1.17を忘れない。そういう国に住んでいる私たち、今は情報を取りにいく。

災害時の備え

今年もあの日がやってきました。阪神・淡路大震災の日です。あっという間に25年が経ってしまったのですね。大人になってから遭遇する災害の多さに改めて驚くとともに、”そういう国に住んでいるんだ”ということをいつも確認するグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

情報は受け取る時代から取りに行く時代に

25年前はTV・ラジオが主な情報元でした。

あの日、朝食の支度をしながら時計がわりにTVをつけていたら燃え上がる神戸が映っていたのを鮮明に覚えています。。。

そして電話と言えば、『イエデン』。まさか『板』が電話になるとは。。。25年間にあっという間に時代が変わってしまいました。

オバハン、ギリッギリ時代の隅っこに引っかかっている感じです。

スポンサーリンク

災害情報はツイッターで

ひっそりツイッターを始めました

通信インフラが災害で被害を受けた時も、SNSならいち早く災害情報を収集出来るからです。『LINE』を使用していないのでツイッターで補完します。

災害関係でフォローしているのがNHK生活・防災、日本気象協会、地震速報、首相官邸(災害・危機管理情報)、内閣府防災、警視庁警備部災害対策課、特務機関NERV、、など。

特に警視庁警備部災害対策課は防災に役立つ情報が発信されるので、凄く勉強になります。

この時はまだツイッターは雲の上でした。↓

オバハン、これ以上進化したらついていけない。。。(汗)

スポンサーリンク

災害系アプリもいくつか入れている

スマホには「ゆれくる」のアプリが入っています。

コレは画像のみリンクはしてません

その他は、NHKニュース防災、NERV防災を入れています。(さりげなくヲタ感が漂う、、)

スポンサーリンク

災害のあった節目節目で、自分の防災意識を高めよう

いつもの暮らしが一瞬で消えてしまう自然災害。

喉元過ぎれば暑さ忘れることなく、せめて災害のあった節目節目に自分の防災意識を高めていきたいです。

誰かがなんとかしてくれる、訳はないのです。

自分の身は自分で守る。防災の第一歩はなんせ『自助』ですから。

私も防災関係は小さくアップデートを繰り返しています。

スマホの充電器も買った、折り畳みヘルメット&ヘッドランプも準備OK。

今年はアルファ米の保存食をちょこっとアップデートです。

防災の最初の記事はこちら、防災グッツです。↓

ライトなど、パネルランタンに変更しています。

本当に自然災害は対岸の火事ではないので、いつ何が起こっても慌てない備えと心構えを持っていたいと思います。。

その他にも乾パンのリメイクやサバイバル飯などありますので、お時間があったら「災害時の備え」のカテゴリー見てみて下さいな♡

コメント

  1. ミロク より:

    阪神淡路の大震災は衝撃的でした!この日本でこんな大災害が起こるとは、それまで想像したこともありませんでしたから。。
    私は福岡に住んでいるので、毎日ニュースを見ては泣いていました。

    生きている間にこんな酷い災害はもう来ないだろうと思っていたら、3.11が来ました。
    ちょうど娘と出かけて帰って来てテレビをつけたら、NHKが生中継していて、アナウンサー
    が「沖の方から津波が来ていますね。。」というところから始まりました。
    あっという間でした。テレビに向かって「逃げて!逃げて!そっちじゃない!」と叫んでいました。。。

    あれから、毎年のように災害が起きています。今や日本中が被災地になってきています。
    そう、いつ被災してもおかしくない。
    だからこそ、備えが大事ですね。そして忘れてはいけない。
    何故なら、天災は忘れたころにやってくる。。からです。

    グリコさんは、しっかりとした防災意識を持って実行に移されていて、見習いたいです。

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      コンバンワ、ミロク様。3.11以降自分に出来ることって一体なんだろう?と、
      防災士の勉強をしたり、防災キャンプに参加したり救命救急の講座に行ったりしています。
      頭で理解したつもりでも、実際にからだを動かさないと分からないので地域の防災訓練にも参加する様にしています。
      若い頃は自治会なんて大っ嫌い、と思っていましたがいざという時共助も大切と自治会のイベントにも顔を出す様になりました。
      災害を見聞することで、自分のコレからもちょっと変わってきました。
      まずは自助が大切ですね。今は情報が溢れているので、ミロク様も自分にあった備え方を作れると良いですね♡