補修パッチって超便利!新しい靴下にうっかり穴を開けても大丈夫V

ボンクラな日々

お家仕事で1日が始まり、1日が終わります。老眼で手元が見えずらくあろうことか新しい靴下に穴を開けてしまいました。がしかし!新兵器でお気楽に補修終了。なんて便利な世の中なんだ!と感動したグリコール・グリコです。

スポンサーリンク

新しい靴下に穴を開ける失態、、

夫の新しい靴下をおろそうと靴下を留めてあった糸を切るときにやっちまいました。

老眼ゆえのやらかしです。。。(泣)

新品なので補修してごまかすことにしました。

こういうところは結構ケチです。(笑)

布に穴があいた、どう補修する?

布系は大抵は穴が開くとウエスとして掃除に回します。

けれど今回は一回も使っていない新品靴下だったので、手当てを施すことにしました。

やり方としては、、

・当て布をしてかがる。

・切れた部分を繋いでかがる。

問題なのは靴下の伸びる部分を切ってしまったので伸縮出来ないとダメじゃん!ってことでした。

当て布をして普通にかがるには伸縮する糸が必要だな〜と思いストレッチヤーンを探しました。

このストレッチヤーン、靴下を編む時に毛糸と一緒に編むと、フィットする靴下が出来る事で割と有名な糸です。

毛糸と一緒に細ーいゴム糸を編み込む感じなんですね。

スポンサーリンク

アイロン接着の補修パッチだと?それも靴下用を発見

いろいろ見ていたらなんと補修パッチなるものがあるではないですか!そ、それも靴下用。

こんなものがあるとは全然知りませんでした!

小(24㎜)7枚、大(30㎜)4枚が入っています。

早速、靴下を裏返しにして穴の開いたところに貼りました。

靴下の中に厚紙を入れて、上に当て布をしてドライの中温で15~20秒圧着。

冷めてからひっくり返すと、、

丁度この部分は足の内側にあたるので目立たないからこれでOKとなりました。

この補修パッチジャージ生地や普通の生地のものなど色々あるので便利です。

当て布をしてかがらずに済みましたVかんた〜ん♪

スポンサーリンク

チクチク手仕事も変わっていくこれから

以前知り合いのマダムが”ぜーんぶボンドで貼り付けただけ”というバッグを見せてくれたことを思い出しました。

これからは針も糸も要らない時代になっていくかもですね、、(汗)。

だんだん老眼も進んでくるので、そのうち本当にボンドでくっつけるようになるかもしれません。

結局今回はストレッチヤーンを使うことなく補修パッチで対応できました。

チクチク道具も進化していくので、時々新しいものを探して試していこうと思っています。

生きている時間が長くなっても、まだまだ世の中知らないことだらけ。。。ううむ。

コメント