親の家は片付いた2 婚家の異変と決断

お・や・か・た

こんにちは、「暮らしをより良く」と暮らしのアップデートを心がけているグリコール・グリコです。
とはいうものの、仕事を辞めるまで「暮らし」にフォーカスすること無く、漫然と生きていたように思います。
今は、、自分でいうのも何ですが「暮らしに目が行くようになった自分が好き」です。

婚家の異変はトイレ掃除をキッカケに何かが動いた時でした。

スポンサーリンク

大丈夫よという義理母

仕事を辞めてから1Wに一回は掃除や様子伺いに婚家に通っていた。
(この時点で老老介護の二人は生活支援が1Wに2回、ディサービスが1Wに2回夫婦で通っており、うちの両親に較べて、実に手が掛からない老人であった。
しかし老老介護で悠々自適に暮らしていた義理両親であったが、少しずつ「異変」が起きていた。

夏に訪問すると暑いのに締め切りの部屋でぼんやりと座っている義理母。
クーラーを使っているのかと尋ねると、”クーラーは28度を超えると使っている”という。
「大丈夫よ、平気」が口癖。
その時期あたりから婚家に行くとトイレの敷物がなぜかじっとりと濡れていた。
(今思い返すとこの辺りから義理父はトイレが間に合わないことが多くなっていたのだと推測される。)
また車を擦ることが度々出始めていたものの、我々には隠していた。
(当時は運転免許証の返納などプライドが許さなかったのだと思う。)しかしその頃からゆっくり認知症は出始めていたのかも、、しれない。

震災が来る前年の晩夏に義理母が倒れて急遽入院という騒ぎがあった。
義理父は一人では何も出来なくて一番先に私に電話がかかって来た。

”おばあちゃんが倒れたので来て欲しい、”当時前の仕事絡みで縁があった仕事をしていたので、慌てて夜に病院に駆けつけた。
入院した義理母は意識不明で、私は病室のベランダから夜の海に月が照っている景色をぼんやりと眺めるしかなかった。

転院をして意識を取り戻した本人から、『足元に尼僧が座っていたの。綺麗なお花畑を見たのよ』とベタな臨死体験を聞かされて、”三途の川を渡り損ねたねぇ〜”と笑い話になる程であった。

義理両親の暮らしはこの入院騒ぎをキッカケに少しずつ変えて行かざるおえなかった。
まず食事を給食サービスに変え、義理母がなるべく台所に立たなくてもいいように話を進めた。
私の通いも1W1回から2回へと回数が増えていった。

東日本大震災が老々暮らしに影を落とす

翌年に「東日本大震災」に遭遇する。
直接の被害はなかったものの、停電&電話が繋がらず、なんだかんだで会いに行けたのが震災から五日程した頃だったと思う。
訪問すると義理父が”助かった〜やっと来てくれた”という顔で迎えてくれた。

義理父は義理母が入院してからは特に気弱になり、「老々生活」の先を案じるようになっていた。
お皿に立てた仏壇用のロウソクの残骸が老々の侘しさを物語っていた。
それを見て『孤独死老夫婦死後〇〇日に発見』なぞという新聞の見出しが頭によぎった。。このままじゃ、ヤバイッ。

自分の実家を処分する決意をする

あまりにうら寂しい二人の姿を直に見て、「もう、二人だけの生活は無理なんじゃないかな?近くに住むか一緒に住むか何らかの方法を考えないと。」と夫に切り出した。
「・・・そうだな。・・・でもこの家もあるし。」
「・・・処分・・してもいいかも。。」
「え?いいの?ぐりちゃん?自分の親の家だよ」
「うん・・・なんかいいかも。ってか手放す。なんかどうでもよくなった。」
「ええ?!」

震災の津波の映像をリアルタイムで見た私はこの時ガツンと転換期を迎えたのだと思う。

「コレは私のもの、といったところで死んだら何一つ持って行かれない。まして天災には抗いようも無い。親の残した家と土地ではあるものの、両親は両親。私は私。執着するのはやめよう。」

私にとって『家を手放す』=実質的に実両親との最終決別となり、実家のあれこれのおわりと同時にこれからの生活のはじまりの幕開けであった。

そして色々な選択肢があったものの結果的に実家を売却し、新しい土地を探してそこに義理両親と同居する為の家を立てることになった。
家を建てるまでの間、実家→婚家→新居、と短期間の間に二回引越しをすることになったのだ。

新しい生活に向けて自分たちの持ち物を精査するも

我々の持ち物で処分したものは、実家で使っていた食卓テーブル、椅子、ソファー、冷蔵庫、洗濯機、お米ストッカーのついた電子レンジ置き台、電子レンジ二台。書籍、外物置二つ。(もちろん中身も)
この時点で毎週末に市のリサイクルセンターに来るまで不要物を運ぶ、ということを始めた。
それでも何だか荷物が多く、「無理だな、荷物が(婚家)に入り切らない。。」とボソッと夫がつぶやいた。
引越しを決めて余裕を持って始めたつもりだったが、いざとなると踏ん切りがつかないものがあり、何だか整理のつかない諸々、、、をひたすら段ボールに名称をつけて封印した。
この時点ではま〜だ「モノの精査力」が弱かったと後になって判る。。。

仕方がないので引越し屋さんの一時預かりを頼み、当面必要のないエアコン3台、食器類、冬物衣類、書籍、雑多なもの(なんだったかは忘却)を預けることにした。
一時預かりは青、婚家に運び込む段ボールは赤の○シールを付けて判りやすいようにして引越しまでひたすら実家の1Fの日本間に積んでいった。
(婚家の2Fの一間が程々に空いていたのでそこに着物箪笥1、螺鈿のチェスト2、洋服ダンス1を入れることにした。)

義理両親は我々が来る事は想像できたが、荷物が一緒に入って来ると困惑の色を隠せなかった。
まさにぎうぎう状態での同居が始まったのである。
そしてそこから今度は「婚家のいらないものを処分する」という途方もないプロジェクトが始まったのである。

まだ続く。

コメント