婚家に忖度していた自分を捨てる キッチンカウンターの整理 暮らしの見直し第4期-41

片付け

繊細でも敏感でもない私ですが、義理母つうさんと暮らしていると、それなりに気を遣ってしまうところがあります。しかしキッチン周りや道具はもう義理母つうさんは使用しないので思い切ることにしました。

スポンサーリンク

義理親と同居、最初は環境の変化でとまどわないようにしていた

義理親と同居をして足掛け九年目にそろそろ突入します。

最初のうちは転居で環境ががらりと変化したので、今までの暮らしの名残があるものは結構残しておきました。

足掛け九年間の間には義理父が亡くなったり、義理母つうさんが脳梗塞になったり、心臓にペースメーカーを入れたりとまぁ色々ありました。

なんだかんだ言ってもう九年目。

キッチンカウンターの中に残しておいた婚家のものやうっすら残っているガラクタを眺めていたらなんだかムラムラっと婚家に忖度する自分を捨てたくなりました。

なんたって

ここは、私のウチだ。私の好きなようにする。

スポンサーリンク

キッチンカウンターまだガラクタがある

まず箸置き入れの中にある要らないものを出しました。

箸置きはコレクション癖がある私が旅行の際集めたものなんですが、、婚家のものも混じっています。

そして買ったものの使用しなかった福祉道具などが入っていました。

その他正真正銘のガラクタも。

キッチンカウンターの不要物

今まで義理母つうさんに悪いかな〜と思って抜かなかった箸置き、福祉用具を処分します。

なんかに使えるかな?と取っておいた水引の小物も処分。

義理母つうさんが買ったものの一回も使っていない木のスプーン

義理母つうさんは生活クラブ(福祉クラブ)のカタログからモノを購入するのが好き。

このリゾットスプーンも6セットも購入してくれたのですが、結局使わず。

本人ももう存在自体を忘れていると思います。

未使用スプーン

これは毎度お馴染みのNPOショップへ寄付です。

私は使わないもん。

スポンサーリンク

捨て時がわからなかったへぼくなった箸

箸、塗りがはげたりすると交換していたのですが、イマイチどんなタイミングで捨てればいいかわからず、そのままカトラリーエリアに布に包んでおいてありました。

残しておいた自分がなんだか猛烈に嫌になって捨て。

使わない塗りの剥げた箸

捨てれば全然なんてこたぁないモノなのですが、、、

三年いやもっとキッチンカウンターの引き出しに居たのですからギャフンですね。

ついでにちょっと溜まってきた割り箸も捨てました。

今日は捨ててやるーという気分なのです。

キッチンカウンターの引き出しを開けるとちょっと嫌だな、と思っていた茶筒もあったので今日代わりのものを注文しました。

人生の後半生、あれこれ忖度なしで自分の好きにしたい

ふと気付いたら義理母つうさん、93歳かと思ったら94歳でした。

このままいつまでもあれこれ忖度してたら自分自身が窮屈で潰れちゃう。

もう残り時間もあるようでないようなアラ還です。

人生の後半生はマジ自分の好きなように気兼ねなく生きたい!

今日はそんな気分に200%かられて、プチ整理しました。

これだけでもかなり気分がスッキリです。

婚家のモノの中には、もちろん私が気に入っているものもあるので好きなものは残しますが、自分の好みではないものはこの際バッサリ処分します。

そうここに宣言するだけでも進む気がする。

とはいえ、キッチン周りほぼ自分色ちゃ、自分色なのですが、でも名残を全部払拭する気で見直したいと思います。

”あー自分の好きにするわ!”と心の中で誓ったグリコール・グリコなのでした。。

コメント

  1. kaorun より:

    こんにちは。
    ご無沙汰してしまいました。
    本当にご心配おかけして申し訳ありませんでした。
    多分完全復活…かな。笑

    も~、捨てて、捨ててっ!って思いましたよ。
    とっておきたければ箱に入れてご自分の部屋にお願いします。
    と冷血な鬼嫁の私なら言うとおもう。笑

    ↓介護保険を使わず、のお話、参考になりました。
    こだわっちゃうとこっちが壊れちゃう、かもですよね。
    私もそろそろかもしれないので、頭の隅っこに入れておきます。

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      お久しぶりです、kaorun様。
      ご自分の部屋に置ければいいのですけど、みんなの分もと思って買ったものだから言えなくてね、、、(汗)
      NPOに寄付です。
      介護保険の話、もう複数の施設との交渉、契約、心労が溜まりました。
      が、しかし。
      介護保険を使わなければ自由度があがるので目からウロコでした。
      お風呂だって洗濯だって利用料を払えばいくらだって可能ですから。
      本人が快適なのが一番です。

  2. ミロク より:

    もう好きにしたらいいですよー(^^)お義母さん94歳!!
    もうグリコさん色一色にしたらよろしい(^^)
    少しでも気分上げれるように。だって介護は本当に綺麗ごとじゃない。大変ですからねー。

    着ない服を抜きました。ユニクロは引き取ってくれるので助かります。後は売りに行って、残りは切ってウエスにしました!
    気持ちがスッキリしました(^^)

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      こんにちは、ミロク様。
      >もう好きにしたらいいですよー(^^)お義母さん94歳!!
      もうグリコさん色一色にしたらよろしい(^^)
      嬉しいお言葉♪もうあれこれ気を遣わず自分の好み中心にしますね。背中を押してくださってありがとうございます。
      (義理母は後妻として嫁いだのが45歳。うちの実両親も結婚が遅かったのでそういう年齢になっちゃいます。
      わたしと同年齢方はたぶん両親が70〜80代だと思います。)
      ミロク様も着々と整理されていますね。季節の変わり目っていいチャンスですよね。
      お互いこれからも暮らしをスッキリさせましょう♪同志〜