1ヶ月遅れの浴室特別清掃 リンレイウルトラハードでスッキリ!

掃除

日々の掃除の他に特別清掃と称して浴室やレンジフードは定期的に念入り掃除をするようにしています。浴室の特別清掃は先月だったのですが葬儀のワタワタで1ヶ月ずれてしまいました。相変わらずリンレイウルトラハードを使って浴室掃除をしています。

スポンサーリンク

浴室特別清掃は丁度燻蒸剤の効果が切れる2ヶ月後に行っている

浴室にピンクカビ・黒カビが出ないように掃除の後、防カビ燻蒸剤を使っています。

この燻蒸剤の効果は2ヶ月です。

2ヶ月を過ぎるとじわじわピンクカビが出始めます。

逆にこの2ヶ月サイクルを守って特別清掃をしていけば、キレイを保ち続けられるわけです。

今回は丁度葬儀の時期にかぶってしまい特別清掃が1ヶ月ずれてしまいました。

燻蒸剤スケジュール

1ヶ月ずれると排水口のくぼみや洗面台の奥の方が湿気で蒸れるのか、じわじわピンクカビが出てきます。

スポンサーリンク

相変わらずリンレイウルトラハード、スプレーして暫く置いておくのがコツ

浴室掃除の三種の神器としてわたしはウルトラハード・クエン酸・燻蒸剤をセット使いしています。

ウルトラハードはシュッシュして30~40分ほど放置したほうがその効果をはっきり実感できます。

わたしは待てない女なのですが、これは待った方がいいタイプ。

浴室特別清掃をする時は朝一番に浴室に満遍なくスプレーをしてから、洗濯をしたり、朝食をとったりして時間を有効に使うようにしています。

ゴシゴシしなくてもお湯をかけるだけでかなり落ちます。

あとは気になるところに再度スプレーしてゴシゴシです。

リンレイウルトラハード様様です。

シュッシュして待てばいいので浴室特別清掃、かなり楽になりました。

スポンサーリンク

掃除は日々の暮らしを整えるわたしの必須アイテム

義理母が旅立ち、葬儀、遺品整理、そしてニャンコの不調と暮らしのリズムが元に戻るのに結構時間がかかってしまいました。

しかし、いつもの掃除のルーチンが復活すると自分のリズムも整う感じです。

今回の片付け(遺品整理)は量は以前経験した”おやかた”より圧倒的に少ないものの、40代・50代では感じなかった気持ちの疲れが大きかったです。

それに対して掃除はやり始めると”こころの垢”も一緒に落ちていく感覚ですごく気持ちが軽くなりました。

ここの所、疲れてだるだるな日々で複数の用事を済ませる気にならなかったのですが、この掃除が終わるとからだも心も軽くなり、その後2つも追加で用事を済ませることができました♪

わたしにとって掃除はこころの詰まりも取ってくれる必須アイテムみたいです。

やっぱり掃除はイイ!!

今日は1ヶ月遅れの浴室掃除の話、ウルトラハードをシュッシュして待つだけで浴室の明るさが戻りました。

〆の燻蒸が終わったところ

浴室が明るくなり、わたしのこころも明るくなったグリコール・グリコです。

こうやって一つひとつと向き合いながら通常運行に暮らしを戻していこうと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント