憧れのファクトリー製品をお迎えする2 生地とパターンが素敵

身に付けるもの

レイヤーする冬、憧れのファクトリーさんのバルーンパンツが程よいゆとりと丈、そして何と言っても生地の良さに惹かれて購入したグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

ファクトリーさんのストレスフリーの服

前回も載せましたが、ファクトリーさんはこだわりの会社です。

今年は触り心地や着心地にもっとアンテナを立てて自分のからだが良し!といえるものをお迎えしようと思いました。

私はレイヤー派です。特に冬は冷えもあって色々重ねます。

ただここに来てウエストがゴムだとお腹が痛くなるようになってきたので困っていました。

ゴムなしのウォーマー(ステテコ)に変えてゴムからの苦しさは無くなりましたが、、

そうなってくるとからだがもっと楽をしたい♪と言います。

ファクトリーさんの服は着てみると生地もパターンも普通の既製品よりすごく楽なのです。

ううむ、なんてやさしいんだ。

スポンサーリンク

ファクトリーさんのバルーンパンツはファスナーがない

このバルーンパンツ、ファスナーがありません。

ボタンで止めるのですが合わせ部分が重なって見えなくなるので全然問題なし。

ファクトリーバルーンパンツ

バルーンパンツとなっていますがハカマパンツとちょっと似ています。

バルーンパンツってちょっと裾が窄まりすぎるとピエロパンツみたいになってしまうので、低身長の私にはちょっと穿きこなすのが難しいのですがこれはパターンがいいのでもっさりしないです。

もちろんポケットも付いています。

腰穿きしても緩かったので、ボタンを追加して調整です。

ファクトリーバルーンパンツウエスト

ネットではコチラ⭐︎でモデルさんが穿いているので是非確認してください。

ファクトリーさんの服は平置きより、立体で見た方がパターンの良さが分かると思います。

丈も腰履きすれば長めに、ウエストを高めにしてベルトを閉めれば丁度ショートブーツが見える長さになります。

ファクトリーバルーンパンツ

穿いた時のラインが綺麗で最初に展示会でカーキっぽい色を買ってからネットでもう一本追加して買ってしまいました。

スポンサーリンク

ファクトリーのバルーンパンツ生地は綿と麻の朱子織

朱子織ってどう言う事なんだろうと調べたら、『サテン』でした。

以下、参考までに引用させていただきます。

この製品は最高級ペルー綿とベルギーコルトレイクの最高級リネンを使用しています。朱子織(サテン)とは、経糸(綿)が裏に緯糸(麻)が表になるリバーシブルの織地です。裏側の綿に起毛加工を施し、秋冬向けの綿麻素材となっております。

ファクトリーバルーンパンツの商品タグより引用抜粋

表が麻なのですが、なんともいえない艶があり、裏が綿の為スースーする寒さはありません。

麻だけだとシワの可塑性が気になりますが朱子織で綿が裏に有る為、ついたシワもいつの間にか戻っています。

なんせド寒い時は下に普通のパンツを入れてもウエストがきつくて無理、、と言う事なく穿けます。

更にワイドパンツ(ガウチョに近いバルーン)なので中に穿いたモノと程よい距離を作ってくれ、それがもたつかないのでとても良いです。

あと、膝がぽっこり出にくいのところが推し!です。

私はボトムスで一番気になるのが膝ぽっこりなのでそこもクリアしてくれます。(毎日ヘビロテしていたらやはりそれなりに膝ぽっこりは出てくるとはおもうのですが、、出にくいパターンを考えられているようです。)

スポンサーリンク

ファクトリー製品買って分かった素材の良さ、パターンの良さ

物づくりに真摯な気持ちで向き合っているファクトリーさん。

今回は『ヤク』と言う獣毛の良さも分かったし、違う素材を裏と表で織る織り方で雰囲気がある布が出来るんだ〜と言うこともわかりました。

そして大量生産ではない服のパターンの良さも分かりました。

服も素材や作り方などまだまだ自分が知らないことはいっぱいあることも再認識です。

私の服はもちろん玉石混淆でもちろん圧倒的に『石』にあたる服が多いです。

しかし着心地や触り心地にフォーカスすることで、服から受けるストレスを減らすことは可能かもしれないと感じました。

またこれからはストレスがない服を根気強く探して行きたいな、とも思いました。

そう思うと野望というか好奇心も湧いてきます。

今年は死者の書にも出てきた蓮糸で出来た布とやらを触ってみたいなぁという気持ちもウズウズと。

ただの服選びだけに留まらず、今年は素材にも興味をもっていこうと思いましたよ。

2回に渡りファクトリーさんの話を読んでくださり、ありがとうございました。

うーん私は布フェチ素材フェチなのかな。。(汗)

コメント

  1. もず より:

    グリコさん

    ヤク!数か月前にデパートのポップアップコーナーで、オーガニックコットンとヤクのニットを見ました。確かにうっとりする肌触りでした。色もグレーっぽくて素敵でした。
    しかし、オーガニックコットンのアイボリーが、私に似合わない色であるため諦めました。
    ひざ掛けも良かったのですが、ひざ掛けとして使用するにはお値段が(涙)。

    触覚、大切です。私はアトピーがあったため、昔から肌触りに敏感でした。
    リフォームも触感と使い勝手が良ければ、デザインはどうでもいいとまで思いました。
    (実際にそう言ったので設計士が細部を決めました。)
    うちは目の前に大きなドラッグストアができて、看板が見えます。これが本当にイヤでしたが、リフォームが終わって触感が良くなると、まあいいかと思えました。近くて便利とまで
    思いました(爆)。
    だから触感って本能に訴えかける何かなんだと思います。まさに癒しに直結するんじゃないでしょうか?アトピーの人は肌の年齢が人より早く老化するんだそうです。皮膚科の先生に言われました。それと命の寿命はまた別の話とも。
    そういう意味で、年を取るほど触感とか嗅覚による癒しは大切な気がします。
    元々オシャレで布フェチなグリコさんの、素材巡り、楽しみにしています!

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      こんにちは、もず様。ヤクってもっと剛毛かと思ったら違うんですね〜今回のことで知ることができました。
      この歳になって五感の大切さを再確認しました。そそ、今更ですが触感も大切でした。
      リフォームに触感を求めるあたりがさすがもず様ですV
      確かに良くやすりがかかってオイルが塗り込まれた木材ってすべすべして可愛いですよね♡
      オサレは好きだがセンスがイマイチの私、今年は本能が求めるまま癒しを感じる素材を意識してみようと思います(笑)。