隙間産業でちょこっと電話下収納を整理。写真に撮るとダメな感じがよく分かる。。

収納

義理母つうさんのお世話の隙間産業でちょこっと電話下収納を見直しました。チョット手が入らなかったところです。

スポンサーリンク

日常の暮らし、写真を撮ってみるとダメなところが分かる

いつもの暮らしも見慣れてしまうとそんなものかと思って麻痺してしまいますが、写真を撮るとハッキリとダメなところが分かって面白いです。

電話下の収納、義理母の使う医療グッツがいい場所を占めている、、

上の段はセロテープや2軍の文房具、三文判、私の老眼など。

真ん中のちょうど良い場所に義理母の医療グッツが占領しています。おでこで体温を測る体温計・綿棒・湿布・(今は出しっぱなしになっている血圧計)などです。

(ここのモノが無くなると色々別の使い方ができるんだけどな。。)

その下の低い段には空間をリセットするときに使うセージが入っています。

一番下の黒いファイルケースにはクリアファイル毎に『防災関係のハザードマップ』『ゴミ出し一覧』『出前(宅配)のお店のチラシ』が入っています。

スポンサーリンク

電話下収納、漫然と使っていた黒いボックスをやっと換える

やっとファイルケースをMUJIさんに換えました。ここでも色抜きをしました。

センスのない私の必殺テクニック、色抜き。

色さえ抜いていけば、まぁそれなりに。。。

テープカッターをそろそろ買いたいです。2軍の予備の文房具類入れも見直したい。

写真を撮ると改めて『なんだか騒ついてる』感じがわかります。

そしてセンスがどこにもないことも。。ふふふ。(開き直りの笑い)

やはり写真を撮るって暮らしの見直しのためにも重要ですね。駄目なところがハッキリ分かる。

いつも漫然と部屋を見ている自分に気が付きます。あかんって。

スポンサーリンク

電話下の収納ははぐれ者の避難場所になりがち

ここの開き戸は居場所が無いモノの一時避難場所になりがちです。

支援者会議で毎回頂く福祉関係の方の名刺、義理母がよく行く和菓子屋さんのポイントカード、ペースメーカーのコールセンターのシールなどなど。

今回溜めてしまった福祉関係の人の名刺はシュレッターしました。

特に福祉用具の方は毎回来る方が変わるのでその都度名刺をくださるのですがあまり必要性がないのです、、すみませんね。

また改めてここも改良します。まずははぐれ者のいっとき避難場所でも作るか。。

短時間ですが、チマチマとあちこち改良は続けているグリコール・グリコです。

コメント