2021秋冬コーデ1 やっぱりボトムスは安定・安心のSTORY一択

身に付けるもの

段々なんでも着られる体型ではなくなって来たグリコール・グリコです。(滝汗)それでも毎年1本ずつ買い求めているのが『ストーリー』さんのパンツです。

スポンサーリンク

STORY シニア世代に対応するサイズ展開豊富なボトムス

わたしは長く穿くパンツ類はSTORYと決めています。

理由はサイズ展開が豊富なこと、百貨店で購入できること、股上深め、ストレッチが効いている、特に冬のパンツは温かいものが多いからです。

私にとってはちょいとお高めなので年に1本地味に増やして行っています。

ベーシックなものは毎年出るし、もちろん流行りに合わせた商品展開もしています。

今まではピタッとしたストレートタイプを購入していました。


超ストレッチパンツ/ストーリー

この形の冬パンツ、めちゃ温かいです。

が、今年はラインがストンとしているストレートにしてみました。

こういうやつ↓


2レングスパンツ(股下70cm)/ストーリー

私の購入した冬パンツ生地はoutlast®という理想の温度帯を守るという生地で出来ています。

からだの熱を感知してちょうど良い温度帯をつくるのだそうです。

へぇ、ですね。

そうなんだ〜ちょっと気になるかも、、という方は是非HPのショップリストを見てお近くのお店に足を運んでください。(勝手に宣伝隊)

特におすすめが50代後半やシニア世代の方。

ユニクロやMUJIがなんか似合わなくなって来たらストーリーさんのパンツおすすめです。

ストレッチの効き方が楽ちんで膝がぽっこり出にくいです。

スポンサーリンク

2021の秋冬コーデをつくってみた

ストーリーさんのパンツで2021秋冬コーデを作ってみましたぜ。

まずはお気楽カジュアルから。

ポンチョストールはマックレガー、下のセーターは昨年度のベルメさんのコットンセーター、バッグは相変わらずお月様バッグ。

靴はモードカオリ、そしてボトムス(パンツ)がSTORYさんです。

日中の温かい日にはこれでいこう。

このポンチョストール買ってから後で気付いたんですが、おんなじような大きな茶色のチェックのスカートを持ってました。。。(あははは汗)

もう一つは中を濃い茶色で統一してみたモノ。

茶系で統一した秋コーデ

コートが丈を詰めたマーコート。(多分実際着るともうすこし長くなるかと、、)

セーターがファクトリー、パンツがSTORY、靴モードカオリ、バッグはノースフェースです。

自分ではこの着方がマニッシュで好きです。

ネックレスがいい仕事してくれてます。


ネックレス。レディース。シンプル。お洒落。「yoi」困ったらコレ。YOIネックレス5月12日20時販売新作

ちょっとヒールのある靴も揃って全体のバランスも良くなりました。(自画自賛)

スポンサーリンク

秋冬こそ自分の好きを見つけたい

コロナもあってあまり出掛けられなかったのもあり、今年の春・夏・初秋向けの買い物は衝動買いによる失敗がいくつかありました。

秋冬モノは初心にかえってじっくり自分の好きを見極めて長く着れるモノを選びたいなと思います。

そして手持ちの服の活用もじっくり考えていこうと思っています。

そう考えると今年のアップデートはあまりないかな、、とも思うのですがどうでしょう?

本日はシニアオバハンの一人ファッションショー。

明日はファクトリーさんのセーターでコーデを考えます。

本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

秋の日はつるべ落としってホントそうですね。

巡る季節をオサレしながら楽しみたいです♡

コメント