2月・8月は地味に食品の在庫消費に充てる

片付け

片付けは衣類や道具、家具だけではなく食品も意識しておかないといけませんね。封を切って使い切らないまま居座っている乾物類を絶賛消費中のグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

2月は食品のデットストック撲滅月間に

季節モノは持ち越すと食品ロスにつながるので、なるべく大きく季節が変わる前の2月・8月にパントリー内のチェックを心掛けています。

ぼんやりしていると、義理母つうさんがいつの間にか生活クラブで購入して、そっとパントリーに忍ばせておく食品が入っていたりします。

『え?こんなのあったっけ???』というものが時々出てくるので焦ります。(キクラゲとか乾燥貝柱とか私だったら買わないモノが、、汗)

スポンサーリンク

封を切ったものの使い切らない乾物が地味に貯まる、、、

我が家で、特に注意しなければならないのが乾物。

封を開けて数回使うものの『またいつか使うだろう、、』とそのままになっているものがだんだん増える。。。

使いかけが貯まる

2月の週末は半端に残っている乾物類の消費に忙しい

夫シンジさんが『椎茸』が大嫌いなので頂き物のどんこ椎茸がずっと居座っていました。

一袋は従姉妹に差し上げたのですが、もう一袋残っていて、ここでやっと煮て片付けることができました。

この中途半端にちょっとずつ残っているのが困り物。。。↓

黒豆の残りと、餅米の残りは黒豆ご飯に転用。クルミはホームベーカリーでパンを1斤作るときに混ぜることにしました。

スポンサーリンク

ちょっと気をつけるだけで食品ロスが減る

2月に入って、週末デットストック撲滅祭りをしているので乾物類はかなり減りました。

『切り干し大根』は自宅で大根の皮を干して作っているものです。あともう少し貯まったら一気に使います。

ライスペーパーは夫シンジさんが買ってきたので、「はよ使え!」と急かそうっと。

スポンサーリンク

その他のストックモノはどうしているか

他のパントリーに入っているモノは基本調味料(油・料理酒・みりん・醤油)や缶詰、ジャム類が多いです。

災害備蓄品も兼ねてローリングストックで使い回すようにしています。

まぁ、2年前と比べたら義理母つうさんも私に聞いてから生活クラブで食品を買うようになってくれて、以前ほどストック過剰にはなっていません。(良かったー)

こうやって食品も、使いかけが長く居座らないようなチェック体制と、過剰在庫を防止する声かけで、食品廃棄が出ないように心掛けています。

食品の買い手が複数いる2世帯同居など、主たる管理者がかなり積極的にチェックしていかないと食品ロスにつながってしまいますね。

なので、2月と8月と月を決めてチェックをするのは私にとっても片付けをする絶好のチャンス月になります。

あとは冷凍庫のジャム用柑橘類を煮れば、冷蔵庫の掃除までたどり着けるかな〜

ジャム作りは根気がいるので気力&体力がみなぎっている時に実行しようと思いま〜す。

食品も滞ることなく回っていくように意識しています。

コメント