あえて本を買う楽しみ 眺める楽しみもある

ボンクラな日々

コロナ禍でしっとり家にいるので密林にて本を購入しました。本に対しては財布の紐が至極緩くなるグリコール・グリコです。。。

スポンサーリンク

わかっちゃいるけど本は買う

すごい読書家ではありませんが、本を読むのは割と好きです。

ただ本が増殖することに対しては警戒しているので、近頃は『情報』に対しては『Kindle』で、小説やエッセーなどはリアル本と形を変える様にしています。

変わらないのが

『借りる』のではなく『買う』というところ。

暮らしの中で節約という文字がよぎらないではないのですが、真の賢者ではないためついつい購入してしまいます。

コレは道楽というか、このぐらいの緩みは暮らしの中で持っていたいという私のささやかな抵抗でもあります。

スポンサーリンク

老眼が進んで読書量は減る

しかし読みたい本をチェックしていても最近は自然と読書量が減りました。

何故なら

老眼が進んでリーディンググラスなしでは本が読めなくなったから。。。

目が疲れて小さな活字のものが読めない。

そして集中力も無くなってきている様に感じます。

本の内容も登場人物が多いものは辿れなくなってきているし(記憶の問題)ハードなものよりライトなもの、本自体を眺めて楽しめる物へと変化してきました。(汗)

スポンサーリンク

阿川佐和子さんのエッセー本で装幀や装画の美しさに心を奪われる

新聞の書評が良かったのと、このコロナ禍で密林で購入。

老人初心者の覚悟

太い帯の阿川佐和子さんのお顔はこのポーズなら個人的には楳図かずお先生にイラストを描いていただきたい。(笑)

で、帯を取ると

イラストはマルー

阿川さんのイメージに寄せたネズミの可愛いイラストが。ちっちゃくて多動でご本人みたい。(笑)

本の装幀を見て久しぶりにときめいてしまいました。

装画は「マルー」さん。色々な人の本の装画を描いていました。素敵素敵♡

さらに驚いたのが本のカバーを取った時。

装幀が

なんと柔らかいピンク。栞もね。

粋な装幀は永井亜矢子さんでした。

ちなみに私は寝る前の読書が眠剤がわりなので、寝落ちする時に本が顔に落ちてこない様に先にカバーを外してから読み始めます。

装丁のピンク

『えー老人初心者の覚悟にピンクなんですかっ!』と焦る阿川さんの声が聞こえてきそうで楽しかったです。

こんな作り手の発見ができるのも本を買う楽しみの一つです。

最近ではカバーを外すとまた違う絵が描かれている本もあり、カバーを外す行為、ウカウカスルー出来ません。(特に漫画)

あ、阿川さんの本、エッセーが連載されていたこともあり、一つのトピックが大体5~5.5ページで完了するのでオバハンにも負担がありません。

もちろん活字も大きめです。老人初心者だけに。。。

女史の集まりの中で交わされるトークの様なエッセーは著者の声や様子が浮かんで来る楽しい本でしたよ。

是非ご自分で確かめてみてくださいな。ツルッとした喉越しのエッセーとでもいうのでしょうか、、蕎麦感覚で読めますぜV

スポンサーリンク

眺める発見もあるので本を買うことから当分引退はできない

本の装幀で楽しんだり、グラフィックそのモノで楽しんだりするのでまだ本を買うという行為からは引退できそうにありません。(汗)

Kindleとの併用は今後もしますが、リアル本から伝わる視覚や触覚の刺激も捨てがたい。。。コレはわかっちゃいるけどやめられない。。。

本に関してはマイルール『本部屋から溢れない』を今後も心掛け、定期的に本部屋の循環をします!

読んで、眺めて、発見して、バイバイ。

服より本の査定に甘〜い私。

増やしては減らす本部屋の整理↓もう少しだけ愚行をさせて下さい。

コメント

  1. まるたけ より:

    阿川佐和子さん、大好きな方です。本も面白そうですね~
    文春の対談とかたまに読みます。本を選ぶとき中味もですが、
    挿画でコロッと買う時もあります。装幀が凝っていたり、栞が
    大好きな色だったりするとなおさら。でもこの頃本に集中できなくて。
    書店で本を心置きなく物色して、そのままスタバへ・・・
    いつになったらできるかな。

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      コンバンワ、まるたけ様。私阿川佐和子さんが一体何者だったのかわかっていませんでした。元々アナウンサーだったのですね??
      さらっと読めますよ。この本。まるでそばで佐和子さんが”聞いて下さいよ〜”と語りかけるようです。(何故か彼女の友人気分になって読めるほん)
      本って装幀で騙される射抜かれることありますね。ふふ。
      私は老眼が進んで読書量が減りました。。。スタバにはいきませんが、そろそろ気分転換に喫茶店にはいきたいです!
      引きこもりですが、やはり場所を変えて物理的に家族から離れるということも精神衛生上必要なので、、

  2. kaorun より:

    読みたい本がたまってます。
    私の場合、たぶん廃刊になっているような本がほとんどなので、図書館が開くのが楽しみ~~~。
    (一旦買うと本は手放せないという弱点。。。どうしましょ)

    阿川さんのエッセイは楽しいですよね。
    これは予約で順番待ちだな。
    どっちにしても図書館が開くのが楽しみ!!

    • グリコール・グリコグリコール・グリコ より:

      テレワークでお忙しかった様ですね、お元気ですか、kaorun様。
      お仕事で必要な毒草辞典とかコアな本は図書館ですね(笑)。
      読みたい本、、と意欲が右肩下がりになってきて老人になってきたな〜と思います。。とほほ。
      いいなぁ、きれいな図書館。中途半端な地方都市の図書館はどうもね、、(汗)