浴槽のフタ交換 10年の間に純正品もアップデートしてた これからの暮らし3

暮らしの道具

浴槽のフタを交換しました。純正品も10年の間に地味にアップデートして使いやすくなっていました。う、うれしい。

スポンサーリンク

浴室内の見直し、浴槽のフタを考える

浴槽のフタを見直しすることになった時、一瞬無くしてしまおうかとも考えましたが、我が家は湯船に浸かる派が多いのに入浴する時間はバッラバラです。(汗)

それぞれの入浴時間がバッラバラなのにフタ無しでは浴槽が開きっぱなしになる時間が長くなる。

しいてはカビの温床ともなるのでコレはすぐさま却下しました。

次に蓋の形状を考えました。

シャッター式、折り畳み式、ブロックタイプ、、、一見良さそうですが溝があるものや枚数が多いものは逆に掃除の時に手間がかかる。

これからは老いるばかりなので手間がかからない方が良くやっぱり却下です。

どうしようかなぁ〜とあれこれネットで見て決めかねていました。

結論的にはそうそう買い替えるものでもないし、安さを取らずこれからの10年長く使えるモノを選ぶことにしました。

TOTO純正品の浴槽フタにする 仕様は同じでもアップデートされていた

結果ちょっとお高いけれどココは素直にTOTOさん純正のフタに買い替えました。

図では『R勝手』になっていますが我が家のフタは『L勝手』です。

TOTOサザナ浴槽フタ

TOTOサザナ浴槽フタ アップデート箇所1 軽くなっていた

コールセンターで聞いた時、”以前のものと比べて軽くなり2枚で3.9キロです”と言われた時はちょっとピンと来なかったのですが梱包の箱から出してみたら一枚が軽い!

断熱材として中側に発砲ウレタンが入っているためでしょうか。

これなら老いていく身にも負担が少なくなるな〜って感じました。

楽々持ち上げられます。

TOTOサザナ浴槽フタ アップデート箇所2 表面がフラットに

以前のタイプは表面が梨地でしたが今回のものはフラットになっていました。

新旧比べると色の差が歴然ですね(汗)。

TOTO浴槽フタ新旧

ツルン、というよりはマットな感じです。表面はABS樹脂です。

これならゴシゴシしなくてもスポンジでサラッと行けそうです。

TOTOサザナ浴槽フタ アップデート箇所3 フチは以前のものよりしっかりしている感じ

縁の材質は辿れなかったのですが、以前のものよりしっかりしている感じです。(主観ですみません)

縁が黒くなったり果ては劣化してポロポロ取れてくるのでお手並み拝見としましょう。

まぁとにかくこの10年で企業努力を重ねているのをこういった部品からも感じることができました。

風呂フタ縁の劣化

いままでありがとう。お疲れ様〜。

週明けに大型ゴミの回収予約を取ることにします。

(大型ゴミの回収も来年から値上がるので大きなものを出すなら今年中!そんなこともあり交換に踏み切った裏事情もあります。)

スポンサーリンク

次なるアップデートは風呂フタを浮かせること

つぎの10年を考えてより掃除しやすく、モノが長持ちするよう現在風呂フタを浮かせることを考えています。

風呂フタ止め

フタが浴槽に着きっぱなしだと縁がカビやすく、ぬめりもでがちなので1点ストッパーを外して3点ストッパーで浮かせたいと思っています。

現在検討しているのがマグネットタイプで壁面に貼り付けるストッパー。

工事がいらないのが魅力ですね。

耐荷重が約4kgとなっているのでギリギリOKな感じです。

フタを乗せる幅が7センチ、新しいTOTOのフタが2枚あわせて6センチだったのでまぁ隙間も確保できそうです。

ただ浮かせるとなると今ついている1点止めのストッパーを外さなければならず、外した後の穴の処理は自分でしなければいけないのでそこが検討事項になります。

近場の工務店に丸投げして3点ストッパーをつけてもらうか、マグネット式を買って自分で後処理をするか。

水回りなのでじっくり悩むことにします。

スポンサーリンク

コレからの暮らしの視点はなるべく全ての動作が楽になるように

これからの10年(もしかしたら20年以上?)からだの可動域も狭くなり、全然気にならなかったこと、苦にならなかったことが出来にくくなってきます。

これからの暮らし改良は『いかに楽するか』なんてことも頭の隅に入れておかないといけないなぁ〜と思っているグリコール・グリコです。

でも改良を考えるのもまた楽し♡

今日から風呂フタのポロポロに悩まされずスッキリした気持ちでお風呂に入れます。

結構うれしいV

コメント