MENU
記録の遡りはこちらから
サイトリニューアルしました

昭和の8ミリがDVDになって戻ってきた 庶民の映像の世紀ってところ?

6月初旬に申し込んだ8ミリフィルムのDVD化。手元に戻ってきました。ありがとうFUJIフィルムさん。

(スポンサーリンク)

目次

FUJIフィルムに8ミリを5本送ってDVD化

FUJIフィルムさんに8ミリフィルムを送ってみたのが6月初め。

途中FUJIフィルムさんから連絡が入り、5本のうち2本はカーリングが強く作業不可品になるとのこと。

それでも3本をクリーニングなどして1本に繋いでくれました。(作業不可のフィルムも一緒に送り返してくれました。)

わざわざ繋いで綺麗にしてくれたものを1つにまとめて返却してくれるとは思っていませんでした。

あざっす、FUJIフィルムさん。

古い8ミリを繋ぐ
ダビング済み8ミリ
ダビング済み8ミリ

届いたDVDがこちら↓

ハードケースには、”映像から自動抽出したシーンをプリントしたインデックスをお付けします”と言う文言通り8ミリのワンシーンが表紙に使われていました。

万博の夜の8ミリがあるので全体的に青いです。

料金は8ミリフィルム3本(20分)をDVDで7,480円、複製追加838円、配送料610円、代引き手数料330円、合計9,258円でした。

(スポンサーリンク)

昔の8ミリをDVD化、まだ手ぶれ補正もない頃だから結構画面が揺れてる

音声は入っていませんでしたがカラーでした。

夫シンジさんと観ましたが、今の画像のキレイさに慣れているせいか、画面が荒く&微妙に揺れるので観ていて船酔いみたいになっちゃった

我々が使っていたハンディカムは手ぶれ補正がついていたから、素人でもそれなりでしたが、当時の8ミリはそれなりの技術がいったのかな?

あと画面のゆらめきはフィルム自体の劣化も考えられます。

8ミリが12本しかないところを見ると、じいじも”撮ったは良いけど想像したほどの出来ではないな”と思ったのでしょうか。

それでも昭和の時代のバーベキュー会場の様子や親族が一堂に集まって食事をしているところなど、”庶民の映像の世紀”になっていました。

8ミリから義理父の残しておきたい思いが伝わる

8ミリの記録は丁度ファースト妻が癌で亡くなって再婚したばかりの時のものでした。

人生の中、早い段階で伴侶を亡くすというまさかの展開に遭遇した義理父。

元々真面目な記録魔でもありましたが、伴侶を病で亡くした喪失感を埋めるように、”家族の記録はなんでも残しておきたい”と思ったのではないでしょうか。。

もっと早くフィルムがあることに気が付いていれば、棺桶に入れて差し上げたのに(そこ?)。。

(スポンサーリンク)

8ミリフィルムのダビング、これで夫も気が済んだかと思いきや、、

出来上がったDVD(20分)を観て、

気が済んだ?(もう残りはいいよね?)

と聞いたら残り5本もダビングサービスに出す!って言うんですよ〜

え!出すの?

と聞き返してしまいました。

気が済むまでやれば良いけれど、夫が先に逝ったら全部棺桶に入れるつもり。(悪妻)

まぁ相手の領分には踏み込まず生暖かくは通り過ぎ、やや冷ややかにその動向を見守ります。。

今になって過去を追いかけ始めたように見える夫シンジさん。

実母の死から実父&義理母と実は本人のグリーフワークって完全に済んではいないのかもなぁ、、と思うグリコール・グリコです。

『整理術』といった方法論ではなく気持ちの整理の問題なので、義理父の遺した『家族の肖像』の記録整理は、本人が気の済むまで付き合う覚悟です。

このDVDは絶対夫シンジさんの棺桶に入れる!

と改めて心に誓うわたしでした。

本日も最後までお読みくださりありがとうございました〜。

さ、参加してたりします。。

PVアクセスランキング にほんブログ村 50からのコンパクトな暮らし - にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次