BS朝日ウチ、断捨離しました!大豪邸の幸せ探しを観て。探し物はなんですか?

ブログで暮らしダイエット

豪邸!良いですね!容れ物(家)の違いに驚愕、人の暮らしは本当に色々あるんだなぁ〜って感心しながら拝見させていただきました。今回はどういうベクトルで感想を書こうかかなり悩みましたが、家の地層には自分の大切な根っこが隠れているんだな、というところを書いていこうと思います。感想です。

スポンサーリンク

9LDKの豪邸。玄関7畳リビング20畳地下室もある豪邸って

相談者さんは髪の毛も艶々で日々のお手入れも抜かりない美人マダムです。

うわー綺麗にしてるぅ〜!と咄嗟に心の中で叫んじゃいましたよ。(笑)

若い時に起業もされていたとかで、TVクルーが入ってもビビることなくざっくばらんな口調でロケ班ややましたひでこさんを迎えます。

天性のボスキャラオーラが出てました。

人って持って生まれた気質のようなものが出ますよね。

(あ、ディスってませんよ。)

綺麗にしているのも自分に対してそれなりの投資を続けられる努力があってこその「今」だから。

努力家なんだと思います。

そして芸能人のお宅のような大豪邸にビックリ。

9LDKのお家は玄関が7畳(テント貼っても大丈夫そう)リビング20畳、地下室も。

うわー地下室、秘密の匂い♡

お悩みは

長年片付けが出来なかったこと。

やましたひでこさんはいう満たされない欲求が隠れている

恒例のやましたひでこさんチェックが入ります。

モノと人との関係性の事例を沢山観ているやましたひでこさん、相談者さんのウイークポイントをまずぐわっと鷲掴みにするのが上手です。

貴方、さっき自分で何言った?『さみしい』っていったよ。

”ほんとうはできない私、さみしいって訴えたいのに訴える相手がいない。

訴えどころがないから片付けても片付かないんです。”って。

相談者マダムそこを突かれてポロっと涙乙。

寝室の様子を見て

今は何が大事か分からないけど、モノを通して自分に聞けば全然気に入ってないことがわかる

やました流は、片付けるんじゃない、しまうのでもない、土砂を取り除いて大切なものを発見する、発掘していこうよ。

最初にズバリ確信を突いていったん相談者さんを突き落としてからモチベーションを上げるヒントを渡して去っていくのがなんかこう、、やましたさんがやましたさんである所以ですね。

この『人を動かすスキル』はまさにやました教。

心に隙間風がふいて道に惑うマダムにはもう『たまんねぇ〜』だと思います。

スポンサーリンク

やましたひでこさんのアドバイス”家が広い時は一点突破をしてから”

相談者のマダム、やましたひでこさんのアドバイスで、まずは一点突破するため寝室から見直しを行います。

自分のために使いたい、という気持ちを育む=自分を大切にする

側から見れば十分自分を大切にしているように見えるのですが、表面的なことではなさそうです。

相談者さんは真面目なので『この片付けが終わるまでは出かけてはいけない』と自分で自分に制約をかけていたとか。

細かく分類するしがちな癖もあるようなので、やました流の空間のゆとりをつくることで家事もしやすくなるアドバイスも受け初日は終了。

相談者さんの根っこにある苦手意識

若い時は仕事が中心で家事は人がやるモノだと思っていた相談者さん。

実際起業していた時は家政婦さんを雇って家のことをやってもらっていたと言います。

料理は作るもんじゃない、食べるものと思っていた、という言葉が出るほどですから元々向いていないのかもしれません。

そう思うと、細かく分類するやり方は苦手な家事に対する相談者さんなりの努力の跡と思った方が良さそうです。

スポンサーリンク

やましたひでこさんの助っ人からお出かけしたくなる引き出しをつくろうとアドバイスをうける

相変わらず、あっちこっちと手をつけてどこも中途半端なまま日々が過ぎていく相談者さん。

一点突破の寝室もまだ完成には及びません。

相変わらず自分で自分に「禁止」事項を設け片付けが終わるまで出かけない!と呪いをかけていました。(汗)

何回も言うけれどボスキャラではあるものの、相談者さんは真面目なんですよね。

そこへ断捨離トレーナーさんが助っ人に現れマイナスの縛りをプラスに変えていきます。

お出かけをしたくなる引き出しを作りましょう!

出来ない自分のダメ出しではなく自分解放のための片付け。そう考えると確かに気持ちが楽になりますね。

捉え方の視線を変えると取り組みも全然違う。

凝り固まった相談者さんの肩をほぐすようなうまい声かけでした。

相談者さんは気づいていたのかも。一番大切なものは何か

地下室。以前にも地下室があったお家がありましたね。

地下室って見えない場所だけに一旦モノを収めたらなかなか手が付けられない場所だと思います。。。

その地下室に以前からメモリールームを作ろうと思っていた相談者さん。

相談者さんは地層のように順序立ててまさに家の下から家族の歴史を噛みしめたかったのかもしれません。

子供と相談して地下室を整理。

子どもたちはもう遥か遠くに歩いていた事に気づかされながら、本当に必要なものだけを残して部屋をレイアウト。

共同作業をする事で自分の大切なものを発見したようでした。

相談者さんが大切だったのは家族(子供の成長の足跡)

のちのち綺麗にデスプレイをして「秘密基地」のようにします。

ここに引っ越してきてコレがやりたかった!

と相談者さんは言っていました。

本当に子供たちとの日々が宝物だったんですね。

でも、過去に浸ってばかりではなく徐々に地上に上がってきて欲しいな、と個人的に思いましたよ。

スポンサーリンク

やましたひでこさんはいう、断捨離®️はしまう、片付けるではなく「自分が大好きなものを飾る」のだと

秘密基地を作った事で相談者さんも大切なものは『モノ』ではなく自分にとっては『写真』(を投影して心の中にある家族への思い)だと語ります。

やましたさんも断捨離®️は”しまう、片付けるのではなく、大切なものを飾る”ことだと。

そして空間をクリエイトしながら自分の大好きなモノが映えるようにしていく、アートの世界だとおっしゃっていました。

自分が大好きなモノ、、大好きだとつい大切にしすぎて仕舞ってしまうのが我々のやりがちなことですが、モノを活かすってそういうことなんですね。

今後の飛躍も楽しみ

元々起業もされたパワーがある方なので、もしかしたらやました教の伝道師になってすっきりした豪邸で断捨離®️サロンを開催するようになるかもしれないですね。

相談者さんの今後の飛躍も楽しみにしています。またTVで再会する日待っていますぜV

さて、我が身を振り返って自分が本当に好きなものはなんだろう、、と考える私です。

漫画、、、かな?(大笑)

ゆっくりですが『ウチ、断捨離しました!』の感想を自分の頭の整理にもなるのでブログにアップしています。

コロナで再放送が続いていますが

今後の再放送になる番組の感想はこちらに↓

グリコール・グリコでしたV

スポンサーリンク

コメント

  1. 千秋 より:

    いつもながら、解りやすく文章を、まとめていて楽しみに読ませて頂いてます。やましたさんも素晴らしいけど、こちらのブログも素晴らしいです

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      千秋様、こんにちは。わかりやすいと言ってくださって有り難うございます。素直に嬉しいですV
      やましたさんはご自分の考えを体系的にまとめてすごいな、と思います。そして天性の才能、人の心を掴むのが本当にお上手ですよね。
      断捨離®️党とかつくって政界に進出しないのかな?なんて思ったりもしています。
      今、リアルタイムでTVを観れないので隙間時間で視聴しては感想を書いたりしています。TVで出てから時間が経っての感想なのがとほほですが、
      まぁポツポツあげるのでまた読んでいただけたら嬉しいです。いつも読んでくださって本当に有り難うございます。