚しくあっという間に亡くなったのは私の中で一番の痛手です。

今回は内臓系の問題ではなく口腔内の問題でことなきを得ましたが、これから高齢になるにつれ、色々な問題に直面しそうです。

けれど『この子』と家族になって命を引き受けた以上これからも良いと言われることはやっていきたいと思っています。

抱っこもお膝にゃんこもしないビビリ君ですがやっぱり家族です。

結局家族に思うところはすごくシンプルで「健康第一」。

これに尽きると思います。。

コメント

  1. もず より:

    グリコさん

    心配しました。ご家族に何か?と思ったのですが、やはりそうでしたか。
    でもにゃんこちゃん、元気になって何よりです。
    うちは母が認知症だったので痛感しましたが、言葉をしゃべらない存在は
    とにかく、一番に気を使う存在だと思いました。子供と動物は私にとっては
    色んな意味で同じくくりです。(自分で訴えない。急変する。)
    何と言っても家族ですよね。

    とにかくご飯食べてくれてよかったです!

    グリコさんもお疲れさまでした。

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      コンバンワ、もず様。この頃リコメが遅くてすみません、、ホント、、ごめんなさい。
      ちょっとにゃんこに緊急事態で、最初今週の予約だったのですが、どんどん食べなくなっていったので急遽変更しての歯科治療でした。
      (その後私が寝込むことになるのですが、、それはまた)そうですよね、自分で人間の言葉を喋って訴えるわけではないので(猫語では文句を言っていたと思います)無い気を使います、、(汗)。。
      もうね、3代目にゃんこがリンパ腫で早逝したので、食欲がない!ということがすごい重圧でして、、でもお口をさっぱりさせたらご飯もパクパクで、安心しました。
      ビビリで繊細な?にゃんこですが根っこは丈夫そうで安心しました。うちにきて今年で丸6年来年はシニア枠に突入ですが長生きできそうです。もず様、ありがとうございます。

  2. ほおじろ より:

    「猫の専門病院」はこちらでは見かけませんが、
    お近くに開業されてよかったですねぇ。

    かわいそうに、7本も抜歯とは、そして残った歯が少しとは・・・。
    猫は、歯が少なくなると、どんなご飯をと思っていましたが、
    カリカリのえさが食べられるようになったとか・・
    よかったですねぇ。
    口臭の原因が、内臓でなくてよかったねぇ。

    ワンコの抜歯も点滴をするので、少しお高いですが、
    ペットも家族ですので健康が一番。

    言葉を話すことができなくても、目や鳴き声で訴えていますし、
    家族に癒しを与えてくれる、かけがえのない大切な存在、
    我が家の2代目のワンコは まだ若いので心配ないですが、
    7歳ぐらいから 心臓病が出ると聞いていますので覚悟かなぁ・・、

    1代目の晩年には 毎月諭吉さん2枚の予算がいりましたので、
    今から2代目の医療費も、1代目の予算のままで残りは貯金。

    病気にならない丈夫な体を作ることが一番ですが、
    遺伝的な体質もあり、年老いてから出てくる、病気は仕方がないですねぇ。

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      コンバンワ、ほおじろ様。
      猫の専門病院、珍しいんです。通える範囲のところに開院したのを発見した時は小躍りしました。(でも専門だけにちょっとお高めです)
      命はプライスレスなのでお金のことは言ってられませんよね〜。
      うちはにゃんこ基金が創設されているので(スポンサーは義理母様)今のところペットの保険に入らなくても良さそうです。
      お口は残っている歯がそのうちまた抜歯になるだろうということは見えてくるのですが、後2〜3年は持つかなぁと考えています。(甘いかな?)
      フードが手作りのものを食べているベルちゃん、その方が歯石もつきにくく結果的に健康につながると思います。(ほおじろママは大変だけれど、、)
      とりあえず命を引き受けたからには、責任を持って対処して行きたいです。でもコレはみんな同じ気持ちですよね、きっと。

  3. achi より:

    にゃんこ、お口すこやかになって美味しくご飯食べれますねぃ
    そそ!生きるものすべて健康が第一なりでふ!しみじみ思いまふ
    グリコ様も気張らずに、手抜きできるとこは沢山抜きぬきしてつかあさい
    私は抜きすぎでふ

    • グリコール・グリコ グリコール・グリコ より:

      ですよね〜コンバンワachi様。
      急に秋になりましたね。
      まさかにゃんこのお口が早々にこんなことになるとは思っていませんでした、、
      帰ってきた時は心がボッキボキに折れていましたが、今ではすっかりいつもの通りです。
      でも私がそばに行くといつ拉致られるかとびびって身を固くします、、(ションボリ)
      はい、もう気張れません、トイレで気張ってばかりで脱力しています。。。
      にゃんこ騒動後わが身にも災難が降りかかるのですが、、もう腹が安倍晋三です。(泣)
      なんのこっちゃですよね、そのうち書きまーす。
      本当に健康第一だよー!(身をもって知る)

error:Content is protected !!