お・や・か・た

親の家は片付いた2 婚家の異変と決断

「コレは私のもの、といったところで死んだら何一つ持って行かれない。まして天災には抗いようも無い。親の残した家と土地ではあるものの、両親は両親。私は私。執着するのはやめよう。」
お・や・か・た

親の家は片付いた1 片付けのきっかけ、それは親の死。

モノを所有するためにお金を使い、モノを処分するために又お金を使うという二重苦を改めて痛感した「おやかた」であった。
お泊まり準備の工夫

ショートステイの時のお泊まりグッツは種類毎パッキング

いつかは必ず終わるのが介護。でもその終わりが見えないので介護する側は日々のちょっとしたことで疲れが溜まってくるし、イラっとする事も出てきます。こんにちは、グリコール・グリコです。”姉やさんでも薮入りは在る宣言”をしてからレスパイト(介護者の休養)のために義理母つうさんに月に数日ショートステイに行っていただくことにしました。
お泊まり準備の工夫

入院時のお泊まりグッツのカテゴリー分けは日にち毎オールインワンで

こんにちは、要介護2の義理母つうさんと暮らしているグリコール・グリコです。いざ入院となると持ち物の準備に追われますね。義理母つうさんは右手が不自由なので荷物を取り出すのも一苦労です。出来るだけ本人がわかりやすく、自力でできる範囲の支援はどんな形が良いだろうか考えてみたのがこの通院セットです。
自然葬

両親は自然葬、打ち切り世帯の私が選んだ選択 その2、樹木葬と自然葬のまとめ

こんにちは、両親は自然葬のグリコール・グリコです。実母の2年後に実父の死が訪れ、ここでも埋葬のしかたを悩みました。実父の希望はどういう形なのかが、迷いがあったからです。実父の一応の希望は「山」でした。当時「山」の散骨はあったにはあったものの、「山」の所有者が万が一変わる場合も有り、なんとなくヒットするものに出会いませんでした。そんな中で「樹木葬」と言うものに出会います。
自然葬

両親は自然葬、打ち切り世帯の私が選んだ選択。その1海洋葬

こんにちは、「打ち切り世帯」の為、後々残されたものが負担にならないように、実の両親親を「自然葬」で送ったグリコール・グリコです。まずはお墓を持たない背景から説明したほうがいいですね。
打ち切り世帯の終活

打ち切り世帯の終活とは?

地方自治体も動き出した、終活の事例 横須賀市の取り組み終活情報登録制度”私の終活登録” 大和市の取り組み ”おひとり様などの終活支援事業 ” 
ブログで暮らしダイエット

ブログで暮らしダイエット、そんなこと出来るの?

ブログは自分にとって生活自体を俯瞰し、改善するための重要なツールになって行きました。そして「冷静に身の回りを見つめ」「次はどうしよう」と考える大きな動機付けになりました。
スポンサーリンク