ワクチン接種のためにノースリーブを買った話

身に付けるもの

ちょっと前に話は遡りますがワクチン接種のためにノーブランドのノースリーブを買いました。今まで絶対7分袖じゃなきゃイヤだ、と思っていましたが真夏でも上に羽織りものは欠かせないので逆に結構いいかも?と思いましたよ。

スポンサーリンク

ワクチン接種の時ぐずぐずしたくなかった

大きな接種会場ではなく町医者でチックン予約をしたので、待合室はそれなりの大きさで袖をまくる待機場所も多分ないだろうと思いました。

案の定袖がある人はまくって待っていなければならずロングカーデを脱ぐだけで良かったのは本当に助かりました。

もう、名前を呼ばれると問診票に目を通して即チックンです。

どんな人が注射を打ったのか顔も見てないです。ごめんなさい。。。

(注射されるとき思わず反対の方に顔を背けるタイプです。汗)

※ちなみにイラストでは腕を持たれていますが、そんなことはしません。

ノースリーブ、心の中は『秋』なのでこんな色を買う

ワクチン接種の前日に駅ビルでノーブランドのノースリーブを買いました。

デコルテは極力出したくない派&外に着ていけるタンクトップが無かったからです。

心の中は『秋』なのでこのような色です。

ノースリーブ

どちらかというとイエベのオータム寄りになります。

ベージュはもうすこし濃く、グリーンは古びた苔のような色です(笑)。

下に茶色を合わせる想定で買いました。

この頃心を入れ替えてパーソナルカラーを考えながら買い物をするようにしています。

ちょっとだけネックが立ち上がっているのも首を見せたくないオバハンには嬉しいです。

ちなみにワクチン接種当日は何があってもいいように(小心者)、下はユニクロさんのウルトラストレッチジョガーパンツを穿いていきました。

どうも病院に行く時は動きやすく、すぐ洗えるものを選んでしまいます。

病院にオサレは必要ないですからね。

2つ入れたのでTシャツの白を出す予定です。

スポンサーリンク

ノースリーブ、腕を出して歩くことは皆無だけど、、、

今までノースリーブってあまり積極的に取り入れなかったのですが、冷房避けで上に羽織ることも多いので逆に袖がない方がスッキリすることもあるんだな、、と学びました。

そして想定外のワクチン接種。

まさかこういう時にノースリーブが必要になるとは思わなかった。

だいぶワクチン接種が進んでいますがまだの方、タンクトップでもなんでもいいので袖がないもの用意しておくとよろしいかと。。

普段選ばない服ですが、せっかく買ったのだから秋口まで使おうと思います。

次回は『白Tシャツ』に目覚めたものの、『白にも似合う似合わないがある』ことがだんだんわかってきたそんな話です。

なんとな〜くトップスの話が続きます。

迷走しながらも少しずつ『イエベ』を意識した服選びを意識するようになったグリコール・グリコでもあります。

次回に続く。

コメント