汚れが取れないなら潔く交換 浴室排水口ヘアキャッチャーを替える 暮らしの見直し第5期-22

暮らしの道具

築10年目の我が家。マメにお手入れ&お掃除をしていてもどうしても!取れなくなる汚れってあります!そのようなところは潔く交換の道に走りました。便座クッションに続く部品交換第二弾です。

スポンサーリンク

浴室排水口のヘアキャッチャーの汚れが落ちなくなってきた

二年くらい前からガクンとこの『楽ぽいヘアキャッチャー』なる髪の毛受けの汚れが落ちにくくなってきました。

ハイターにつけても、カビ取りハイターをシュッシュしても、ウルトラハードをシュッシュしても

汚れが、、お、落ちない、、!!

あらゆる手を尽くしても汚れが落ちなかったら、、交換だ!

10年も使っている、それなりに努力はしたってことでここは潔く交換という選択をしました。

便座クッションで学びましたよ。

スポンサーリンク

TOTO楽ぽいヘアキャッチャー届く

お盆後半にに頼んだのがやっと届きました。

楽ぽいヘアキャッチャー交換

漬け置きしてみたり、ブラシでこすったりコヤツに時間をかけていたのが今思えばバカバカしい。。

こういうものは『消耗品』と思って割り切る勇気も必要だなって思います。

もちろん世の中にはコレに変わる違う良い商品も出ているのですが、前にも書きましたがTOTOさんの排水口って他の商品との互換性が低く、どうしても純正部品が優位です。

ま、とにかくパーツを交換することでストレスを減らしましたぜ。

浴室排水口

整いました♪

こういう小さなものでも新しくなるとそれだけで気持ちが明るくなります。

古いものには”いままでありがとうございました”とつぶやいてお別れしました〜。

スポンサーリンク

暮らしは時間と共にあるものだから、、気持ちの切り替えも必要だとつくづく思う

大切に使うのは大前提としても、汚れたり劣化したりするのはモノの宿命です。

修理できるものは修理するけれどもこのような部品は悪あがきを続けているとストレスが溜まるだけ。

そんな時はザックリ気持ちを切り替えて交換もアリだと思います。

特に今はネットが発達しているので街の工務店を訪ね歩かなくても、何軒も電話をかけて探さなくても大抵は検索ワードを入れれば引っかかります。

そういう点でも交換のハードルはすごく下がったな〜と便座クッションやこのヘアキャッチャーを交換して思います。

凝り固まった思考をほぐすのにもパーツ探しは楽しいです。

あと浴槽の蓋が届けば今年度の浴室内の見直し交換案件は終了です。

シャワーノズルの交換もしたいところですがこれは来年度の検討事項になる予定です。

以前は家の中にコレほどまでに気が回らなかったので、自分的には進化したなぁ〜って誰も褒めないから自分で自分を褒めようっと。

えへへ。

現在浴槽の蓋が間違わずに届くかちょっとドキドキもしているグリコール・グリコでした♪

コメント