バスマットを交換する、暮らしの見直し第4期-9

暮らしの道具

暮らしの見直しを継続して続けています。物持ちがいい方なのでバスマット、、引っ越してきた時からずっと同じモノを使用していました。この頃滑り止めが弱くなったので思い切って買い換えたグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

バスマット、4人家族だとタオルで代用は逆に洗濯物を増やす

少人数であれば、専用のバスマットなしでタオルで代用は有り、と思います。

しかし我が家は大人ばかり。毎回入浴のたびに足拭き用タオルを使うとなると、毎日使用するタオル+4箇所の手拭きタオル+足拭き用のタオルとなり、断然洗濯物が増えます。

それはちとキツイ。。。

義理母つうさんのことも考え、足元の安定も確保したほうがいいためにやはりバスマットは必要でした。(タオルでは動く)

スポンサーリンク

色抜きシリーズからバスマットも柄なし、主張なしのホワイトをずっと使っていた

“センスがなくてもシンプルライフ”にも通じるのですが、バスマットもホワイト系にしました。

バスマットを用意されるシンプル志向の方は多分茶系かグレー系あるいは青系じゃないかな?と思います。

しかし我が家の脱衣所には少々不似合いなので、、あえてホワイト系。

これも引っ越ししてからずっと使っていてかなりくたびれました。

最近裏の滑り止めのゴムも弱くなってきて、足を置くとズルッと動くようになりました。き、危険!
スポンサーリンク

新しいバスマットをリアル店で探すも肝心の色がカラフルすぎた

白、またはオフホワイトのバスマット、あれこれ探しましたがリアル店舗のものはカラフルだったり柄があったりで、使用していたようなバスマットが見つかりませんでした。

一時珪藻土のマットも検討しましたが、割れた時面倒なのでやはり布製がいいな、と思い直し、今まで通りの商品に近いモノを探しました。

ネットで近いモノを見つけた

今まで使っていたものに近いものは『SUSU』でした。

『SUSU』の白っぽいものやっとネットで見つけることができました。

抗菌仕様で従来品より吸水力がアップした「ふわもこセレブバスマット」です。(何でもセレブをつければいいってもんじゃない)

ニョロニョロが大きいです。触り心地抜群。

アイボリーと書かれていたので、もっと色が濃かったらどうしようと思いましたが、オフホワイトに近くてほっとしました。

サイズは今まで使用していたものよりちょっとだけ大きい45×60㎝です。

スポンサーリンク

SUSU、吸水性抜群、すぐ乾く。そして裏の滑り止めが想像以上に優秀

想像以上に裏の滑り止めが優秀で、一度床に置けばズレません。

これは安全です。

義理母つうさんは完全に外体重で足裏の外側に力が入るので、転倒しやすいのです。

これならズレないし、大きいニョロニョロが足指の間に入って足をキャッチするので安心です。

また、義理母つうさんとお風呂から二人で上がっても、立っていられる程よい大きさです。

暮らしの形は色々

暮らしってそれぞれの事情によって形態が変わってきますね。もっとシンプルに生きたいけれど、今の我が家の状態ではバスマットはまだ必要。

一律に全てタイトにするわけにも行きません。

それでも少しずつシンプルライフに近づけたらな、と思っています。

本日は「オフホワイト」のバスマットをやっとアップデートした、、というお話でした。

コメント

  1. はじめまして
    ブログランキングからコチラに辿り着きました

    50代です
    断舎離をしたいと思うばかりで、進みません
    シンプルライフに憧れます

    またお邪魔します

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      コンバンワ、アケチャン様。確か1/27にも訪問&コメントしてくださってますよね。
      ありがとうございます。
      モノの減量化、何か大きなきっかけが出来るといいですね。
      アケちゃん様はどうして”断捨離”をしたいと考えるのでしょう?
      きっとそのきっかけや原因があると思うのです。
      そこを見つめていくと、行動につながっていくのではないかと思います。
      片付けは究極「自分の心の整理」なんだな、、と自分が片付けをしてすごく感じました。
      大きな動きは短期決戦、その後は小さな継続になっていきましたよ〜
      今年は実行できると良いですね♡