足の幅C幅?お年頃になると幅が広くなるとは限らない

身に付けるもの

前回の続きになりますが靴の話です。スニーカーを買ったものの、今の自分の足がどうなっているのか気になってコンフォート売り場で改めて測ってもらいました。そしたら驚愕の事実が!

スポンサーリンク

足幅は変わる。。。

冬場は厚手の靴下でレースアップブーツを履いていたのであまり気にならなかったのですが靴下一枚で普通の靴を履いてもなんかパカパカ。

また、数年前に娘チョコが足を計測してもらったら実はD幅だった、、(現在はC幅です)ってことが分かり、計測は大切!と思っていました。

しっかし自分の足はまさかそこまでじゃないだろうと(だってふくらはぎはちゃんとししゃもだし、ふとももは太いし、、)思っていました。

センチは縮んだ、でも数年前に確かめた幅は確かE〜2E。

お年頃になるとみんな3Eになると思っていたのでそれでもえ?Eなの???ってびっくりしたのを覚えています。

だがしかし、今回の計測は更にその下を上回る結果になりました。

お客様の足幅は、、Cですね。

は?

まさかの結果にびっくりしました。

とにかく足が薄い&かかとの肉が無くなっているので木型が細いものでないとダメだそうです。

そしてこのままだと足のアーチがどんどん崩れていくのでアーチサポートがしっかりして、足が靴の中で動かないもの、甲が足にしっかり留まるほうがいいです。

と言われました。

薄々はわかっていたのですが、やっぱりもうオサレ系はダメの様ですね。

ガーン。

スポンサーリンク

靴、オサレをとるかからだに良さげなものをとるか

確かに今の私の実情は『ガンガン歩く』それが一番上にきます。

でもちょっとはオサレをしたかった。。

この時から↑実はパンプスへの執着は完全に剥がれていませんでしたが、この計測で否応なしにベリベリ剥がされました。涙。

自分の足ってわかっている様でわかっていないですね。

しかしC幅って探すのが大変でメーカーも限られてきます。

どんどん遠のくヒールやオサレ。

スポンサーリンク

靴、ダサイけどコンフォートを一足持つことにする

コンフォートの靴はデザインも限られていて色もあまりなく、ファスナーもついていてちょっと恥ずかしい。

でもパカパカ足が脱げる靴は歩いても疲れるので外出(ご近所徘徊ではないおでかけ)用に用意することにしました。

もちろん紐でしっかり足を留めるスニーカーっぽいものです。

無念だがやむなし。

入荷したら取りに行くことになりました。

お年頃世代の皆様も機会があれば是非ご自分の足を計測されると良いと思います。

意外と変化してます。

C幅といわれて凹みまくったグリコール・グリコでした。

コメント